« 愛媛(1) ボーイング787 ドリームライナー | トップページ | 愛媛(3) 和紙と木蝋の町 内子散策 »

愛媛(2) 南予地方の屋根つき橋

松山空港に着いてからレンタカーをピックアップして、国道56号を南へ。この日はまず、江戸時代の古い町並みが残る内子町に向かいましたが、集落に入る前に、町はずれにある屋根つき橋を見に行きました。「坂の上の雲」のドラマにも登場した、内子の田丸橋です。

事前に調べておいたとおり、国道56号からうねうねとした山道を進みましたが、めざす橋がなかなか見つからなくてやきもきしました。観光スポットではないので案内板はありませんし、道を尋ねようにも人ひとり歩いていないのです。ようやく橋を見つけた時には、思わず歓声をあげました。

222_convert_20120319094237_3

ひなびた野山にひっそりとたたずむ素朴な屋根つき橋。手作り風の木組みの姿がなんともかわいらしい。屋根は杉の皮でふいてあり、流木が引っかからないよう、橋脚のかわりにサイドから橋を支える構造になっています。

屋根つき橋といえば、映画にもなった「マディソン郡の橋」を思い出します。アメリカでは雪よけのための屋根つき橋を旅先で何度か見たことがありますが、日本ではこの南予地方(南愛媛)に屋根つき橋があり、いくつか保存されているそうです。

221_convert_20120319093909

車を近くに停め、橋を渡ってみました。橋はだいぶ古びていて、床板には隙間があり、下を流れる川面がきらきらと輝いています。途中で橋が壊れたらどうしよう…と思いながら恐々渡りました。

216_convert_20120319093341 219_convert_20120319093610

橋の途中には、イラストが描かれた板があり、屋根つき橋が地域の人たちの生活に、どのように生かされていたかをうかがい知ることができました。屋根によって橋を腐敗から守るとともに、農作物の貯蔵庫として、農作業の合間のだんらんの場として、役立てられていたようです。

春はお花見、夏はほたる狩り、秋はお月見… と村人たちの社交場になっていたのかもしれませんね。

210_convert_20120319093052

旅行中は、行く先々で菜の花の黄色いお花畑を見かけました。気候は東京と同じくらいでしたが、浅い春をより身近に感じることができました。

|

« 愛媛(1) ボーイング787 ドリームライナー | トップページ | 愛媛(3) 和紙と木蝋の町 内子散策 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、珍しい橋ですね、おそらくNHKのドラマ「坂の上の雲」の撮影にも使われた橋でしょうか?実際に見てみたいですね。

投稿: やまちゃん | 2012年3月21日 (水) 10時07分

☆ やまちゃんさま ☆
はじめまして♪
コメント、ありがとうございます。

屋根つき橋、めずらしいですよね。
南予地方にはいくつかこうした屋根つき橋が残っていて
保存されているようです。
この橋はおっしゃるとおり、「坂の上の雲」の撮影で使われた橋です!
ドラマで見て、その橋の佇まいや周囲の景観に惹かれていましたが
今回ちょうど内子に行く予定だったので、立ち寄ってみました。
早春の気配の中、味わい深く印象的な風景でした。

投稿: ☆ やまちゃんさま ☆ | 2012年3月22日 (木) 09時09分

いつもケイタイからお邪魔しています(*^-^) 今日はPCなので・・・
こちらの橋もTVも知らないのですが、とっさにある橋を思い出しました。
ドイツのニュールンベルグにヘンカーシュテーグという、屋根つきの橋があります。旧市街にあって、観光客はよくここで写真を撮っていました。Henkersteg Nurnberg imageと、ググッてみてください。そっくりなものが出てきますよ~(造りや風景はまったく違いますが、どことなく似ています)
ここの橋も、足元の板の隙間から、下を流れる川が見えるんです。いつか穴が開いて落ちる…、っていつも思っていました(苦笑)実際は修復されているのでそんなに古いものではないんですけどね。

書こう書こうと思いながら今になってしまいましたが、アリス・クリード、私も観ました。あの、ちょっと丸い、歯並びの悪いほう(?)の犯人、よく脇役ででますよね。シャーロック・ホームズにもでていましたし、Mission Impossibleにもでてました。以前、Happy go Luckyという、これまたイギリスの映画を観ました。その映画でも、このEddieなんとかという役者さんがクセのある役ででていて、絶対に顔を忘れなかったのですが、そのあと観た、Hancockという、ウィス・スミスが主演の映画にも、「どか~ん!」と強烈に登場してきて、度肝を抜かされました。とにかくこの役者さん、名前は覚えられなくても、顔は絶対に忘れない!ってキャラクターだと思いませんか?(笑)

投稿: schatzi | 2012年3月22日 (木) 11時13分

☆ schatziさま ☆
こんにちは♪
ドイツのHenkerstegという橋、早速写真をぐぐって見てみました。
ほんとうに、よく似ていますね!
ドイツの橋の方が、ずっと立派に見えますが…^^
こちらは町中にあるんですね。情報、ありがとうございました。

アリス・クリード、実験的でなかなかおもしろい映画でしたね。
この役者さん、Eddie Marsanっていうんですね。
イギリスの名脇役と紹介されてましたが…。^^
シャーロック・ホームズでは警部役で出ていた人ですね。
今ちょっとプロフィールを見たら、War HorseやMI3にも出ていた
はずなのに、気づかなかった…。え~、どうしてかしら。
個性的な顔立ちでインパクトあるのに… 好みじゃないから?(笑)

投稿: ☆ schatziさま ☆ | 2012年3月22日 (木) 14時52分

そうなんです!好みじゃないから、フツーに観ていてたら見逃す顔なんです!(爆)
しかし!Happy go luckyという映画を観てみてください。この映画も、登場人物が少ないんですけど、とにかくこの「クセのある彼」のキャラが濃くて、Scottっていう自動車教習所の教官ってやくが大当たりなんです!(爆)もう、この映画いらい、彼の名前は、私の友達の間では「スコット」で通じます(爆)なので、Hancockにどか~んと登場したときは、Happy…の映画を観た事があるひとは絶対に大うけするんです。

どうぞセレンディピティさん、1・Happy、2・Hancockの順で観てみてください。2の映画はどうでもいい内容で、お勧めできないんですが、Scott役のEddieを楽しむってことで(笑)

投稿: schatzi | 2012年3月23日 (金) 02時42分

☆ schatziさま ☆
わかりました。Happy Go Lucky、そしてHancockですね。(笑)
必ず見てみます。
それにしてもどちらも「どっか~ん」と登場、というのが
恐いもの見たさで気になります。
そして一度インプットされたら、これから映画を見るたびに
彼を探してしまうかも…。(笑)

投稿: ☆ schatziさま ☆ | 2012年3月23日 (金) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/44572117

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛(2) 南予地方の屋根つき橋:

« 愛媛(1) ボーイング787 ドリームライナー | トップページ | 愛媛(3) 和紙と木蝋の町 内子散策 »