« オレンジづくしのティータイム | トップページ | 「人生の特等席」 »

「善き人のためのソナタ」

壁崩壊前の東ベルリンを舞台に、国家保安庁(シュタージ)による厳しい監視社会と、その中で苦悩する人々の姿を静かな筆致で描いたドラマ、「善き人のためのソナタ」(Das Leben der Anderen / The Lives of Others)を見ました。2007年アカデミー賞外国語映画賞受賞作品です。

Sonata

1984年、東ベルリン。シュタージの有能な局員ヴィースラーは、反体制の疑いのある劇作家ドライマンとその恋人で舞台女優のクリスタを監視するよう命じられます。早速ドライマンの部屋に盗聴器が仕掛けられ、ヴィースラーは徹底した監視を始めますが…。

Sonata_6

冷戦時の東ドイツに敷かれていた監視体制の厳しさに衝撃を受けました。自分の周りのいたるところに監視の目があり(時には家族が監視員であることも)、うっかりジョークすら言えない日常。一度反体制と烙印を押されたら最後、徹底的に生きる術を奪われ、社会から抹殺される恐怖。

まして芸術家にとって、自由な表現を奪われることがどれほど辛いことか。ドライマンは西側諸国に評価されている劇作家ということで要注意人物としてマークされますが、実はこの指令には、ドライマンの恋人クリスタを我が物にしたいという大臣の思欲がからんでいました。

ヴィースラーはまじめな局員であり、純粋に国家への忠誠心から使命感に燃えて、ドライマンの監視を始めます。しかし毎日盗聴を続けていくうちに彼が知るのは、ドライマンとクリスタが愛と信頼によって支えあい、国家という制約の中で、懸命に自分らしく生きようと悩みもがく姿でした。

一方では私欲や出世のために動く大臣や上司の存在があり、ヴィースラーの中で何かが少しずつ変わり始めます。ヴィースラーがドライマンの弾く美しいピアノソナタの旋律に涙したのは、彼がこれまでの人生で失わざるを得なかった人間性を取り戻した瞬間なのかもしれません…。

Sonata_7

ドライマンは自分が逮捕されないことを常々不思議に思っていましたが、ベルリンの壁崩壊後の情報開示で、実はそれまである人物のうその報告によって守られていた、という事実を知ります。そして、ドライマンはその人物ヴィースラーにだけわかる方法で、感謝の気持ちを伝えるのです…。

物語は途中、ドライマンの告発に端を発するドラマティックな展開がありますが、全体的にはとても控えめな印象です。ついに一言もことばを交わすことのなかったドライマンとヴィースラーが心を通わせるラストの場面が、静かな余韻となって心に響きました。

|

« オレンジづくしのティータイム | トップページ | 「人生の特等席」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。cherry

この映画は素晴らしい作品でした。
今でもときおりこの映画のシーンのあれこれが頭にうかんできます。

主人公のヴィースラーを演じてた方は、実際に自身も監視されてた経験があるんだそうです。その時の監視員は、彼の妻だったそうで、やりきれない気持ちになりました。

映画のヒットの後、この方亡くなっちゃったんですよね。彼の東ドイツ時代へ向けての最期のメッセージだったんだな・・と思いました。

ラストシーンは、本当に素晴らしかった。

Dedicated to HGW XX/7 号泣!

投稿: ごみつ | 2012年11月21日 (水) 17時28分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
ごみつさんもこの作品、ご覧になったのですね!
TBしてくださった記事も拝読しました。
心に静かに染み入るような、すばらしい作品でしたね。

ヴィースラーを演じた役者さんのことは、私も今回知りました。
実際に東ドイツの実状を体験していたからこその
心のこもった迫真の演技だったのでしょうね。
表情を封印して、さまざまな感情を表現されているのが
すばらしかったです。
ラストシーンでのヴィースラーの輝くような笑顔
忘れられないシーンとなりそうです。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年11月22日 (木) 10時05分

東ドイツのシュタージについては、否定的な話ばかりで、この映画のような話は初めてです。ベルリンの壁が崩壊して、統一後、シュタージによる監視の防露は東ドイツの人たちの心を引き裂き、荒廃させたと聞いていました。この映画、もしくは原作は是非とも読みたいですね。

投稿: ヌマンタ | 2012年11月22日 (木) 16時07分

☆ ヌマンタさま ☆
こんにちは。
この作品、西ドイツの若い監督さんのデビュー作ですが
東ドイツの多くの方々にインタヴューされて作られたとのこと。
おっしゃるように、ベルリンの壁崩壊後に、実は家族や友人
親しい同僚などに監視されていたことがわかり
人間不信に陥った方がかなりいらしたようです。
この映画のように、監視する側とされる側が心を通わせる…
というエピソードが実際にあったわけではないそうですが
映画の世界ではこんな魔法があってもいいかな、と思いました。
機会があったら、ご覧になってみてください☆

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2012年11月23日 (金) 23時58分

このような映画があること、知りませんでした。think
セレンさんの文章を拝読して、原作とともに映画も観てみたい気持ちでいっぱいです。
息子たちと一緒に観ることは可能な映画でしょうか。
そうならぜひ子供たちに観たい映画ですよね。

セレンさんの映画や本のご紹介、いつも参考にさせていただいてます。
ありがとうございます☆^^

投稿: ふゆさくら | 2012年11月24日 (土) 02時31分

ベルリンの壁崩壊の様子をテレビで見ながら、
歴史的瞬間をみている感じがしていました。
当時、日本はバブル経済で景気よく、その一方で
あのような事件。
1989年当時は、私も人生の大きな転換期でした。

人間ドラマとしても興味ある内容で私も是非
観たいと思います。

投稿: イザワ | 2012年11月24日 (土) 03時20分

☆ ふゆさくらさま ☆
こんにちは。
心に響くすばらしい作品でした。
機会がありましたら、是非ご覧になってみてください☆

性的、暴力的なシーンが多少含まれますし
内容的にもお子様にはなかなか理解しにくいかもしれません。
でもいずれは見て欲しい作品だなーと思います。

そんな風に言っていただくとうれしいです。
こちらこそ、読んでくださってありがとうございます♪

投稿: ☆ ふゆさくらさま ☆ | 2012年11月24日 (土) 15時28分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
日本がバブル景気で浮かれていた頃
地球の反対側でこのような思想統制が行われていたと
思うと、いろいろ考えさせられてしまいますね。
でもこの作品を見ると、社会主義体制は限界にきていて
ベルリンの壁が崩壊しソ連が解体するのも
もはや時間の問題だったのだろうな…という気がしました。

機会がありましたら、ご覧になってみてください☆

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2012年11月24日 (土) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/47896702

この記事へのトラックバック一覧です: 「善き人のためのソナタ」:

» 善き人のためのソナタ [ごみつ通信 ]
Das Leben Der Anderen 2006年/ドイツ (監)フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク (演)ウルリッヒ・ミューエ マルティナ・ゲデック セバスチャン・コッホ ☆☆☆☆ [画像] 1989年にベルリンの壁が崩壊し、その3年後ソ連が解体し、冷戦時代は終わりを告げた。 1984年の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラーは、劇作家のドライマンと恋人で女優のクリスタが反体制分子である証拠を掴む様に盗聴を命じる。これに成功すれば出世が待っている。国家を信じ、誰... [続きを読む]

受信: 2012年11月21日 (水) 17時20分

» [映] 善き人のためのソナタ [マイキーのドラマルーム]
 以前、新聞に講評が載っていたのを読んで、気になっていた映画だ。ドイツの作品で、 [続きを読む]

受信: 2012年12月25日 (火) 16時00分

« オレンジづくしのティータイム | トップページ | 「人生の特等席」 »