« 国立新美術館 「セザンヌ パリとプロヴァンス」展 | トップページ | 「ダーク・シャドウ」 »

ルバーブのクランブル & アーモンドケーキ

先日、八百屋さんで長野産のルバーブを発見。うれしくて、早速買ってきました。

039_convert_20120609150139_2

ルバーブは、見た目はフキかセロリといった感じですが、味はレモンに似ています。日本ではなかなかお目にかかれませんでしたが、最近、長野で栽培されるようになったとか。ぱりっと新鮮で、お値段もお手頃でした。これから手に入りやすくなったら、うれしいな。

私がルバーブを初めて知ったのは、「赤毛のアン」がきっかけでした。とはいえ実物を初めて見たのはだいぶ後、アメリカに引越してからです。ジャムを作ったり、パイに入れたりしますが、私が一番好きな食べ方はクランブルです。この日も早速クランブルを作ってみましたよ。

041_convert_20120609150250 045_convert_20120609150354

(左) ルバーブを一口大にカットして、グラニュー糖をまぶし、耐熱容器に入れます。

(右) クランブル(小麦粉、砂糖、冷えたバターを混ぜてパラパラにし、そぼろ状にしたもの)をルバーブの上にのせます。

056_convert_20120609150517

オーブンで焼いたら、できあがり♪ そのまま熱々をいただいても、冷めてからでもおいしいです。

066_convert_20120609150629

お皿に取り分けていただきます。クランブルの間からひょこひょことのぞくピンクがかわいい。ルバーブのさわやかな酸味を、クランブルの甘さが和らげてくれました。野生を感じる素朴な甘酸っぱさがおいしかったです。

赤毛のアンの舞台となったカナダのプリンスエドワード島を訪れた時に、名物のバケツいっぱいのムール貝とロブスターをいただいた後のデザートが、このルバーブのクランブルでした。私にはなつかしい旅の味でもあります。

後日またもやルバーブを買ってきて、今度はアーモンドケーキに入れてみました。

032_convert_20120609150753 040_convert_20120609150856

小麦粉のほかにアーモンドパウダーがたっぷり入るバターケーキです。ベリーやパイナップル、あんずなど、その時々の季節のフルーツを散らして作りますが、今回ルバーブをのせてみました。ルバーブのさわやかな酸味が、コクのあるアーモンドケーキによく合って、おいしかったです。

ルバーブはおいしいのですが、火を入れると色が茶色っぽくなり、見た目には地味な仕上がりとなります。いちごとの相性が抜群なので、ジャムやクランブルを作る時に、ルバーブといちごを合わせて作ると、彩りよくきれいに仕上がります。

cherry ルバーブといちごのジャム(2010/05/09の記事)

025_convert_20120609151019

【 おまけ 】 ジョエル・ロブションのパン屋さんで、ルバーブのペストリーを見つけました。こちらのお店は、ルバーブをほろほろになるまで煮込まず、形をそのまま生かした仕上がりで、歯ごたえが楽しめました。

|

« 国立新美術館 「セザンヌ パリとプロヴァンス」展 | トップページ | 「ダーク・シャドウ」 »

お菓子」カテゴリの記事

コメント

ルバーブって、知りませんでした^^;
見た目と、味のイメージが私には合わなくて、
でも、そのギャップが楽しいかもしれません^^
色々に利用できて、美味しそうです!
流石にセレンディピティさんですね。

投稿: イザワ | 2012年6月10日 (日) 02時58分

美味しそう~♪ルバーブって本当に見かけによらないんですよね。笑
そういえば先日訪れたファーマーズガーデンや道の駅で見かけました!
(山菜に目が行ってしまい、買わずじまいでしたが。。。)
そうかそうか・・・最近ここらあたりで栽培しているのか~とセレンさんから教えていただいて気づく私。汗
ルバーブのジャムは何度かいただいたのですが、クランブルはいただいたことがありません。今度見かけたら作ってみますね♪

投稿: ふゆさくら | 2012年6月10日 (日) 14時08分

☆ イザワさま ☆
ルバーブ、日本ではまだマイナーですね。
今までは輸入のものをたま~に見かけるくらいでしたが
長野で栽培されるようになったので
これからお見かけする機会があるかもしれません。
味はレモンに似ているので、お菓子以外に
お肉のソースにしたり… とお料理にも使えそうです。
またチャレンジしてみようと思います♪

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2012年6月11日 (月) 12時40分

☆ ふゆさくらさま ☆
ルバーブ、今までは輸入のものをたまに見かけるくらいだったので
長野で栽培されるようになってうれしいです。
輸送距離が近いので、なにしろ新鮮ですし
お値段がお手頃なのもうれしかったです。
ジャムもおいしいですよね。
私もまたいろいろ試してみようと思います。

投稿: ☆ ふゆさくらさま ☆ | 2012年6月11日 (月) 12時45分

今晩は。cherry

私もルバーブって、知らなかったです。
野菜なのかな?と思って、ちょっと調べたら、これ漢方の大黄なんですね。生薬なんだ~。

でもお菓子のフレーバーになるんですね。どんなお味なのかとっても気になります。クランブル、凄く美味しそう~。lovely ジャムも最高でしょうね。

最後のペストリーもめちゃくちゃ美味しそう!私もこれから気にして探してみます~。

投稿: ごみつ | 2012年6月11日 (月) 21時29分

☆ ごみつさま ☆
こんばんは。
ルバーブ、日本ではまだマイナーな存在ですよね。
お菓子に使いますが、私も果物とよんでいいものか
ちょっと迷ってしまいました。
漢方なんですね! ということは、もともと東洋にあったのかしら?

味はレモンのようにすっぱいのですが、
ちょっと野生の風味も感じられて、私は好きです。
ペストリー、おいしかったのですが、ちょっと歯ごたえがありました。
色が落ちて見た目は悪くなりますが、
もう少しくたくたに煮込んだ方が私は好きかな…。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年6月12日 (火) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/45589823

この記事へのトラックバック一覧です: ルバーブのクランブル & アーモンドケーキ:

« 国立新美術館 「セザンヌ パリとプロヴァンス」展 | トップページ | 「ダーク・シャドウ」 »