« 「セブン」 | トップページ | ハワイ料理を楽しむ »

東京都写真美術館 「世界報道写真展2012」

今年も、恵比寿の東京都写真美術館で開催されている、「世界報道写真展2012」(~8月5日まで)を見に行きました。2011年に撮影され、今年の世界報道写真コンテストで受賞した作品、9部門 約170点を一堂に見ることができました。

Wpp12_3

今回の写真展は、なんといっても東日本大震災と、アラブの春(アラブ諸国で連鎖的に起こった反政府運動)に関する作品が多く出展され、他を圧倒していました。震災に関しては、日本人3名を含む7人の写真家が受賞しましたが、大きなパネル写真の数々を見て、改めてその甚大な被害と爪痕の深さが胸に迫りました。

その中で異彩を放って印象的だったのは、フランスの写真家ドニ・ルーヴルさんによる、被災したコンノトクさんのポートレートです。年輪の刻まれた、まっすぐにこちらを見据えた表情はたおやかで、苦難を乗り越え強く生きる力が伝わってきました。

Wpp12

大賞を受賞したのは、ニューヨークタイムズ紙に掲載された、スペインの写真家サムエル・アランダさんの作品です。イエメンの首都サヌアにある野戦病院となっているモスクで、反政府デモに参加して催涙ガスを浴び、苦しんでいる息子と、それを抱きかかえる母親の姿が描かれています。

ピエタ(イエスの亡骸を抱くマリア)を連想させるこの写真。黒い民族衣装で全身をすっぽりと覆った女性の表情は見えなくとも、体全体から深い悲しみと苦悩、慈しみの心が痛いほどに伝わってきて、胸が締め付けられました。

Pieta_3 ミケランジェロ作 サン・ピエトロのピエタ

ニュースや現代社会の問題をテーマにした作品には、目を背けたくなる衝撃的な写真も少なくありませんでしたが、今、世界のどこで何が起こっているのか、何が問題になっているのか、その一端を知ることができました。一枚の写真にも、長編ドキュメンタリーを見るような重みを感じました。

Wpp12_2_2

世界各地で見られる児童結婚の問題。年端のいかない少女の結婚は、就学の機会を奪い、身心にも大きな負担をかけています。

Wpp12_4_2

サイの密猟の問題。アジア新興国の間でサイの角を食べることが健康によいとされ、乱獲されています。

中国食材のフカひれが高値で取引されるため、世界の90%のサメが乱獲されているという報告もありました。これからは、中華料理店でフカひれは決して食べるまいと心に決めました。><

スポーツやアートをテーマとした作品には、楽しい、心が和むものもありました。上海で開催された世界水泳選手権大会の写真では、高飛び込みをする選手の美しいシルエットに魅せられました。

受賞作品は、こちらのサイトで見ることができます。
camera 2012 WORLD PRESS PHOTO

また、昨年の記事はこちら。
pencil 世界報道写真展2011

|

« 「セブン」 | トップページ | ハワイ料理を楽しむ »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

セレンさんこんにちは^^

写真展行かれたのですね〜。
大賞の作品は本当に力がありますね。今年も去る事ながら、去年の少女の作品の目の力は今でも鮮明に思い出せます。

私も去年ちょうどこの時期に行ったのを思い出しました。
今年はまだ行けてないのですが、セレンさんのレポートを読むと、今年も見応えのある作品がたくさんあるようですね。
たくさんの写真を見ながら、この時期自分はこうだったとか自分の周りはこうだったとか、自分の時間とリンクさせながら観るので、ついつい長居してしまいます。
今年も時間を観つけて訪れたいと思っています。

投稿: アサ | 2012年7月 7日 (土) 11時38分

今晩は。cherry

「報道写真展」昨年の記事もとてもよく覚えてます。
今年も行かれたのですね。

報道写真は写真の中では一番心をひかれるのですが、どうにも目をそむけたくなってしまう作品も多いですね。

人間による、動物の悲惨な状況を撮影したものなんかを見ると、特に私はダメですね。「早く人間、絶滅しろ!」って思っちゃいますよ。

普段は目をそむけてしまっている事がビジュアルにつきつけられると、やっぱり辛いです。camera

投稿: ごみつ | 2012年7月 7日 (土) 22時08分

☆ アサさま ☆
アサさん、こんにちは♪

アサさんも昨年、報道写真展に行かれたのですね☆
昨年、大賞の作品はじめ、たくさんの印象的な写真に出会えたので
今年も楽しみにしていました。
震災の写真をはじめ、衝撃的な写真も多く
見たあとにはずっしりと重さがのしかかってくるのですが
世界のさまざまな問題やできごとに目を向けることができて
やはり見てよかったと思いました。

お時間がありましたら、是非足を運ばれてみてください☆

投稿: ☆ アサさま ☆ | 2012年7月 8日 (日) 15時54分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは♪

昨年の写真展が印象的で心に残っていたので
今年も楽しみに行ってきました。
世界各地で起こっている暴動、テロ、犯罪など…
衝撃的な写真も多く、心にずっしりときましたが
さまざまな事件や問題に目を向ける、貴重な機会となりました。

動物の悲惨な状況の写真も、見ていてつらくなりますね。
私たちのできることから、なんとかしなくちゃ…と思ってしまいます。
一枚の写真から、大きなメッセージが伝わってきました。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年7月 8日 (日) 16時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/46200025

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都写真美術館 「世界報道写真展2012」:

« 「セブン」 | トップページ | ハワイ料理を楽しむ »