« レモンのお菓子と最近のあれこれ | トップページ | 「メン・イン・ブラック3」 »

「ソウル・サーファー」

サメに襲われて片腕を失った13歳の天才サーファー、ベサニー・ハミルトンの実話を映画化した作品、「ソウル・サーファー」(Soul Surfer)を見ました。致命的な事故から、不屈の精神でサーファーとして再起をはたしたベサニーと、彼女を支える家族の物語に、さわやかな感動に包まれました。

Soul_surfer

ハワイのカウアイ島に住むベサニー(アナソフィア・ロブ)は、生まれながらにしてサーフィンが大好きな少女。地方大会で優勝し、スポンサーもついて、プロサーファーへの道を順風満帆に進んでいました。しかし、ある朝練習中にサメに襲われ、左腕を奪い取られてしまいます。

奇跡的に一命をとりとめたベサニーの心をとらえるのは、再びサーフィンがしたいという思い。間もなくトレーニングを再開し、波にも乗れるようになりましたが、復帰後の最初の大会では結果は散々に終わり、厳しい現実を突きつけられます…。

Soul_surfer_3

事故が起こる前は、海が大好きなベサニーの、サーフィンに明け暮れる健やかな日常が描かれます。ハロウィーンもサンクスギビングも教会の礼拝も、ハワイならではの南国仕様なのがおもしろい。^^ そして、ベサニーが波乗りするハワイの海のダイナミックな美しさに魅せられました。

大会の結果に打ちのめされたベサニーは、いったんサーフィンを離れ、教会のボランティアで、津波に被災したタイのプーケット島の支援に訪れます。家族も家も全て失った人々や、波を恐がる子どもたちと接する中で、ベサニーはさまざまな思いを抱きながら帰国。彼女を待っていたのは、世界中から届いた励ましの手紙でした。

神様から与えられた試練に、一度は絶望の淵に立たされたベサニーでしたが、彼女のチャレンジ精神は多くの人たちに希望を与え、それはまた、ベサニーにとっても大きな喜びとなり、生きる力となったのです。ベサニーの「過去はもどらない」ということばからは、潔い前向きな気持ちが伝わってきました。

Soul_surfer_2_2

アナソフィア・ロブは、「チャーリーとチョコレート工場」や「テラビシアにかける橋」でのおしゃまな女の子が印象的でしたが、この作品では、彼女の意志の強いまっすぐな眼差し、健やかな美しさが胸を打ちました。

みごとなサーフシーンは、ベサニー・ハミルトン本人がスタントを務めているそうです。最後に大波に乗る場面の息の呑むような迫力に、大きなカタルシスを感じました。

|

« レモンのお菓子と最近のあれこれ | トップページ | 「メン・イン・ブラック3」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

今晩は。

「ソウル・サーファー」行かれたんですね!

ちょうどこの映画の原作となった、ベサニーのノンフィクションが入荷してきてて、彼女に起きた悲劇と、復活までのエピソードを知りました。

交通事故とかじゃなくて、サメに食いちぎられただなんて、海が恐ろしくなって当然なのに、大好きなサーフィンに再度チャレンジする姿が感動的ですね。wave

劇場に行けるかはわからないのですが、是非観てみたいです!wave

投稿: ごみつ | 2012年6月25日 (月) 01時10分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは♪
「ソウル・サーファー」ベサニーの生命力、精神力の強さに
勇気づけられました。
原作もいつか読んでみたいです。

この映画を見て、「127時間」を思い出しました。
これも実話に基づいた作品で、山で腕を失った男性が
登山やクライミングに復帰するのですが
大自然を相手にしている人たちって、
どこかで覚悟のようなものができているのかもしれないな…
と思いました。そしてこうした事故では揺るがないほどに
強い信念を持っているのでしょうね。

DVDになってからでも…
機会があったら是非ご覧になってみてください☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年6月25日 (月) 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/45738450

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソウル・サーファー」:

» ソウル・サーファー ジャパン プレミア (試写会) [風に吹かれて]
勇気をもらえます公式サイト http://disney-studio.jp/movies/soulsurfer6月9日公開実話の映画化原作: ソウル・サーファー サメに片腕を奪われた13歳 (べサニー [続きを読む]

受信: 2012年6月25日 (月) 12時36分

« レモンのお菓子と最近のあれこれ | トップページ | 「メン・イン・ブラック3」 »