« セミドライプルーンのお菓子 | トップページ | 「アルゴ」 »

「pen」11/15号 バウハウス特集

雑誌「pen」最新号の第2特集は、「バウハウスの哲学」です。

Pen_magazine

美容院で女性誌を読むのも楽しみですが、自分で買うのはなぜか男性誌の方が多いです。特に「pen」と「Casa BRUTUS」はアート、デザイン系の記事が充実していて好きな雑誌です。今回はバウハウスの特集だったので、思わず買ってしまいました。

バウハウスは、1919年から14年間だけドイツに存在したアートと建築の造形学校。現代へと続くモダン・デザインの潮流を作り、今もなお私たちの周りにある身近なデザインに大きな影響を与えています。

象徴するのが、あるバウハウス展でのエピソード。「このような家具はいくらでもあるのに、なぜわざわざ美術館に展示するのですか?」という質問があったそうですが、それこそがバウハウス・デザインがごく自然に私たちの周囲にとけ込んでいることを物語っています。

Bauhaus_2_2       Bauhaus_3_2

バウハウスを代表するデザインのひとつ、マルセル・ブロイヤーのスチールパイプを使った椅子です。誰もがどこかで見たことがあるデザインだと思います。ブロイヤーは自転車に乗っていてスチールパイプを使うことを思いついたそうですが、当初このデザインは驚きと戸惑いをもって迎えられたそうです。

Bauhaus_5

バウハウス初代学長、ヴァルター・グロピウスの部屋(再現)。幾何学的に構成された色と形の美しさにはっとします。バウハウスでは、それまで相反するものと考えられていた、機能と美しさをみごとに融合させたモダン・デザインの実験住宅も多く設計しています。

自分が住むとしたら、アンティークのあるカントリーテイストの空間が好みですが、バウハウス・デザインの機能的な美しさは、モダンアートに通じる鮮烈な感動を与えてくれます。

ところで今回初めて知ったのですが、高井戸のミサワホーム総合研究所に「ミサワ バウハウス コレクション」という展示スペースがあり、随時テーマを設けて企画展を行っているそうです。予約制だそうですが、機会があれば是非足を運んでみたいと思いました。

バウハウスについては何度か記事にしているので、リンクさせていただきますね。
chair バウハウス・デッサウ展 @東京藝術大学美術館
chair バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン展 @パナソニック電工汐留ミュージアム

|

« セミドライプルーンのお菓子 | トップページ | 「アルゴ」 »

」カテゴリの記事

コメント

今晩は。

あ、「Pen」の最新号はバウハウス特集だったんだ~。気がつかなかった。あれ~、「pen」はツイッターでフォローしてるんだけど、ニュースなかったみたいな?見落としたのかな。chair

私もバウハウス大好きなので、今度手にとって眺めてみます。
ご紹介、有難う~~。penguin

投稿: ごみつ | 2012年11月 4日 (日) 19時40分

機能と美しさの融合は羨ましい限りです。
私の仕事部屋は、畳の間。
そこに長い大きな座卓が真ん中にあり、PC2台とモニターと
外付けHDDが並び(失礼・・・雑多に置いてあり(-_-;))、
端の方にDVD確認用に液晶テレビも乗っています(笑
機材は、床の間を改造して棚割りになっていて、そこにあり・・・
カメラ、レンズはドライボックスへ・・・
あ~ぁ・・・機能と美しさの融合どころか、どちらも実現できていません(-_-;)(-_-;)(-_-;)

投稿: イザワ | 2012年11月 4日 (日) 22時51分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
penのバウハウス特集、私は電車の中吊りで偶然知りました。
第2特集なので、やや地味な扱いですが…。
目新しいことはあまりなくて
後半はミサワホームの宣伝みたいになってましたが^^
第1特集も見応えありましたし、楽しめました。
お時間があったらパラパラしてみてください☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年11月 5日 (月) 17時03分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
機能と美しさを融合させた空間、それを美しいまま
維持するのにもなかなか努力がいりそうですね。

イザワさんのお仕事部屋は和室なんですね!
あ、それもまた新しい感覚でおしゃれな気がしますが…。
私はリビングが仕事場がわりになっているので
和室の隅を自分用の書斎にできないかな?と画策中です。^^

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2012年11月 5日 (月) 17時09分

バウハウス、素敵ですね。
私もセレンさんと同じく、温かみのあるアンティークやカントリーテイストが昔からずっと好きなのですが、潔い直線的なデザインもとてもかっこいいなと気になっています。
実は私も最近、本屋さんで男性用のインテリア誌を立ち読みしちゃうんですよ~。
(息子の部屋を整え始めたからでしょうか。。。^^)
PENも探してみますね!

投稿: ふゆさくら | 2012年11月 5日 (月) 22時42分

☆ ふゆさくらさま ☆
こんにちは♪
バウハウスデザイン、モダンでかっこいいな~と思うのですが
実際に自分が身を置くとなると
機能的すぎて落ち着かないような気がします。
キッチンとか、実験室みたいなんですよ。^^

男性向けの雑誌、記事も読みごたえがありますし
意外と自分の感覚に合うものが多い気がします。
グルメ誌のdanchuとかも結構好きです。^^

今出ているpen、バウハウス特集もですが
インテリア特集もなかなかよかったですよ。
よかったら探してみてください☆

投稿: ☆ ふゆさくらさま ☆ | 2012年11月 6日 (火) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/47712938

この記事へのトラックバック一覧です: 「pen」11/15号 バウハウス特集:

« セミドライプルーンのお菓子 | トップページ | 「アルゴ」 »