« 天王洲 「T.Y. HARBOR BREWERY」 | トップページ | 「モナリザ・スマイル」 »

五月花形歌舞伎 「西郷と豚姫」「紅葉狩」「女殺油地獄」

新橋演舞場で、五月花形歌舞伎 昼の部を観劇しました。演目は、「西郷と豚姫」「紅葉狩」「女殺油地獄」の3作です。

実は高校時代に学校の芸術鑑賞で初めて歌舞伎を見たのが、近松門左衛門の代表作「女殺油地獄」でした。当時は伝統芸能への敬意はあったものの”楽しむ”とまでは至らず… 時を経て、もう一度見直してみたくなりました。

今回は比較的、初級者向けの演目がそろっていたようで、この日も女子高生の団体が観に来ていて、華やいだ雰囲気でした。私にとっても、楽しめる舞台でした。

  Hanagata_may_2012

西郷と豚姫
幕末の京都。そのふくよかな外見から豚姫とよばれ皆に慕われている揚屋の仲居お玉(中村翫雀)と、薩摩藩の重役 西郷吉之助(中村獅童)の切ない恋物語です。

翫雀さん演じるお玉さんの女性としてのかわいらしさ、いじらしさ、西郷を一心に思いながらもすっと身を引くかいがいしさが心に響きました。獅童さんはたっぷり綿を着こみ、まゆを太く描き込んで西郷を熱演していましたが、個人的には、シャープで粋な役の方が好きです。^^

新歌舞伎十八番の内 紅葉狩
余吾将軍平維茂(獅童)が戸隠山に紅葉狩りに訪れると、先に酒宴を催していた更科姫(中村福助)に招かれますが、実は姫の正体は鬼女。山神(片岡愛之助)からそれを告げられた維茂は、正体を顕した鬼女に立ち向かい、退治します。

幕が上がると一面の美しい紅葉! 正直、季節外れ感は否めませんでしたが、舞踏を中心とした華やかな舞台は私好みでした。維茂、更科姫の従者、侍女がひとりずつ次々と踊りを披露する場面は、バレエの舞台のよう。維茂の従者2人のコミカルな踊りが楽しかったです。

そしてなんといっても、福助さんの清楚な更科姫から、髪を振り乱して踊る鬼女へのすさまじい変貌ぶりが見応えがありました。姫の時から、踊りを見ながらうつらうつらする維茂の様子をじっと伺う、一瞬の魔の表情がおかしかったです。

女殺油地獄
河内屋の放蕩息子 与兵衛(愛之助)はトラブルを起こし、とうとう勘当されてしまいます。金の工面に困った与兵衛はなじみの油屋の女房 お吉(福助)のもとを訪れますが…。

勘当しながらも、与兵衛がお吉を頼って訪れるとわかっていて、こっそりお金を届けにくる母と継父の愛が心に沁みました。それなのに、人間の欲には限りがなく、追い詰められてお吉に衝動的な殺意を抱いてしまう与兵衛。人間の弱さを描いたドラマに引き込まれました。

見所はなんといっても与兵衛とお吉が油にまみれてもみ合うクライマックス。迫力ある舞台に息を止めて見入ってしまいました。油は、水にしては粘性があると思ったら、ふのりを使っているそうです。せっかくの衣装が油と血(を模したもの)でべたべたになってたいへん、と余計な心配をしてしまいました。^^;

          clover          clover          clover

歌舞伎の雰囲気にも少しずつ慣れてきて、安いお席で気楽に楽しめるようになりました。来月は亀治郎さん、香川照之さんと息子の政明くんの襲名披露があるとのことで、しばらく(チケットが取れなくて)足を運ぶのは難しそうですが、これからますます歌舞伎の世界が活気づくのが楽しみです。

|

« 天王洲 「T.Y. HARBOR BREWERY」 | トップページ | 「モナリザ・スマイル」 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

今晩は。

歌舞伎の観劇、続いてますね!
何度も劇場に足を運ぶうちに通になりそう。うらやましいです。(^^♪

一日で3作っていう事は、それぞれの演目はそれほど長くないのですね?バラエティにとんだ演目のラインナップなのでとても楽しめた事と思います。
「女殺油地獄」は有名だし、私も是非見てみたいな~。heart

投稿: ごみつ | 2012年5月17日 (木) 01時17分

幅が広いですね!
歌舞伎も堪能されて^^
香川さん、テレビや映画ではあれだけの売れっ子にも拘らず
歌舞伎の世界へ。。。
色々と事情がおありのようですが、きっと歌舞伎の世界でも
花が咲くことと思います!

投稿: イザワ | 2012年5月17日 (木) 02時41分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは♪
歌舞伎観劇も少しずつ慣れてきて、
だんだん肩肘張らずに楽しめるようになってきました。
今回の演目は最初の2つはそれぞれ約1時間で
最後の女殺油地獄は約2時間です。
それぞれ間に20分の休憩が入るので、
11時に始まって終わったのが4時頃でした。@@
時間は長丁場ですが、お席は3000円からあるので
意外とお得??ですよね。

「女殺油地獄」は松本清張に通じるような?人間ドラマで
ストーリーもおもしろいですし、最後のもみ合いの場面が
とにかく迫力あって楽しめると思います。
機会がありましたら是非ご覧になってみてください☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年5月17日 (木) 14時00分

☆ イザワさま ☆
歌舞伎、ひょんなことがきっかけで
すっかりその魅力に目覚めてしまいました。
香川照之さん、来月の襲名披露公演のポスターを見ましたが
山男?みたいな風貌のメイクが、なんともインパクトがあって
おかしかったです。
現代劇でも定評のある俳優さんですから
伝統の世界での、これからの活躍が楽しみですね。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2012年5月17日 (木) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/45278621

この記事へのトラックバック一覧です: 五月花形歌舞伎 「西郷と豚姫」「紅葉狩」「女殺油地獄」:

« 天王洲 「T.Y. HARBOR BREWERY」 | トップページ | 「モナリザ・スマイル」 »