« 夏野菜の麻婆 & 根菜と肉だんごの黒酢あん | トップページ | 麻布十番 「Brasserie Tomo」 »

「最強のふたり」

2011年にヨーロッパで大ヒットしたフランス映画、「最強のふたり」(Intouchables)を見ました。車椅子に乗った身障者の大富豪と、彼を介護することになったスラム街の黒人の若者との友情を、ユーモアたっぷりに描いた実話に基づくドラマです。

Intouchables_1_2

パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送っている富豪のフィリップが介護者を採用する面接に、スラム街に住む黒人青年ドリスがやってきます。彼の目的は不採用通知をもらって失業手当を受けること。しかし型破りなドリスに興味を持ったフィリップは、彼を仮採用します。

それまで全く違う世界で生きてきた二人でしたが、その垣根をものともせず、本音でぶつかってくるドリスに、フィリップの心は徐々に解き放たれ、やがて二人はかけがえのない友情で結ばれていきます…。

Intouchables_2_2

サスペンスタッチのオープニングに意表をつかれましたが、予告で感じたとおりの心温まるすてきなお話でした。とにかくドリスのキャラクターが強烈。面接の時も失礼この上ない態度で、フィリップはよく採用したと思いますが、彼は今まで散々人から身障者然と労わられてきたことに嫌気が差していたのでしょうね。

フィリップのところで働き始めてからも、ドリスは言いたいことをずけずけ言い、自分のペースでやりたい放題。でも、彼の歯に衣着せぬ物言いや裏表のない態度は、まわりをぱっと明るくする不思議な力がありました。

ドリスはフィリップを身障者用のヴァンではなく、スポーツカーの助手席に乗せたり、車椅子で疾走したり、体の調子が悪いときにドラッグを勧めたり… 専門家が見たら眉をひそめそうですが、身障者ではなくひとりの人間として接してもらって、フィリップはとてもうれしそう。

フィリップの方も、ドリスを自家用飛行機に乗せて、山までパラグライダーに行ったり、アートの買い物につき合わせたり、クラシック音楽の演奏を目の前で聴かせたり… 自分の世界にどんどん引き込んでいました。

それにいちいち無邪気に反応するドリスは、楽しくて見ていて飽きない。ドリス独自の感性による美術評、音楽評は最高におかしくて(でも実は的を得ていて)、大笑いしました。

ドリスとフィリップのやりとりも楽しかったですが、フィリップの秘書を務める二人の女性が実に魅力的でした。ドリスの下品なジョークに、さりげなくユーモアで返すところがおみごと。会話のセンスや、大人の女性が輝いているところに、フランスらしさを感じました。

|

« 夏野菜の麻婆 & 根菜と肉だんごの黒酢あん | トップページ | 麻布十番 「Brasserie Tomo」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

今晩は!

あ、これ、今ちょっと話題になってますよね。
ハリウッドでリメイクも決定したらしいですよ。movie

あんまりストーリーを知らなかったのですが、記事を読ませていただくと面白そうですね!心に残る作品になりそう・・。

ハリウッド版だと、誰が演じるのか、予想してみるのも楽しそうですね。happy01

投稿: ごみつ | 2012年9月12日 (水) 00時47分

今、最も観たい映画の一つです^^
予告編を観たときに是非にと思っていました。
仕事が一山超えたら・・・と思っています^^

投稿: イザワ | 2012年9月12日 (水) 02時33分

セレンさんこんにちは^^

この映画、私もとても観たいと思いました。
先週末は本当に久しぶりに映画館に足を運ぶことが出来ました。

まだまだ残暑厳しいですが、日に日に日の入りが早くなって来ましたね。
秋の夜長の映画鑑賞を楽しみたいです。

投稿: アサ | 2012年9月12日 (水) 11時24分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
「最強のふたり」ヨーロッパで大ヒットしたり、ハリウッドで
早速リメイクすることが決まったり…と話題になっていますね。
予告を見て楽しみにしていましたが、
期待通りにすてきな作品でした。
感動… はある意味予想通りでしたが、会話やユーモアに
センスがあって、そこがとてもよかったです。

私にはなじみのない俳優さんばかりでしたが、
どの俳優さんもとても魅力的でした。
ハリウッド版はどなたが演じられるのでしょう??
楽しみですね。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年9月12日 (水) 11時59分

☆ イザワさま ☆
素直に感動できて、しかも笑いがあり
見た後にハッピーになれる作品でした。
お時間がありましたら、是非ご覧になってみてください。
お勧めです☆

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2012年9月12日 (水) 12時03分

☆ アサさま ☆
こんにちは♪
アサさんも週末に映画を見に行かれたのですね。
「最強のふたり」、笑いがありながらも心温まる
すてきな作品でした。

そうですね☆
秋の訪れはちょっぴり寂しいですが
せっかくの夜長を存分に楽しみたいですね☆

投稿: ☆ アサさま ☆ | 2012年9月12日 (水) 12時13分

こんばんは。いつもTBとコメントありがとうございます!

>会話のセンスや、大人の女性が輝いているところに、フランスらしさを感じました....
大人のフランス人女性の会話はとても素敵ですね。それと女性のファッションも然りであります。

主人公の二人が素晴らしかったです。
障害をモノともせず、様々なことにトライする姿勢には脱帽です。ラテン人はやはり陽気なのでしょう。

昨今、フランスで大ヒットした作品のハリウッド・リメイクって色々ありですが、感性が違うのでハリウッド俳優が演じると又違った趣になるのも面白いと思いますが、元映画にかなうものはないような気がしますね。

投稿: margot2005 | 2012年10月 3日 (水) 19時04分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
この作品、ストーリーもさることながら
会話やユーモアのセンスがすてきでしたね。
女性たちのファッションもシックで魅力的でした。

主人公の二人は、家庭の問題や体の障害と
それぞれに悩みを抱えてはいるものの
お互いがそれを補完しあっていましたね。
まさに最強のふたりでした。

ハリウッド映画は、見せ場を作るのが上手いですが、
フランス映画ならではの味わいは、その分薄れてしまうかもしれませんね。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2012年10月 4日 (木) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/47020740

この記事へのトラックバック一覧です: 「最強のふたり」:

» 最強のふたり [風に吹かれて]
人生は楽しまなきゃ公式サイト http://saikyo-2.gaga.ne.jp実話の映画化原作: A Second Wind (フィリップ・ボッツォ・ディ・ボルゴ著/アチーブメント出版) パラグラ [続きを読む]

受信: 2012年9月16日 (日) 13時50分

» 最強のふたり  INTOUCHABLES [映画の話でコーヒーブレイク]
話題のフランス映画です。 2011年にフランスで最大のヒットとなり、 東京国際映画祭のコンペティション部門で東京サクラグランプリと最優秀男優賞を受賞 セザール賞で8部門がノミネートされ、主演男優賞を受賞 というだけあって人気が高く、 平日なのにネットでチケット...... [続きを読む]

受信: 2012年9月22日 (土) 22時47分

» 最強のふたり [Akira's VOICE]
『良い映画』 それしか言えん。それだけで十分。   [続きを読む]

受信: 2012年9月23日 (日) 10時10分

» 『最強のふたり』 嗤いと笑いは大違い [映画のブログ]
 フランス映画『最強のふたり』は、『千と千尋の神隠し』の記録をも上回った。  これまで、英語以外の映画での史上最高の興行成績は、『千と千尋の神隠し』の2.749億ドルだったが、2012年3月20日、『最強の...... [続きを読む]

受信: 2012年9月23日 (日) 19時57分

» 最強の友情 [笑う社会人の生活]
4日のことですが、映画「最強のふたり」を鑑賞しました。 事故により全身麻痺になってしまった大富豪フィリップ 新たな介護者として不採用通知目当てで来た スラム出身の黒人青年ドリスを採用することにして… いやー まさに良作でした 万人にオススメできる作品で! ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月23日 (日) 21時18分

» 『最強のふたり』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ■鑑賞日 9月2日(日)■劇場 ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月24日 (月) 20時20分

» 最強のふたり 真の友情ってのはひょんなとこから始まるのだ [労組書記長社労士のブログ]
【=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた〜(^O^)v  パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者募...... [続きを読む]

受信: 2012年9月26日 (水) 08時45分

» 【最強のふたり】を映画鑑賞! [じゅずじの旦那]
障害者の大富豪と介護するスラム出身の黒人との友情物語。まぁ、よくあるサクセスストーリー?かとおもいきや・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者募集の面接を受けにやってきたスラム出身の黒人青年ドリスだが働く気はなく、目的は“不採用”の証明書3枚で支給される失業手当。しかし、なぜかドリスは“採用”となり、周囲の反対をよそにフィリップの介護をする事になる。フィリップを障害者扱いせず、... [続きを読む]

受信: 2012年9月27日 (木) 10時54分

» 「最強のふたり」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Intouchables」…aka「Untouchable」2011フランス シネコンでも上映中のフランス映画は「アーティスト/2011」以来。難病ものでなおかつ実話。感動しないではいられない。ラストに実際の二人の映像が映る。 感動しないではいられないと書いたが、少々出来過ぎの展開にちょっと違和感...でも俳優は上手い。 フィリップを演じるフランソワ・クリュゼの映画は「主婦マリーがしたこと/1986」から色々と観ている。パリを舞台にしたメグ・ライアンの「フレンチ・キス/1995」、ジュリ... [続きを読む]

受信: 2012年10月 3日 (水) 18時52分

» 映画「最強のふたり」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「最強のふたり」観に行ってきました。 頸髄損傷による首から下の全身麻痺のために不自由な生活を余儀なくされている大富豪が、スラム街の黒人青年を介護士として雇ったことから始まる、フランスのヒューマンコメディドラマ作品。 今作は本来、日本では2012年9月1日から全国公開されているのですが、熊本ではど... [続きを読む]

受信: 2012年10月 7日 (日) 00時19分

» 最強のふたり / Intouchables (Untouchable) [勝手に映画評]
ネタバレ有り。 実話を下にした作品。2011年11月公開されたにもかかわらず、フランスでのその年の年間興収第1位となった作品。フランス国民の3人に1人が見たことになるという大ヒット作品。 笑いあり、涙は・・・無し。でも、ひと一人を描いたこの作品は、奥深いです。...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 7日 (日) 16時51分

» 映画「最強のふたり」 感想と採点 ※ネタバレあります [ディレクターの目線blog@FC2]
映画『最強のふたり』(公式)を、我が家の近隣では9/22から公開だったため、やっと先日に劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー ...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 9日 (火) 17時53分

» 最強のふたり [にきログ]
さて、最近やたら映画を見ている気がするなぁ こちらは全然知らない作品だったんですけどやたら評判が良かったので気になってみてきました 久しぶりのフランス映画ですね~ あらすじ 不慮の事故で全身...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 9日 (火) 21時21分

» [映画][☆☆☆☆★]「最強のふたり」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督・脚本。実話を基に、全身麻痺の富豪と、彼の介護人となった貧民層の黒人青年との交流と友情を描いたヒューマンストーリー。 「感動作」=「泣けるエピソードのパッチワーク」が常識化してしまった映画業界に、一石を投じる... [続きを読む]

受信: 2012年12月 7日 (金) 19時01分

» 最強のふたり : 偽善を廃することの素晴らしさ [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 昨日は仕事始めであいさつ回りをしましたが、今日は仕事が無いのお休みです。だったら、仕事がある初日にあいさつ回りしろよという意見があるとは思いますが、「そこが下請け稼 [続きを読む]

受信: 2013年1月 5日 (土) 12時13分

« 夏野菜の麻婆 & 根菜と肉だんごの黒酢あん | トップページ | 麻布十番 「Brasserie Tomo」 »