« フレッシュプルーンのタタン風ケーキ | トップページ | 田園調布 DELI&CAFE 5 ~ TWGのルイボスティー »

「ディファイアンス」

ダニエル・クレイグ主演の歴史ドラマ、「ディファイアンス」(Defiance)を見ました。ナチスドイツ政権下の1941年、ベラルーシで1200人のユダヤ人を率い救ったビエルスキ兄弟を描いた、実話に基づく物語です。監督は「ブラッド・ダイヤモンド」のエドワード・ズウィック。2008年の作品です。

Defiance

第2次世界大戦時の1941年。ポーランドに侵攻したナチスドイツによって両親を殺されたユダヤ人のトゥヴィア(ダニエル・クレイグ)、ズシュ(リーヴ・シュレイバー)、アザエル(ジェイミー・ベル)、アーロンのビエルスキ兄弟は、隣接するソ連領ベラルーシの森へと逃げ込みます。

やがて森には、ほかにもドイツ軍の迫害から逃れたユダヤ人たちが次々とやってくるようになり、トゥヴィアはリーダーとして、一大コミュニティをまとめる立場となります。彼らは生き延びるため、森の中に安全な隠れ場所を求め、食料を調達し、時に武装して戦います…。

Defiance_4

ビエルスキ・パルチザン(武装集団)のことは、この映画で初めて知りました。ナチスドイツ政権下のユダヤ人というと、虐げられ、ひたすら耐え忍ぶ姿が描かれることが多いですが、反撃し、戦うことで生き延びた集団がいた、という事実に驚きました。

それにしても、身ひとつで、命からがら森に逃げ込んだ人々が、一から生活していく、ということがどれほどたいへんなことか。彼らは時に(ドイツ軍に味方したという理由で)ポーランド人たちを襲って食料や武器を手に入れることもあったため、全てに賞賛される存在ではなかったようです。

また、同じユダヤ人とはいえ、いろいろな背景・考えをもつ人々を、ひとつに束ねていくことがいかに難しいか。こうしたシンプルな社会においては、インテリもお金持ちもあまり関係ない。ほんとうの意味で賢く、強い人間でなければ、とてもリーダーは務まらないと思いました。

飢えや寒さに耐え、肉体的、精神的に追い詰められた人々は、時に問題行動を起こし、リーダーに不満の矛先を向けることも…。しかし集団においては、リーダーには独裁的な部分もある程度必要なのだと思います。決断すべきときに決断し、その都度危機を乗り越えていくトゥヴィアの強力なリーダーシップが鮮やかでした。

ラストのドイツ軍との戦闘の場面は実際にはなかったそうですが、エンターテイメントとしてこのくらいの脚色はあってもいいかな?と思いました。このときの兄弟愛に心を揺さぶられ、大きな感動をもってフィナーレを迎えることができたのですから…。

Defiance_3

全体的に彩りが少ない中、三男アザエルとハイア(ミア・ワシコウスカ)の粉雪の舞い散る森の中での結婚式のシーンが美しく、印象的でした。この二人は「ジェーン・エア」でも共演していますが、お似合いだなーと思います。

それから、リーダーからの絶対に妊娠してはいけないという命令にもかかわらず、ある女性がやむを得ない理由で赤ちゃんを産みますが、それが結果的にはキャンプの人々の希望となるのも感慨深かったです。

「生きること」へのメッセージが伝わってくる作品。007とはひと味違う、男くさいダニエル・クレイグがまた、魅力的でした。

|

« フレッシュプルーンのタタン風ケーキ | トップページ | 田園調布 DELI&CAFE 5 ~ TWGのルイボスティー »

映画」カテゴリの記事

コメント

ユダヤ人に対する迫害は、歴史ものでは
良く扱われていますね。
その事実を訴える映画もまた多いですね。
つい最近でも例の雑誌の記事でもそのあたりの記述が・・・
あれだけの大手が・・・と正直大変驚きました。

投稿: イザワ | 2012年10月27日 (土) 02時57分

私もこれ、見たことあります。少し美化しているなって思いましたが、過酷な自給自足の生活シーンは、以前ドイツ語の先生から聞いた、自身が体験した戦時中の生活と重なる事があって、見につまされました。とにかく寒くて…って、空腹と寒さはドイツ人も体験したそうでしたから。

ダニエル・クレイグといえばセレンさん、来週007公開ですね!彼は良い役者だから、ボンド辞めて正解かな~

下の記事、私も先週末、メトロポリタンへ行ってきました。そういえば、セレンさんはNYにお住まいでしたね~。私はやっぱり、NYよりロンドンの方がいいかな~、コンパクトだから(笑)

ボーン・レガシーもご覧になったんでね~。映画では、何度もジェレミー・レナーがダニエル・クレイグに見えてしまいました。奥さんが相手だったからだと思いますが(笑)

投稿: Schatzi | 2012年10月27日 (土) 07時08分

私はこの映画を映画館で観ました。

ポーランド人たちを襲って金品食料を奪っていたことについては、ドイツ軍に味方したというのは戦後の後付の理由で、実際は単に強盗団のようなことをしていたらしいです。
というのは、最近日本で公開されている映画『ソハの地下水道』のアグニェシカ・ホランド監督が言っていることなのですが、彼女自身もユダヤ人ですし、また彼女は「英語圏のこの手の映画はユダヤ人たちを美化しすぎて、かえって現実感や人間味を失っている」と猛烈に批判しています。

『ソハの地下水道』を観ると、彼女の批判に納得です。

投稿: まお | 2012年10月27日 (土) 08時08分

☆ イザワさま ☆
こんばんは。
ナチスドイツを題材にした作品は、これまでにも数多くありますが
今なお、新しいエピソードが次々と映画化されていて
その事実を知るたびに驚いています。
この作品で描かれているビエルスキ・パルチザンのことも
初めて知ったので、興味深く見ました。
ドラマティックな展開で、映画としてもおもしろかったです♪

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2012年10月27日 (土) 23時05分

☆ Schatziさま ☆
こんにちは。
この作品、以前Schatziさんに教えていただいて(といってもかなり前です)
ずっと気になっていたのですが、ようやく見ることができました。

実際には、あの寒いベラルーシの森の中で、何年も隠れて生活していたわけですから、その苦労は並々ならないものがあったと思いますが…
映画では、戦うユダヤ人としてポジティブに描かれていたので、あまり辛い気持ちにならずに見ることができました。

スカイフォール、こちらでは12月公開です。今から楽しみです♪
ボーン・レガシーもおもしろかったですね。ジェレミー・レナーとレイチェル・ワイズ、
意外な組み合わせにも思えますが、よく似合っていました。
私はダニエル・クレイグが、スティーブ・マックイーンに見えてしまいます。
どことなく似ていますよね?

NY旅行、楽しまれたようですね☆
たしかにNYは1ブロックが大きいので、移動がたいへんかもしれませんね。^^

投稿: ☆ Schatziさま ☆ | 2012年10月27日 (土) 23時30分

☆ まおさま ☆
はじめまして。コメント、ありがとうございます。

「ディファイアンス」は、たしかにハリウッドの視点で描かれた作品かもしれませんね。
事実をもとにはしていても、映画向けにドラマティックに盛り上げている部分もあったと思いますし…
ただ、こういう作品を通じて、映画を見た人に、歴史的事実に興味を抱かせるというだけでも、意味のあることなのかもしれない、とも思います。

まおさんは、「ソハの地下水道」もご覧になったのですね。
ユダヤ人の監督さんが作られた作品ということで、
きっと誠実に作られているのだろうなーと思います。
こちらも見てみたい作品です。

投稿: ☆ まおさま ☆ | 2012年10月28日 (日) 00時05分

今晩は。cloud

この映画は、D・クレイグが主演なのでちょっと話題になりましたが、記事を読ませていただいても、日本人にはなじみが薄い出来事な上に、起こってる事の問題の歴史的背景も難しい作品ですね。

この映画の原作となった本のオリジナルは、オックスフォード大学から出ていて、当時、かなり硬派な内容なのだろうな~と思っていました。book

映画になると、マーケットが大きな映画ほど、どうしてもかなりの脚色をされてしまうもの・・。誤解を生んでしまう弊害もあると思うけれど、作品をきっかけに、多くの人がその事実を知る事が出来るというメリットも大きいと思う。興味を持って深く知りたい人は、そこから原作なり研究書を読むでしょうしね。

私もおおいに興味が湧いたので、早速、レンタル予約してみました~。happy01

投稿: ごみつ | 2012年10月28日 (日) 15時48分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
「ディファイアンス」は「007 慰めの報酬」のすぐ後に公開されて
きっと話題性はあっただろうなーと思いますが、
折りしも、ちょうどイスラエルによるガザ侵攻の直後で
当時は複雑な思いで受け留められたようですね。

映画的な脚色はあったと思いますが、私は真摯に作られた
骨太の作品…という風に感じました。
歴史に埋もれていた、ビエルスキ兄弟の存在を知ることができて
見てよかった、と思いました。

ごみつさん、早速予約を入れられたのですね☆
ドラマとしてもよく作られていて、おもしろかったです。
どうぞ楽しみに♪

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年10月29日 (月) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/47580849

この記事へのトラックバック一覧です: 「ディファイアンス」:

» ディファイアンス [ごみつ通信]
Defiance2008年/アメリカ (監)エドワード・ズウィック(演)ダニエル [続きを読む]

受信: 2012年11月20日 (火) 17時24分

» [映] ディファイアンス [マイキーのドラマルーム]
 ユダヤ人として、同胞を守るため戦った実在の3兄弟を描いた作品。感動作だ。  1 [続きを読む]

受信: 2012年12月25日 (火) 16時01分

« フレッシュプルーンのタタン風ケーキ | トップページ | 田園調布 DELI&CAFE 5 ~ TWGのルイボスティー »