« 愛媛(10) 松山の五色そうめん ~ 松山城 | トップページ | 中目黒 「ピッツェリア エ トラットリア ダ イーサ」 »

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」

メリル・ストリープ主演の映画、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(The Iron Lady)を見に行きました。イギリス初の女性首相で、その強硬な政治手腕から「鉄の女」と呼ばれたマーガレット・サッチャーの半生を描いたドラマです。

監督は「マンマ・ミーア!」でメリルと組んだフィリダ・ロイド。メリル・ストリープはこの作品で3度目のオスカー(今回は主演女優賞)を手にしました。予告を見た時から、メリルのみごとな”なりきりぶり”と数々のセリフが印象的で、楽しみにしていた作品です。

  The_iron_lady

ひとりの老女がとぼとぼ歩きながら食品店に入り、何やらぶつくさ言いながらミルクを買っていきます。衝撃的なシーンから始まるこの作品は、現在86歳で認知症を患っているサッチャーが、政治家を志す少女時代から現役時代までを振り返りつつ、現在と過去が行き来する形で展開していきます。

疲弊していたイギリス経済を立て直すために、強引ともいえる痛みを伴う手段を断行し、また、アルゼンチンとの間に起こったフォークランド紛争を武力で制圧し、諸島を取り戻した、強いイギリスのリーダー。

彼女の政治家としての評価には賛否両論あれど、強靭な精神力と実行力、ぶれない信念、強力なリーダーシップは、見ていて惚れぼれするほど。語る言葉にも重みがあり、こういうリーダーこそ、今の日本に必要なのではないか、とふと考えてしまいました。

彼女の現役時代については私も記憶にあるものの、その生い立ちや私生活についてはほとんど知らなかったので、雑貨商の娘として生まれ、父親の影響で政治家を志し、最愛の理解者である伴侶にめぐり合い、首相への階段を登っていく、ひとりの女性のサクセスストーリーとしても楽しめました。

The_iron_lady_2

メリルの研究成果による、徹底した”なりきりぶり”がすばらしい。もとのお顔立ちや話し方は決して似ているはずはないのに、いつの間にかサッチャーその人にしか見えなくなってきます。”完全なコピー”というより、サッチャーの魂が宿ったような演技に圧倒されました。

そしてこの作品では、いくつも印象的なセリフがあり、心に残りました。「感じる」より「考える」ことが重要だ、ということ。「考えは言葉になり、言葉はやがて行動になり、習慣になる。それは人格となり、運命を変えることができる」ということばは、サッチャーの生き方そのものを表しているように思いました。

そして、「昔の政治家は何かをしようとしたものだった。今は何か(大臣)になろうとする人ばかり」ということばは、今の日本の状況にもうまく言い得ていて痛快でした。

The_iron_lady_3_2

サッチャーのトレードマークで、保守党のテーマカラーでもある、ブルーの洋服ばかりが並んだクローゼット。男性のごつい靴の中に、ただひとつあるサッチャーのハイヒール… など女性監督ならではの視点で描かれた映像も楽しめました。

|

« 愛媛(10) 松山の五色そうめん ~ 松山城 | トップページ | 中目黒 「ピッツェリア エ トラットリア ダ イーサ」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

最近の政治リーダーは日本に限らず、強烈な印象のある
方が少ない様な気がしますね。
良くも悪しくも、各国の癖の強いリーダー時代の世界政治も
懐かしいです~!

投稿: イザワ | 2012年4月 4日 (水) 21時34分

今晩は!

これ絶対見たいのですが、3月末は職場がゴタゴタしてしまい、疲れ果ててまだ行ってません。
今週末あたり何とか行けそうかな~?

メリルの熱演が楽しみです!happy01

それとサッチャー政権時代のイギリスもふりかえってみたんですよね~。
昔、テレビのインタビューでサッチャーが、「政治家は歴史、哲学を勉強しなければなりません。過去が教えてくれるものはとても大きいのです。」って語られててとても印象に残っています。凄い女性ですよね。boutique

投稿: ごみつ | 2012年4月 4日 (水) 23時31分

☆ イザワさま ☆
おっしゃるように、最近は日本にかぎらず
全体的に強い印象をもったリーダーは少なくなって
きているかもしれませんね。
主張というより調整の時代に入ったということでしょうか。
それで平和が守られている、ということも
あるのかもしれませんね。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2012年4月 5日 (木) 11時41分

☆ ごみつさま ☆
この映画、旅行から帰ってすぐに見に行ったのですが
記事にするのがずいぶん遅くなってしまいました。><
私たちの時代に就任した首相、そして女性ということでも
興味がありますね。

サッチャー政権時代というと「リトル・ダンサー」はじめ映画では
労働者の敵として描かれることが多かったので
それに対するサッチャーからの回答があるか…と思いましたが
政治に関してはわりと薄味に描かれていました。
でもメリルの演技はすばらしくて見応えがありましたよ。

サッチャーが実際に言ったことかどうかはわからないですが
映画の中の数々のセリフも印象的でした。

お時間ができましたら、是非ご覧になってみてください☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年4月 5日 (木) 11時52分

本当に素敵な女性ですよね。格好いい。知的で意思が強く、容姿も端麗。まわりのおじさんどもがアホに見えました(^o^;。とっても残念なのは、次第に彼女の頑張りが空回りしてしまったこと。保身を考えているだけの政治家って、どこの国にもいるんだなと思いました。

投稿: マイキー | 2013年2月24日 (日) 13時55分

☆ マイキーさま ☆
サッチャー元首相、かっこよかったですね。
ぶれずに、自分の信念にそって行動を起こす
強力なリーダーシップを持った女性でしたね。
それが時には支持につながらなかったり
敵を作ったりもしたこともあったかもしれませんが
英断する勇気と実行力を持てたところがすばらしいです。
間違いなく歴史に名を残す名首相のひとりとなることでしょうね。

投稿: ☆ マイキーさま ☆ | 2013年2月25日 (月) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/44571989

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」:

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  The Iron Lady [映画の話でコーヒーブレイク]
何度も予告編を見て、見たかった本作。 公開から1週間を経て、平日なら空いているだろうとネット予約もせず行ったのですが、 中高年を中心に80%ほどの入りでした。 春休みで映画館は混雑しており、子供が走り回っておりました。   **************...... [続きを読む]

受信: 2012年4月 6日 (金) 21時14分

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 [風に吹かれて]
鉄の女も認知症公式サイト http://ironlady.gaga.ne.jp監督: フィリダ・ロイド  「マンマ・ミーア!」夫デニスを亡くして8年、ようやく始めた遺品整理の手を止めて、マーガレット( [続きを読む]

受信: 2012年4月10日 (火) 10時03分

» 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Iron Lady」2011 UK/フランス マーガレット・サッチャーに「プラダを着た悪魔/2006」「いつか眠りにつく前に/2007」「大いなる陰謀/2007」「ダウト ~あるカトリック学校で~/2008」「ジュリー&ジュリア/2009」「恋するベーカリー/2009」のメリル・ストリープ。 デニス・サッチャーに「ヴィクトリア女王 世紀の愛/2009」「家族の庭/2010」のジム・ブロードベント。 キャロル・サッチャーに「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!/2007」のオ... [続きを読む]

受信: 2012年4月21日 (土) 22時17分

» [映] マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 [マイキーのドラマルーム]
 鉄の女と呼ばれた、元英国首相、マーガレット・サッチャーの伝記。娘キャロルが、認 [続きを読む]

受信: 2013年2月24日 (日) 09時03分

« 愛媛(10) 松山の五色そうめん ~ 松山城 | トップページ | 中目黒 「ピッツェリア エ トラットリア ダ イーサ」 »