« 愛媛(4) 坊ちゃんの町 道後温泉 | トップページ | 愛媛(6) タオルの町 今治 »

愛媛(5) 2つの鯛めし

今回の旅では、道後温泉本館にほど近い茶玻瑠(ちゃはる)さんにお世話になりました。和室のお部屋でゆったりしましたが、それでいてホテルのような気安さがあってくつろげました。お風呂は最上階にあり、夜は城下町松山の美しい夜景が見渡せました。

夕食は和モダンなダイニングルームで懐石料理をいただきました。愛媛ならではのお料理をいくつか紹介させていただきますね。

011_convert_20120324021406 051_convert_20120324021614

(左)海を幸を使った前菜の盛り合わせ。奥の小鉢は数種の海の幸を和えたお料理で複雑な味わいが楽しめました。(右)瀬戸内の海の幸を使ったお鍋。

015_convert_20120324110322 050_convert_20120324021705

(左)道後甘とろ豚のせいろ蒸し。薄い甘とろ豚を何層にも重ねたお肉は、ほろほろと崩れるほどに柔らかかったです。魚介の焼売はあっさりとしたおいしさでした。

(右)愛媛は真鯛が名物だそうで、今回は鯛を使ったお料理をいろいろといただきました。私が一番気に入ったのは鯛の荒炊き。大きな顔の骨の隙間に、むっくりとした鯛のお肉がたっぷりつまっていて、夢中でいただきました。

そして印象的だったのは、鯛めしです。鯛めしは愛媛の郷土料理ですが、地域によって2種類の鯛めしがあることを今回初めて知りました。

020_convert_20120324021502

こちらは最初の日にいただいた鯛めし。東予地方と中予地方で食されているもので、松山鯛めし、北条鯛めしとよばれることもあるようです。鯛をごはんにのせて炊き上げてから、身をほぐして混ぜていただく、炊き込みごはん風の鯛めしは、私たちにもなじみのあるお味でした。

056_convert_20120324021830

そして次の日には、南予風鯛めしをいただきました。南予地方で食されているもので、宇和島鯛めしとよばれることもあるようです。最初は、鯛茶漬けかと思いましたが、宿の方が食べ方を教えてくださいました。

白いごはんに鯛のお刺身とうずらのたまごをのせて、薬味(青ねぎ・ごま・のり・わさび)を散らし、特製だれ(おしょうゆベースで少し甘めのもの)少々をかけて…

059_convert_20120324021935

このようにしていただきます。漁師さんのまかない飯のような風情があって、なんだか楽しい。新鮮な驚きもあって、おいしくいただきました。

朝食はビュッフェでしたが、愛媛といえばポンジュース、そして小魚を骨ごとすり身にして揚げた「じゃこ天」などあり、旅のお味を満喫しました。

|

« 愛媛(4) 坊ちゃんの町 道後温泉 | トップページ | 愛媛(6) タオルの町 今治 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

南予風鯛めし、確かにこちらの感覚でいうとお茶漬けかも^^
でもあっさりとした感じが鯛にあっていて、お酒の後の
一杯は最高に旨そうです!
先日、九州からこちらへ来た友人のカメラマンが、鯛を
日常的に食べていたという話をしたばかり。。
鯛が多く獲れるので一般的な食材だそうです。
地元の料理を食べれるのは旅の楽しみですね!

投稿: イザワ | 2012年3月24日 (土) 21時16分

今晩は。

やっぱり旅行の最大の楽しみのひとつはその土地のお料理ですよね!

写真を見させていただくと、愛媛の懐石料理は、素材の形をそのまま生かした感じのお料理が多いのかしら?
ダイナミックな感じが、本当に食欲をそそりますね!happy02

鯛めし美味しそうだな~。特に最後の南予風鯛めし!何だか贅沢だな~。は~、食べたい。fish

投稿: ごみつ | 2012年3月24日 (土) 22時54分

☆ イザワさま ☆
南予風鯛めし、これにお茶をかけたら、まさにお茶漬けですね。
鯛のお刺身の淡白なお味がそのままに楽しめて
炊き込む鯛めしとはまた違うおいしさがありました。
お酒をいただいた後の〆にもぴったりですね。

九州も鯛がたくさん獲れるのですね。
白身のお魚大好きなので、気軽に食べられるとは
うらやましい限りです。
旅先でその土地のお料理に出会うのは楽しいですね。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2012年3月25日 (日) 13時05分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
旅先でその土地のお料理や名物をいただくのは
楽しみのひとつですね。
こちらのお料理は、素材のお味をそのままに楽しめるものが
多かったかもしれません。
新鮮な海の幸や山の幸をおいしくいただきました。

鯛めしというと、炊き込むタイプのものしか知らなかったので
南予風鯛めしにはびっくりしました。
白いごはんに鯛のお刺身…とシンプルながら豪快なお料理
これは家でもまねして作ってみたいです。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年3月25日 (日) 13時15分

セレンさん☆
道後温泉いらしたのですね~
実家は松山なので、当然のように鯛をまるごと入れて炊く松山鯛めししか知りませんでした(≧▽≦)
鯛めしのようにいただくのは宇和島鯛めしなのですね~今度、探して食べてみよう~~
何しろ松山へ行くと、実家にしかいないので、温泉以外は実は子供たちも松山城にすら行ったことなくて…
よく考えたら義父が結婚した年に亡くなっているので、どこかに連れて行ってもらう…という事が無かったんだなぁと、しみじみ思っちゃいました。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015年5月16日 (土) 13時43分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。

そうなんです。夫が以前から道後温泉に行きたいと言っていて
そんなところに道後温泉の修復の話を耳にしたり
私が坂の上の雲にはまっていたり...ということが重なって
ちょうどいい機会と行ってきました。
松山、のどかでいいところですね。

ご実家に帰るのは、顔を見せるのが一番の目的ですから
どこかにでかけるというのは、意外とないものかもしれませんね...

宇和島鯛めしは、松山の「五志喜」さんでも食べられますよ。
(ご主人様がご存じかも) 機会がありましたら。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2015年5月17日 (日) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/44613765

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛(5) 2つの鯛めし:

« 愛媛(4) 坊ちゃんの町 道後温泉 | トップページ | 愛媛(6) タオルの町 今治 »