« 「吾照里」さんのスンドゥブチゲ | トップページ | 「ヒューゴの不思議な発明」 »

「坂の上の雲」

今、司馬遼太郎さんの代表作、「坂の上の雲」を読んでいます。企業のトップをはじめ、実業界で活躍されている方が必ずといっていいほど愛読書として挙げられるこの本。日本人として、一度は読んでおかなくてはいけないな… と、思っていました。

本を読んでいるうちに、たしかNHKでドラマをやっていたな…と思い出して、こちらもあわせて見始めました。ドラマは2009年から3年がかりで放映されていて、第1部(全5巻)、第2部(全4巻)がDVDになっています。(第3部は、3月21日発売予定)

  Saka_no_ue_no_kumo  ドラマ「坂の上の雲」公式サイト

先日ようやく第1部を見終わったところですが、近代日本の黎明期を舞台にした壮大なドラマにすっかり魅了されてしまいました。主人公は、伊予松山でともに少年時代を送った3人の男たち、軍人の秋山真之(本木雅弘)・好古(阿部寛)兄弟、そして俳人の正岡子規(香川照之)です。

このほか、子規の妹に菅野美穂さん、母に原田美枝子さん、秋山兄弟の母に竹下景子さん、好古の妻に松たか子さんなど。今の日本で、ベストといえるすばらしいキャスティングです。ナレーションは渡辺謙さん、音楽はジブリ映画でおなじみの久石譲さん。

「坂の上の雲」は、司馬遼太郎さんが「戦争賛美と誤解される」といって存命中は決して映像化を許さなかったそうですが、ドラマを見ると、司馬先生がご心配されたのも無理もない、と納得しました。

というのも、秋山兄弟はじめ、この時代の日本の軍人たちが、とにかくかっこいいのです。明治というのは、日本の軍隊が一番輝いていた時代だったのだな、と実感しました。日本の武士道がまだ生きていて、一方では西洋から最高のものを柔軟に吸収していった時代。

列強から守るため、日本の知力と体力、全てが軍に集約していた、といったら言い過ぎでしょうか。新しい時代の空気を風のようにまとい、国家を背負って前に向かって突き進んでいく若者たちの姿が、とてもまぶしく感じられました。

男たちの物語ではありますが、それを支える女性たちのドラマとしてもまた魅力的でした。私は特に菅野美穂さん演じる律の、真之への切ない思いに何度も涙してしまいました。第一部は青春物語といった感じでしたが、この後はいよいよ日露戦争へと進んでいきます。今後の展開が楽しみです。

012_convert_20120310160825_2

小説は単行本で全6冊という長編ですが、まだ第一巻の途中を読んでいるところです。^^; 文章は、さっぱりとして凛々しく、読みやすいです。(三島由紀夫さんの麗々しい文章の後に読んだので、よけいにそう感じたのかも…。)

ドラマを先行して見ていることもあって、本を読むとその情景が、自然と目の前に浮かんできます。まだまだ先は長いですが、時々寄り道しながら、気長に読み進めたいと思います。

|

« 「吾照里」さんのスンドゥブチゲ | トップページ | 「ヒューゴの不思議な発明」 »

TV」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

今晩は。cherry

あ、「坂の上の雲」を読まれてんですね!
私もドラマは見たかったのですが、結局見られずじまい。

そうそう、歴史ドラマは、映像作品を見て置くと、後で文章を読む時にとってもわかりやすくなりますよね。現代ドラマだと文章でイメージ出来るいろいろな背景が、歴史ものは知識がないとわからないんですよね。

私もDVDレンタルで見てみようかな~。happy01

ブックカバー、かわいいですね!

投稿: ごみつ | 2012年3月11日 (日) 22時25分

まだ、私は読んだことがありませんが、あの幕末の
海軍を作るという龍馬の夢を引き継いだこの時代背景は
ある意味日本が活き活きとしていた時代なのかもしれませんね。
確かに、戦争賛美ととられる部分もありますが、戦争を
企業戦士と呼ばれるように現代に置き換えて、企業トップは
読まれているのだと思います。
ドラマ、見てみたいです。

投稿: イザワ | 2012年3月11日 (日) 23時01分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは♪
坂の上の雲のドラマ、おもしろいです!
NHKが大河ドラマ以上に気合を入れて作った?というだけあって
すばらしい作品に仕上がっています。
ドラマとしても見応えがありますし、砲撃の場面など、すごい迫力です。

ドラマはだいぶ端折ってはいるものの、原作に忠実に作られているので
読んでいるとはっきりと場面が浮かんできます。そして、改めて
よく考えられているキャスティングだなあと感心しました。

ブックカバーは、以前千駄木のいせ辰さんで買ったものです。
繰り返し使っているお気に入りです。confident

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年3月12日 (月) 10時05分

☆ イザワさま ☆
まさにすべてが一新された時代で、
これから世界で通用する人材を作る…という意気に燃えて
一番輝いていた時代でもあったのでしょうね。
日露戦争… 小さな国が強国に打ち勝った論理が
企業戦略に通じるものがあるのでしょうか。
ドラマ、ちょっと長いので見るのに時間がかかりますが…
とってもおもしろいです。お勧めです♪

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2012年3月12日 (月) 10時23分

日露戦争は、日本を世界の大国へと飛躍させた大舞台であり、歴史的にもアジアが西欧に勝ったという転換点でもありました。世界史的にも非常に重要な戦争です。
ただ、日本の政治、軍がまともであった最後の戦争だったとも考えています。この作品では若い人たちが主役ですが、本当に大切なのは、この戦争を必要だと考え、そのための方策を練った政治家、軍上層部でした。彼らは若いころ、明治維新前後の戦いを肌で知り、血を流し、悲嘆にくれた兵士でもあっただけに、戦争に関する判断は、おそろしくシビアであり、果断でもありました。彼らが上にいたからこそ、秋山兄弟のような若者が輝けたのだと思います。
ただ、この戦争はロシアの失策で勝てたのも事実であり、本来は負けてしかるべき戦争に勝ってしまったことで軍部が増長したことが、第二次世界大戦の敗北につながると私は考えています。

投稿: ヌマンタ | 2012年3月12日 (月) 13時23分

☆ ヌマンタさま ☆
戦争は本来あってはならないものですが、あの時代、列強が虎視眈々とアジアを狙っていた中、武装なくして日本は生き残れなかったと思います。もしもあの時、国のリーダーがロシアに懐柔する策を取っていたら、その後の日本はどうなっていたか… 考えただけでも恐ろしいですね。
また、猿真似と言われようと、軍の幹部候補生をどんどん海外に留学させて、西洋式の戦い方を学ばせた、リーダーの英断もすばらしいです。おっしゃるように、当時は国のリーダーがしっかりしていて、きちんとした方針が描けていたからこそ、その下で働くものがぶれずについていくことができたのでしょうね。
勝てるはずのない戦いで勝ってしまった… その見極めがきちんとできなかったことが、その後の軍国主義への道と邁進させてしまったのでしょうね。

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2012年3月13日 (火) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/44424102

この記事へのトラックバック一覧です: 「坂の上の雲」:

« 「吾照里」さんのスンドゥブチゲ | トップページ | 「ヒューゴの不思議な発明」 »