« アーナルデュル・インドリダソン 「湿地」 | トップページ | 「エージェント・マロリー」 »

和紙のブックカバー

ブックカバーに和紙を使っています。もともと和紙は好きですが、普段の生活に取り入れるのは(もったいなくてなかなか使えなかったりして)意外と難しい…。ブックカバーに使うことを思いついてからは、いつも手元に置いて楽しんでいます。

018_convert_20121021014236

これは少し前に銀座の鳩居堂さんで買ったもの。選ぶときは、つい華やかな模様に目がいきますが、少し地味な方が持ち歩くにはちょうどいいようです。和紙独特の風合いが手になじみますし、強度があって繰り返し使えるのもうれしいです。

025_convert_20121021014354_3

本の大きさに合わせて、フレキシブルに対応できるのも和紙ならでは。使っているうちに折り目のところはだんだん擦れてきますが、折る場所をずらして長く使っています。擦れたところも何ともいえない味わいがあって好きです。最後に擦り切れてぼろぼろになるまで使います。^^

Isetatsu

これは以前、谷中のいせ辰さんで買ったもの。こちらもかわいい。和紙のお店が好きで、近くに出かけた折にはよく立ち寄ります。お気に入りのお店をリストアップしておきますね。

clover 銀座 鳩居堂
clover 日本橋 はいばら (記事はコチラ
clover 谷中 いせ辰 (記事はコチラ
clover 浅草 黒田屋 (記事はコチラ

和紙だけでなく、レターセットや一筆箋、カードなどを見るのも好きです。場所柄、便利な鳩居堂さんに行くことが多いですが、クリスマスカードも手頃なものがたくさんあります。

033_convert_20121021014507

【 おまけ 】 お懐紙も好きで、季節のものと季節を問わずに使えるもの、白い無地のもの…といくつか取り揃えています。和菓子はもちろん、洋菓子にも、天ぷらなどの揚げ物にも便利。

写真は、「遊 中川」さんのものですが、柄の種類がいろいろあってお気に入りのお店です。かさばらないので、小さな贈り物にもぴったり。写真は小花模様と、先日買った秋らしいうさぎと石榴の模様です。

|

« アーナルデュル・インドリダソン 「湿地」 | トップページ | 「エージェント・マロリー」 »

ショッピング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

わ~、きれい!
和紙でブックカバーって、今まで発想がありませんでした。
確かに和紙は丈夫だし、きれいな柄が多いからブックカバーにぴったりですね!bookshine

私は職業柄、弊社(笑)のカバーをつねひごろ使用していますが、文庫だけは、新潮文庫のYONDA君カバーを使っております。

あ、あとね、見終わった美術展のチラシとかをやっつけでカバーにしたりする事もあります。

あれこれ工夫したりするのも楽しいですよね~。happy01

投稿: ごみつ | 2012年10月21日 (日) 22時57分

和紙の素敵な使い方ですね。
私の場合、プリント用の和紙があって、その和紙に
インクジェットプリンターで写真を印刷すると
なんともいえない、レトロな感じの写真に仕上がります。
なかなか仕事ではそういったご要望が今のところありませんが
自分で楽しんでいます。
でも意外とお試しで初めたものが、仕事に結びつくこともあり
そうなれば、嬉しい事ですが^^v

投稿: イザワ | 2012年10月22日 (月) 01時23分

和紙のブックカバーは一時期愛用していました。案外と濡れにも強く、けっこう丈夫でした。ただ匂いを吸着するみたいで、焼肉屋で手元に置いておいたら、しばらく匂いが消えず閉口した覚えがあります。
外での読書が多いのでブックカバーは今もよく使いますが、今は合皮のものを使用しています。個人的には良くなめした皮が一番だと思うのですが、高いし傷つくのが嫌なので仕舞い込んであります。

投稿: ヌマンタ | 2012年10月22日 (月) 13時33分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは♪
たしか、いせ辰さんに小さいサイズの和紙がブックカバー用に
置いてあって、それを見てなるほど!と。
それ以来、ずっと和紙を愛用しています。

たしかにブックカバーは歩く広告?のようなものだから
ごみつさんはやっぱり貴社(笑)のカバーですよね。

なるほど、美術館のチラシもデザインがきれいですし
紙がしっかりしているので、ブックカバーにぴったりですね☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年10月22日 (月) 14時48分

☆ イザワさま ☆
ありがとうございます。
プリント用の和紙、というのもあるのですね!
あ、たしかに和食屋さんでメニューを印刷するとか
ニーズはいろいろありそう… ^^

写真を印刷すると、どんな風になるのでしょう…?
富士山とか、紅葉とか似合いそうですね。
アイデア次第でいろいろな用途に使えそうですね。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2012年10月22日 (月) 14時54分

☆ ヌマンタさま ☆
ヌマンタさんも、和紙を使われていたことがあるのですね。
かなりじょうぶですし、手になじみがいいので気に入っていますが
なるほど匂いには弱いのですね。気をつけなくては。

合皮は手帳のようにも見えるので、特に男性には
外で読む時にも違和感なく見えていいかもしれませんね。
最近はカラーバリエーションが豊富で
いろいろなデザインのものも出ていますし…
なめしのものより、気軽に楽しめそうです。

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2012年10月22日 (月) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/47533070

この記事へのトラックバック一覧です: 和紙のブックカバー:

« アーナルデュル・インドリダソン 「湿地」 | トップページ | 「エージェント・マロリー」 »