« 「善き人のためのソナタ」 | トップページ | 雨の紅葉の箱根 »

「人生の特等席」

クリント・イーストウッド主演の最新作、「人生の特等席」(Trouble with the Curve)を見ました。メジャーリーグの名スカウトとして仕事一筋に生きてきた父と疎遠だった娘が、野球を通じて絆を取り戻していく物語。長年イーストウッドのもとでプロデューサーを務めてきたロバート・ロレンツの監督デビュー作です。

Trouble_with_the_curve_4

アトランタ・ブレーブスの名スカウトとして腕を振るってきたガス(クリント・イーストウッド)は、年齢による衰えが見え始め、球団幹部からその手腕が疑問視されるようになっていました。

長年のわだかまりから今は離れて暮らし、弁護士としてがんばっている娘のミッキー(エイミー・アダムス)は、父の体を心配し、ガスの最後になるかもしれないスカウトの旅に同行することを決意します…。

Trouble_with_the_curve_2_2

イーストウッドのいぶし銀のような渋い演技が光るすてきな作品でした。物語の展開はある意味予測できなくはないのですが、それでも素直に感動し、心地よく泣けました。胸のすくようなエンディングに、ハッピーな気持ちでいっぱいになりました。

ガスは目や耳、自分の勘を頼りにこれまで多くの選手たちを見出してきたベテランスカウト。しかし時代はコンピュータを使ったデータ分析によるスカウトがもてはやされるようになり、ガスの昔ながらのやり方で球団幹部を納得させるのは難しくなっていました。

一方、小さい頃からいつもガスのそばにいて野球を見る目を養ってきたミッキーは、6歳で母を亡くしてからは親戚の家や寄宿学校に預けられて育ち、父親から疎外されたと感じて傷ついていました。

父娘はお互いを思いながらも、不器用でぎこちなく、なかなか関係を修復できませんが、間を取り持つ?レッドソックスのスカウト ジョニー(ジャスティン・ティンバーレイク)がいい味を出していました。そして一見ゆるめに並行して展開するスカウト劇が、二人の絆を取り戻す決定打となっていたのが心憎かったです。

目が見えなくなって足元がふらついても、車をあちこちぶつけても、最愛の妻のお墓の前でおろおろ泣いても、年輪を重ねたイーストウッドが演じると、どれも味わい深くて魅力的。ミッキーにちょっかいを出す酒場の男をぶっとばすところは、最高にかっこよかったです。

高慢な新人ボーは、いずれ馬脚を露すとは思っていましたが、なるほどあれが伏線になっていたとは…^^ ミッキーとジョニーの恋愛パートは少々余計な気もしましたが、娘の幸せを願うガスの笑顔を見ると、これもまたよかったのかな?と思いました。^^

|

« 「善き人のためのソナタ」 | トップページ | 雨の紅葉の箱根 »

映画」カテゴリの記事

コメント

わかりやすい作品でしたね。素直に感動できると言うか。昔気質の彼ら親子は、「マネーボール」のビリーたちとは対称的だったように思います。コンピュータ好き、機械好きの私ですが、ガス親子のやり方の方が好感持てるなー。

投稿: マイキー | 2012年11月25日 (日) 11時14分

こんにちは。cloud

この作品、もう公開になってたんですね。
それにしても、イーストウッドの出演だけの作品ってかなり久しぶりな気がします。

記事を読ませていただくととても良いドラマの様ですね。他の監督による彼の演技も久々で味わいたい気がします。
思えば「ダーティー・ハリー」のドン・シーゲルが最後だったんじゃないかしら?

それにしても、イーストウッドは演じる役の性格が一貫してて凄いな~。やっぱスターだからこそなんですよね。で、なおかつ名監督ときてるから、映画史に名を残しますよね~、絶対に。movieshine

投稿: ごみつ | 2012年11月25日 (日) 15時39分

☆ マイキーさま ☆
こんにちは。
物語の展開はなんとなく予測がつくし
善悪もはっきりしていてわかりやすかったですが^^
それだけに安心して楽しめる作品でしたね。
マネーボール理論は有益な判断材料にはなるけれど
最後の最後には人間の感覚がものをいうのかもしれませんね。
野球に限らず、どの世界も。

ママを連れてきたら調子がもどった選手とか^^ おかしかったですね。

投稿: ☆ マイキーさま ☆ | 2012年11月26日 (月) 01時34分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
人生の特等席、この週末から公開でした。
早速見に行きましたが、なかなかすてきな作品でしたよ。

イーストウッドが出演だけというのは19年ぶりだそうです。
一番弟子の監督デビューということで
ひと肌脱いだというところでしょうか。
アナログな頑固爺(あら失礼)という
イーストウッドのためのような役柄でした☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年11月26日 (月) 01時45分

ベースボールもの映画が好きな私としては、
興味があった作品です。
流石にセレンディピティさん、お早い!^^v
選手を描くのではなく、フロントを題材とした
映画では昨年のマネーボールも話題になりましたね。
でもこちらの方がより泣ける人間ドラマなのかも。
ナチュラルや、オールドルーキー・・・変わったところでは
フィールド・オブ・ドリームスも良かったな~
あ、古い映画ばかりだ(笑
「善き人のためのソナタ」と合わせて観てきたいと
思います。

投稿: イザワ | 2012年11月26日 (月) 15時36分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
野球のお好きなイザワさんには是非お勧めしたい作品です♪
マネーボールと比べてご覧になってもおもしろいかもしれません。

…とはいえ野球が好きか否かにかかわらず
人間ドラマとして楽しめる作品でした。
クリント・イーストウッドがさすがの存在感でしたよ。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2012年11月27日 (火) 12時40分

こんばんは。
良い映画なのですが、「グラン・トリノ」や「チェンジリング」で期待度がかなり上がってしまって・・・素直にいいねと言えない私です。
ピーナッツ投げたところで「何だかこの子の登場は思わせぶりだな」とか思っちゃって、ティンバーレークが登場したところでも恋の相手はこっちだなと、話が進むにつれ「やっぱりね」な感じが拭えませんでした。
その後、ミッキーがブレーブスのフロントに入って…なんて続編が見たい気がします。

投稿: ryoko | 2012年12月10日 (月) 01時08分

☆ ryokoさま ☆
こんにちは♪
新人監督さんのデビュー作なので、凝った作りではなかったけれど…
イーストウッドの存在感やエイミー・アダムスのキャラクターが
作品を魅力的にしていました。

ピッチャーの男の子が出てきた時は、あ、あの子!
と声をあげそうになりました。^^
できすぎな話ですが、すかっとしました。

投稿: ☆ ryokoさま ☆ | 2012年12月10日 (月) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/47955396

この記事へのトラックバック一覧です: 「人生の特等席」:

» [映] 人生の特等席 [マイキーのドラマルーム]
 ちょうど今日からシネプレで上映だったので、さっそく見に行ってきた。  大リーグ [続きを読む]

受信: 2012年11月25日 (日) 11時11分

» 「人生の特等席」うん、イイ邦題ですね。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[人生の特等席] ブログ村キーワード  俳優 クリント・イーストウッド復活!「人生の特等席」(ワーナー・ブラザース)。「グラン・トリノ」から約4年。クリント翁の主演復帰作は、爽やかな感動作でございます。  ガス(クリント・イーストウッド)は、メジャー・リーグ“アトランタ・ブレーブス”の敏腕スカウトとして、長年にわたり多数の名選手を発掘してきた。しかし最近、著しく視力が低下。『失明の恐れあり』と医者に診断されるも、引退を恐れたガスはこれを無視して、今年の目玉選手の最終チェックのため、ノ... [続きを読む]

受信: 2012年11月29日 (木) 00時49分

» 映画「人生の特等席」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「人生の特等席」観に行ってきました。アメリカ大リーグの卵となる選手をスカウトする仕事を長年にわたって続けてきたプロでありながら「失明の兆候」を発症するという致命的な... [続きを読む]

受信: 2012年12月 1日 (土) 08時56分

» 映画「人生の特等席」タイトルが立派すぎる、もっとしみじみした映画 [soramove]
映画「人生の特等席」★★★★ クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、 ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、 ロバート・パトリック、マシュー・リラード出演 ロバート・ロレンツ 監督、 111分、2012年11月23日より全国にて公開 2012,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ (原題/原作:TROUBLE WITH THE CURVE) 人気ブログランキングへ">>... [続きを読む]

受信: 2012年12月 5日 (水) 07時26分

» 人生の特等席 [風に吹かれて]
♪ You Are My Sunshine ♪アナログオヤジをなめんなよ公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/troublewiththecurve長年メジャーリーグの [続きを読む]

受信: 2012年12月 6日 (木) 20時25分

» 人生の特等席   TROUBLE WITH THE CURVE [映画の話でコーヒーブレイク]
久々のイーストウッド作品。 今回は監督はせず、プロデュースと主演です。 共演は「魔法」からすっかり冷めて、野球にめちゃくちゃ詳しいやり手の弁護士ミッキーを エイミー・アダムズが演じております。 この二人の主演ということ以外何も知らずに見たのですが・・・、 ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月10日 (月) 00時22分

» 映画:人生の特等席 Trouble with the Curve  アンチ「マネーボール」ボヤキ爺い=C イーストウッド! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
イーストウッドといえば、ダーティハリーのころから「ボヤキ」演技が見物だった。 いつも、Good grief とか、Oh my god とか、さらにダーティな愚痴をこぼしまくるのが持ち味(笑) その特色を生かし? 近年のイーストウッド(写真中央)の演技には、目を見張るものがあ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月10日 (月) 01時27分

» 人生の特等席 [映画的・絵画的・音楽的]
 『人生の特等席』を渋谷Humaxで見ました。 (1)『グラン・トリノ』の後、これ以上もう映画に出演しないと公言していた御歳82歳になるクリント・イーストウッドですが、本作にはその彼が出ているということで映画館に足を運びました。  彼の役どころは、プロ野球球団ア...... [続きを読む]

受信: 2012年12月14日 (金) 05時40分

» 『人生の特等席』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「人生の特等席」□監督 ロバート・ローレンツ□脚本 ランディ・ブラウン□キャスト クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、       ジョン・グッドマン、スコット・イーストウッド、ロバ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 09時07分

» 野球と娘と向き合いながら、 [笑う社会人の生活]
26日のことですが、映画「人生の特等席」を鑑賞しました。 長年大リーグのスカウトとして腕を振るってきたガスだったが、年のせいで視力が弱ってきていた チームが疑いの目を向ける中 あまり関係が良好とはいえない娘のミッキーが同行を始めて・・・ クリント・イースト...... [続きを読む]

受信: 2012年12月27日 (木) 18時51分

» 映画『人生の特等席』を観て [kintyres Diary 新館]
12-99.人生の特等席■原題:Trouble With The Curve■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:111分■観賞日:12月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督・製作:ロバート・ロレンツ◆クリント・イーストウッド(ガス)◆エイミー...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 9日 (土) 23時01分

» 『人生の特等席』 なぜイーストウッドが監督しないのか? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】   映画に反論するには映画をもって、ということだろうか。  野球を題材にしながら、選手ではなくGM(ゼネラルマネージャー)にスポットを当てた映画として『マネーボール』はたいそう...... [続きを読む]

受信: 2013年4月26日 (金) 07時36分

» 人生の特等席 [タケヤと愉快な仲間達]
監督:ロバート・ロレンツ 出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、ロバート・パトリック、マシュー・リラード 【あらすじ】  イーストウッド演じるガスは将来の名野球選手を発掘する長年の名スカ...... [続きを読む]

受信: 2013年7月20日 (土) 12時35分

» 人生の特等席 [映画に耽溺]
「俳優はもう引退さって言っていたはずのイーストウッドが帰ってきたわよ」 「帰ってきたわねえ」 「お帰りなさい!」 「お帰りなさいクリント!!」 「おかずです!」 「ずーこです!!」 「2人揃って」 「冬はお団子」 「じゃないでしょ!」 「映画に耽溺~~…... [続きを読む]

受信: 2014年12月21日 (日) 11時09分

« 「善き人のためのソナタ」 | トップページ | 雨の紅葉の箱根 »