« 2k540 AKI-OKA ARTISAN | トップページ | アーナルデュル・インドリダソン 「湿地」 »

劇団四季 「美女と野獣」

劇団四季のミュージカル、「美女と野獣」を見に行きました。場所は、2010年に大井町にオープンした専用劇場、「四季劇場 夏」です。

Beauty_the_beast

「美女と野獣」はニューヨークのブロードウェイで見ていますが、どのナンバーも大好き。特にお城のフルキャストが歌う「Be Our Guest」の場面は華やかで楽しくて、印象深く覚えています。劇団四季の舞台を見るのは初めてなので、楽しみにしていました。

おなじみのナンバーが日本語の歌詞になっているので、最初は少々違和感がありましたが、演じる俳優さんたちがそれぞれ魅力的で、自然と物語の世界に入ることができました。

わがままで思いやりがないために魔女によって野獣の姿に変えられてしまった王子が、物語の世界が好きで好奇心旺盛な娘ベルと心を通い合わせていくうちに、人を慈しみ愛する心を知り、本来の王子の姿にもどる…という物語。

発明家の娘で本を読むことが大好きなベルは、村では変わり者と思われていますが、だからこそ人と違う姿をしたビーストの孤独を理解し、心の目で見ようとする姿に心を打たれます。ベルの優しさで、ビーストが少しずつ素直な心を取り戻していくところがすてきです。

ブロードウェイとの違いでいえば、(劇場用の?)花火が何度も使われていて驚きました。酒場でビアマグを息をぴったり合わせて持ち換えるダンスやティーカップの仕掛けなど懐かしく思い出しましたが、ビーストから王子への早変りはまさにマジック。狐につままれました。

Beauty_the_beast_2

舞台を見た後に、バックステージツアーに参加しました。舞台に上って袖に入り、舞台スタッフさんからいろいろお話をうかがいました。舞台背景の書割は前後に何十層にも天井からぶらさがっていて、それを袖にあるロープで上げ下げするようになっています。全て手動で行っているそうで、よく間違えないなあと感心しました。

モニターやマイクのついたディレクターズデスクや、大道具のセットも間近に見て感動しました。大道具は遠近が極端に強調されていて、横線がかなり斜めになっています。裏側は木がむき出しなので、例えばドアを開け閉めする際に表と裏が全く違うのが、わかってはいても不思議な感覚でした。

その後、3人の舞台俳優さんから貴重なお話もうかがいました。すっかりメイクを落とし、ふだんの服装をされた俳優さんたちから、どうして俳優の道に入ったのか?といった素に迫るお話を目の前でお聞きしているうちに、舞台の上の俳優さんたちがとても身近に感じられました。

ブロードウェイではこういう企画はまずないので、劇団四季はお客様とのコミュニケーションを大切にしているなあと思いました。俳優さんやスタッフさんたちとの距離が近く感じられるので、根強いファンが多いというのも納得しました。

|

« 2k540 AKI-OKA ARTISAN | トップページ | アーナルデュル・インドリダソン 「湿地」 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!rain

わ~、写真からでも、舞台の華やかさが伝わってきますね!
四季の「美女と野獣」のこのポスター、駅でもよく見かけますが、お子さんでも楽しめる内容になってるみたいで、楽しそう。

私は「美女と野獣」は、ディズニーのアニメしか見た事ないので、舞台も見れたら最高なんだけれど・・・。leocrown

それとバックステージツアーって、素敵な企画ですね。貴重な体験だと思います。舞台裏なんて、それこそ、一般の観客には見たり、聞いたりする機会ってなかなかないですものね。

投稿: ごみつ | 2012年10月17日 (水) 21時44分

バックステージツアー、素晴らしいですね。
普通はなかなか、舞台裏をみせてくれません。
劇団四季のお客さんを大切にする姿勢が分かります。
顧客満足度に対する考え方、学びたいと思います。

投稿: イザワ | 2012年10月18日 (木) 02時37分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
「美女と野獣」はディズニーらしいすてきな作品ですね。
どちらかというと女性向きですが、
子どもから大人まで楽しめますね。
四季では、小さいお子様向けのファミリー席もあるようで
そんなところからも、お客様を大切にする姿勢が伝わってきました。

バックステージツアーは貴重な体験で楽しかったです。
背景や大道具など、大掛かりなセットになっているので
専用劇場でないと難しいことがよくわかりました。
俳優さんのお話からは舞台がいかに好きか、そして舞台スタッフさんの
お話からは仕事に対する誇りが伝わってきました。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年10月18日 (木) 15時30分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
バックステージツアー、楽しかったです。
セキュリティの問題もありますし、舞台裏を見せることは
なかなか難しいかもしれませんね。
四季ではこのほか、リハーサルを見せる企画などもあるようです。
お客様へのサービスとしてはいろいろな考えがあると思いますが
四季ではお客様とのコミュニケーションを特に大切にしている
と感じました。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2012年10月18日 (木) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/47471271

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季 「美女と野獣」:

« 2k540 AKI-OKA ARTISAN | トップページ | アーナルデュル・インドリダソン 「湿地」 »