« トロピカルフルーツグラタンとココットのお菓子 | トップページ | いちじく入りガトーショコラ / 「モンブラン」のモンブラン »

「アリス・クリードの失踪」

DVDで、クライム・サスペンス映画の「アリス・クリードの失踪」(The Disappearance of Alice Creed)を見ました。イギリスの新鋭、J・ブレイクソン監督の長編デビュー作。インディペンデント系映画ならではの、実験的アイデアとチャレンジ精神にあふれた作品でした。

  The_disappearance_of_alice_creed

映画が終わってエンド・クレジットを見て初めて気がついたのですが、この作品には完全に3人、すなわち2人の誘拐犯と、彼らが誘拐したアリス・クリードしか登場しません。

たしかに振り返ってみると、身代金の交渉も、警察への通報も、相手が(声さえも)登場しなかったことに思い当たるのですが、映画を見ている時には、相手の気配を濃厚に感じて、全くそのことに気づきませんでした。

そして冒頭の全くセリフのない5分間。2人の誘拐犯が、アリスを誘拐・監禁するための準備を、黙々と用意周到に進めている…とだんだんわかってきますが、シャープでキレのあるカットの連続、独特のリズムとスピード感に引き込まれました。

アリスが誘拐されベッドに縛られた時点では、これで万事休す、とてもこの状態から逃げ出せるはずはない、としか思えないのですが、その後、アリスと誘拐犯のひとりの間で秘密が生じたことで、思いがけず3人の関係が微妙に変化していきます。

共犯を装っても、3人が3人とも相手を信用するわけがない。^^ 生き残りと200万ポンドという大金をめぐって、だましだまされ、二転三転と繰り広げられる心理バトル、駆け引きの連続がスリリングでした。結局笑うのは誰か? 最後まで予想がつかず、どきどきして楽しめました。

|

« トロピカルフルーツグラタンとココットのお菓子 | トップページ | いちじく入りガトーショコラ / 「モンブラン」のモンブラン »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。cloud

この映画、公開時、なかなか評判が良かったですよね。
確かにとっても面白そう。

こういう作品は、ストーリーを書けない事が多いので、なかなか記事にしづらいですけど、セレンディピティさんの「相手の気配を濃厚に感じて」
っていう文章で、映画の緊張感が伝わってきますね。cherry

これも今度是非見てみたいです!

投稿: ごみつ | 2012年2月15日 (水) 15時50分

☆ ごみつさま ☆
こんばんは♪
この作品、公開時に話題になっていたのですね。
小さいながら実験的な作品で、なかなかおもしろかったです。
(HPには)クリストファー・ノーラン、ダニー・ボイルに続く傑作
とありましたけど^^; 発想の斬新さや映像のカットなど
たしかに才能のきらめきを感じましたよ。

詳細は見てのお楽しみですが、心理戦と駆け引きがみごとでした☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年2月16日 (木) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/44112472

この記事へのトラックバック一覧です: 「アリス・クリードの失踪」:

» [映] アリス・クリードの失踪 [マイキーのドラマルーム]
 登場人物3人、舞台も、ほぼ密室なのだが、なかなか面白い。イギリスの作品。  黙 [続きを読む]

受信: 2012年10月 8日 (月) 11時38分

« トロピカルフルーツグラタンとココットのお菓子 | トップページ | いちじく入りガトーショコラ / 「モンブラン」のモンブラン »