« 「和田倉噴水公園レストラン」 | トップページ | 「酢重ダイニング」 のランチ »

東急シアターオーブ杮落とし公演 「ウエスト・サイド・ストーリー」

渋谷ヒカリエに7月18日にオープンしたミュージカル劇場、「東急シアターオーブ」のこけら落とし公演を見に行きました。演目はブロードウェイ・ミュージカルの「ウエスト・サイド・ストーリー」。1957年の初演当時の演出をリバイバルしたもので、48年ぶりの来日公演です。

West_side_story_2

ウエスト・サイド・ストーリーは好きなミュージカルですし、新しい劇場を体感するのも楽しみで、わくわくしていました。ヒカリエの11階にある劇場入り口から、ガラス越しに広がる都心の風景を眺めながら、長いエスカレーターを上って上階のエントランスへと向かうと、自然と気持ちが高揚してきました。

ホールの内部はメタリックな硬質のデザインで、宇宙船を思わせるカチッとした作り。オーブとは天球という意味だそうですが、球形に広がるホールは、どの席からも舞台が近く見えるよう設計されているのでしょうか。新しい劇場らしく、字幕が標準装備されていました。

West_side_story_2_2

ストーリーは、ニューヨークの敵対する2つの不良グループ、「ジェッツ」の元リーダー トニーと、「シャークス」のリーダーの妹マリアの悲恋の物語です。「ロミオとジュリエット」を下敷きにしたもので、バルコニーのシーンは、ニューヨークらしく煉瓦のアパートメントの外にある黒い鉄製の階段にアレンジされています。

ウエスト・サイド・ストーリーは子どもの頃にTVで映画を見たことはあるものの、舞台を見るのは初めてです。バーンスタインによるおなじみのナンバーの数々はどれもよく覚えていたので、思わず口ずさむほどに懐かしく、歌に踊りに音楽… と生の舞台ならではの迫力を存分に楽しむことができました。

昔、映画で見た時にはニューヨークの不良の話と思っていましたが、今改めて見ると、なわばりをめぐっての争いや、やられたらやりかえす復讐の連鎖など、現代にも通じる普遍的なテーマであることに気づかされます。半世紀前の作品とは思えない、新鮮な感動を味わいました。

どのミュージカルナンバーも好きですが、黒い鉄製のバルコニーでマリアとトニーが歌う"Tonight"の切なくもロマンティックな掛け合いに心を奪われました。また決闘前に、登場人物たちが順番に歌いつないで、2つの異なるTonightがうねるようにひとつに盛り上がっていくところも、高揚感があって大好きです。

シャークスの女の子たちが楽しそうに歌う"I Feel Pretty"では、歌声がひときわ長く続く女の子がいて、会場が大いに盛り上がりました。シャークスはプエルトリコからの移民という設定なので、歌やセリフはどれもスペイン語交じりでリアリティがありました。

不良グループの俳優さんたちはみんな気のいいお兄さんといった感じで、とてもワルには見えなかったです。^^ 特にジェッツのリーダーは、小柄でかわいらしい俳優さんでした。 それでもいよいよ決闘という場面で、舞台の前全面に鉄の網が下りてくるところは、どきっとする緊張感がありました。

West_side_story_movie

今回、久しぶりに映画の方も再見しましたが、やっぱりかっこよかった! ニューヨークの空撮から入るオープニングはじっくり時間をかけていて、最初はちょっとじれましたが、後から何度も繰り返し見てしまいました。壁の落書きになっているエンドクレジットもセンスよく、最後まで余韻にひたることができました。

|

« 「和田倉噴水公園レストラン」 | トップページ | 「酢重ダイニング」 のランチ »

舞台」カテゴリの記事

コメント

今晩は!

わ~、ヒカリエにこんなシアターが出来たなんて知らなかった~。
オープニングの演目は「ウエストサイド」だったんですね~!

生で観劇できたらとっても感動しそうです!!

私はね~、「マリア」が好き。

Maria,I just kissed a girl named maria~.♪

私も久しぶりで映画見たくなっちゃった。happy01notes

投稿: ごみつ | 2012年8月 1日 (水) 00時03分

ご無沙汰しています。お暑うございますぅ~
West Side Story、私も大好きです☆
サントラ盤のレコード(古い~~~!)も大切にしてました。
全曲、ほぼ歌詞カード見なくても歌えますぅ。
日本では劇団四季の舞台で観たことがあります。
ミュージカルの本場に行かずして、こうして本物の舞台を
楽しめるなんて素敵ですよね☆
余談ですがTVドラマのGLEEでWest Side Storyを
フューチャーした回があって、とても好きなのですが
やはり名作って何年経ても不滅ですよねぇ~♪
久し振りにミュージカルネタで熱くなっちゃいいました!
失礼しましたぁ~

投稿: ゆず | 2012年8月 1日 (水) 10時46分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
そうなんです。東急系といえばオーチャードホールがありますが
シアターオーブはミュージカル中心にするみたいです。
オープニングの演目、最初はウエストサイドと聞いて
ちょっと新鮮味に欠けるかな?と思いましたが
誰からも愛されているものを…ということで
決まったのかもしれませんね。
懐かしさもあって、とても楽しい舞台でした。

うん、うん、「マリア」もいいですよね!
今回改めて聴いて、どの歌もいいな~と思いました。

映画も久しぶりに見たら、すごくかっこよかったです♪

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年8月 1日 (水) 16時02分

☆ ゆずさま ☆
こんにちは。 毎日暑いですね~☆

ゆずさんは劇団四季のWest Side Storyをご覧になったのですね。
半世紀前の作品とは思えないほど、今見ても新鮮で
色あせない魅力がありました。
テーマも時代や国境を越えて普遍的で
だからこそ新しいドラマの題材にもなるのでしょうね。
ミュージカルナンバーもどれも懐かしく
とても楽しい時間がすごせました♪

投稿: ☆ ゆずさま ☆ | 2012年8月 1日 (水) 16時33分

うわー!渋谷にミュージカル劇場ができたんですね!!!
ウェストサイドストーリー・・・・・懐かしすぎます。
NYに旅行した時に子連れで観に行き、ちょっぴり大人な恋愛模様&激しいケンカに親の私たちがすごくあたふたしたのを懐かしく思い出しました。笑
帰り道、「あの終わり方は悲しすぎるよね!」と息子らに言われ、子供たちには早すぎたーと後悔しましたもん。^^;
でも歌や生演奏は本当に素晴らしく、旅行から帰っても車の中でいつも子供たちとノリノリで聞いてたんですよ♪
もう一度主人と二人で観に行きたいな~、どっぷりとミュージカルの世界に浸りたいな~と思いつつ拝見しました。

投稿: ふゆさくら | 2012年8月 2日 (木) 00時56分

☆ ふゆさくらさま ☆
こんにちは♪
わ〜、ふゆさくらさんはNYでウエストサイドストーリーを
ご覧になったのですね。
今回の舞台は、2009年にブロードウェイで
リバイバル上演されたものなので、
私が見たのはふゆさくらさんがご覧になったのと
同じものだと思います!
たしかに、お子さま方にはちょっとドキッとする場面もありましたね。^^
でもそれもまた楽しい旅の思い出ですね。
ふゆさくらさんとすてきな思い出が共有できて
とってもうれしいです♪

投稿: ☆ ふゆさくらさま ☆ | 2012年8月 3日 (金) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/46515791

この記事へのトラックバック一覧です: 東急シアターオーブ杮落とし公演 「ウエスト・サイド・ストーリー」:

« 「和田倉噴水公園レストラン」 | トップページ | 「酢重ダイニング」 のランチ »