« いわて銀河プラザ | トップページ | 横須賀美術館 「正岡子規と美術」展 »

「ドライヴ」

ライアン・ゴズリング主演のクライム・サスペンス映画、「ドライヴ」(Drive)を見に行きました。監督は、デンマーク出身のニコラス・ウィンディング・レフン。カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞しています。キャリー・マリガンがファム・ファタール(運命の女)を演じるというので楽しみにしていた作品です。

  Drive_3

天才的なドライビング・テクニックをもち、昼は自動車整備工でハリウッドのカー・スタントマン、夜は強盗の逃走用運転手として働く”ドライバー”(ライアン・ゴズリング)は、同じアパートに住むアイリーン(キャリー・マリガン)と親しくなり、その息子ともども家族のようになごやかな時間をすごすようになります。

ところが、服役していたアイリーンの夫が出所したことで事態が一変します。夫は刑務所で多額の借金をしてトラブルに巻き込まれ、命を狙われます。家族にもその危険が及ぶと察したドライバーは、夫の背後にいる黒幕の存在をつきとめ、アイリーンを守るため容赦ない反撃に挑みます…。

Drive_4

タイトルからカーアクションばりばりのスピード感あふれるアクション映画を想像していましたが、どちらかというとノワールの雰囲気をもつ、渋くて味わい深い作品でした。監督がデンマーク出身ということもあるのでしょうが、舞台はロサンゼルスでありながら、ヨーロッパの色彩を感じる作品でした。

寡黙で、一見気弱そうにも見えるドライバーの、スイッチが入ってからの変貌ぶりがすさまじい。バイオレンスはかなり過激で、私は何度か目を背けてしまいました。銃をほとんど使わないところに、かえって情け容赦ない残酷さがあって恐かったです。

私は、ドライバーの内なる炎をここまで燃え上がらせるものが何か、最初は今ひとつ理解できなかったのですが、この物語の設定に、ふと東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」を思い出して納得しました。

過去を消したかに見えるドライバーにとって、アイリーンとすごしたつかの間の穏やかな日々は、それまでの空白を埋めるほどに幸せな時間だったのでしょう。だから彼は自分がもつ能力を、彼女を守るためだけに惜しみなく与えることができたのだろうと思います。

「おまえ、素人なんだろう?」と黒幕は暗に手を引くことを促しますが、ドライバーは最後まで反撃の手を緩めません。彼の背景については全く触れられませんが、ただものでないことは確か。端正でクールな佇まいの中に秘められた、底知れない狂気にぞくっとしました。

Drive_3_2

ライアン・ゴズリングは、現在公開中の「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」(The Ides of March)にも主演していて、こちらも気になります。今もっとも波に乗っている俳優さんですね。

|

« いわて銀河プラザ | トップページ | 横須賀美術館 「正岡子規と美術」展 »

映画」カテゴリの記事

コメント

この映画、新潟では5月中旬からの公開なんです。
(なんでこんなに時差があるのか…)
ちょうど予告編を観て、観てみたいなとチェックしていたところでした。
キャリーマリガンが出演しているのも魅力ですよね☆
最近映画を観に行けてなくて、見逃した作品も数知れず。
そろそろ行きたいな〜と思っています。

投稿: olive | 2012年4月12日 (木) 15時43分

今晩は。

あ、これ、友人のブログで原作の感想記事を読んでから気になっていた映画です。
なかなか面白そうですよね。
彼の人生の背景にあるものが何なのか知りたい・・。

ライアン・ゴズリングは依然「きみに読む物語」で知りましたが、頭角をあらわしてきた感じですよね。happy01
そうそう「スーパーチューズデイ」も行きたいんだよね~。

貧乏ヒマなしです。(笑)dash


投稿: ごみつ | 2012年4月13日 (金) 00時13分

☆ oliveさま ☆
この作品、カーアクションはあまり出てこないので
想像されるのとはちょっと違う映画かもしれません。
見た時はそれほどピンとこなかったのですが
後からじわじわ効いてきました。
バイオレンスが過激なので、覚悟してご覧になってください。^^
童顔でかわいいキャリー・マリガンが、こういう役どころを
演じるというのが新鮮ですね。

投稿: ☆ oliveさま ☆ | 2012年4月13日 (金) 07時47分

☆ ごみつさま ☆
おはようございます♪
ドライヴは、結構話題になっていましたよね。
フレンチ・ノワール風のなかなか渋い作品でした。
バイオレンスが過激で、まいりましたが…^^;

ライアン・ゴズリングは、ミステリアスで不思議な俳優さんですね。
ごみつさんは、「きみに読む物語」をご覧になったのですね☆
私も今度見てみようと思います♪

スーパー・チューズデイも気になりますね。
ここのところ見たい作品がたくさんあって困ります。><

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年4月13日 (金) 07時54分

いつも豊富な読書力と、映画鑑賞眼で解説されるブログは
楽しみです。
今回の映画は、特に男子にはたまらない内容ですね。
たぶん、観ていると引き込まれ主人公になりきってしまいそうです(笑
また、観たい映画が増えました^^

投稿: イザワ | 2012年4月14日 (土) 03時29分

☆ イザワさま ☆
映画の感想は、なるべくコンパクトに…と思いながら
つい長くなってしまいますが、いつもていねいな
コメントをくださってありがとうございます。

過去のある寡黙で孤独な主人公が
愛する女性を守るために敵をバッタバッタと倒していく…
今思うと、どこか時代劇のような風情があるかも??

クールでスタイリッシュな主人公がかっこよく
男性には特に楽しめる作品では、と思います♪

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2012年4月15日 (日) 09時58分

ライアン・ゴスリングなので、絶対に見ていると思ってました(^o^;。静と動の対比が強烈ですね。エレベーターのシーンでは、それまで彼に惚れていたアイリーンが、みるみる引いていく…

投稿: マイキー | 2013年4月 9日 (火) 08時54分

☆ マイキーさま ☆
こんにちは。
見る前に想像していたのとはちょっと違いましたが
クールでスタイリッシュな作品でしたね。
そういえばこの頃はライアン・ゴズリングがマイブームでした。^^

スイッチが入ってからのドライバーの変貌ぶりが鮮やかでした。。
エレベーターのシーンには私も顔を背けてしまいましたが…
忘れられないシーンとなりそうです。

投稿: ☆ マイキーさま ☆ | 2013年4月10日 (水) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/44852869

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドライヴ」:

» ■映画『ドライヴ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
デンマーク出身のニコラス・ウィンディング・レフン監督による映画『ドライヴ』。 第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した本作、なんとも不思議な味わいで、各国の映画通から熱狂的な支持を得ています。 ライアン・ゴズリング演じる寡黙で何を考えているのかわからないドライ... [続きを読む]

受信: 2012年4月30日 (月) 23時04分

» ドライヴ [ごみつ通信]
Drive2011年/アメリカ (監)ニコラス・ウィンディング・レフン(演)ライ [続きを読む]

受信: 2012年11月20日 (火) 22時52分

» [映] ドライヴ [マイキーのドラマルーム]
 不思議な雰囲気を持った作品で、寡黙なドライバーが超クール。静かなシーンと過激な [続きを読む]

受信: 2013年4月 9日 (火) 09時10分

« いわて銀河プラザ | トップページ | 横須賀美術館 「正岡子規と美術」展 »