« 「ニューヨークの恋人」 & いちごとチーズのトースト | トップページ | 伊豆土肥(1) 元日の富士山 »

「シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」

ジャン・レノと、フランスの人気コメディ俳優ミカエル・ユーンがおくるフレンチ・コメディ、「シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」(Comme un Chef)を見に行きました。愛と美食をテーマにした、小粋でユーモアあふれるすてきな作品です。

Comme_un_chef

天才的な舌を持つがゆえに、お料理へのこだわりが強すぎてトラブルを起こし、レストランをクビになってばかりいる若きシェフ、ジャッキー(ミカエル・ユーン)。一方、三ツ星レストランの看板シェフ、アレクサンドル(ジャン・レノ)は、その伝統料理ゆえに時代遅れとささやかれるようになっていました。

「次回、星をひとつでも失ったらクビ」とオーナーから言い渡されたアレクサンドルは、試行錯誤するも虚しく、なかなかいいアイデアが浮かびません。そんな時、偶然出会ったジャッキーに才能を見出したアレクサンドルは、彼を助手としてスカウトし、新作料理にチャレンジしますが…。

Comme_un_chef_2

新宿に12月22日にオープンしたミニシアター、「シネマカリテ」に見に行きました。映画に登場するおいしそうなお料理の数々が実に魅力的でしたが、人生にはそれ以上に愛が大切というのも伝わってきました。ミニシアターのオープニングにふさわしい、小粒ながらセンスが光る作品でした。

20年間、星の数を守り続けるために働き、家庭をかえりみなかったアレクサンドル。そんな彼が人生に大切な何かに気づき、最愛の娘の大事な論文審査の朝に、大きなブリオッシュを焼いてエールを送る姿が心に響きました。

そしてアレクサンドルは、伝統と革新をみごとに融合させた新作料理で審査員をうならせたジャッキーを後継者に指名し、看板シェフの座をゆずることを決意します。この後アレクサンドルはどうなるのかと思ったら… 彼にぴったりのすてきな結末が用意されていたのが、心憎かったです。

Comme_un_chef_3

↑ お料理の香りだけで、何が使われているか当てるジャッキー。ジャッキーと美しい恋人とのやりとりが、ほほえましくてかわいかった。やっぱりフランスは愛の国と実感しました。

革新的なお料理として、最近注目されている分子料理(cuisine moléculaire)が強烈に皮肉られていたのがおかしかったです。分子料理のことは、以前「エル・ブリの秘密」というドキュメンタリー映画を見て知りました。

movie 「エルブリの秘密 世界一予約の取れないレストラン」

分子料理のレストランをこっそり視察するために、アレクサンドルとジャッキーがサムライとゲイシャの変装で訪れるのはいくらなんでもやりすぎ…と思いましたが、ジャン・レノのサムライ姿、意外と似合っていましたよ。

2012123101

映画の後はフランス料理ならぬ、天ぷらの「つな八」さんで日本の板前さんの技を堪能しました。カウンターごしにいただく揚げたての天ぷらがおいしかったです。この後、9月にオープンした「ビックロ」をのぞいて、初めてヒートテックを買いました。効果のほどが楽しみです。

さて、今日の東京は午後から晴れ間がのぞき、おだやかな大晦日となりました。今年も私の拙いブログにおつきあいくださり、心より感謝いたします。来年もどうぞよろしくお願いします。皆様、よい新年をお迎えください。

|

« 「ニューヨークの恋人」 & いちごとチーズのトースト | トップページ | 伊豆土肥(1) 元日の富士山 »

映画」カテゴリの記事

コメント

ちょっとお久し振りになりました。こんにちはぁ~
ちょうど昨日見た雑誌でこの映画を知り、
観てみたいなぁ~と思っていたので、この記事に
ビックリでした! やっぱり面白そうですね☆
今年もお付き合いの程、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。
良いお年をお迎え下さいませ♪

投稿: ゆず | 2012年12月31日 (月) 15時00分

ご挨拶が遅れてすみません。
年末、ばたばたとしてしまい、今頃になってしまいました。
本年もどうもありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

2012年ももうすぐ終わってしまいますが、
良いお年をお迎えください。

投稿: イザワ | 2012年12月31日 (月) 21時27分

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします!fuji

この映画、私、予告編で見ました。
けっこう笑えそうかな~?なんて思ってましたが、やっぱり素敵な映画みたいですね。
ジャン・レノのこういう作品も楽しそうです。

やっぱりお料理がテーマの映画って、楽しいし、夢がありますよね。
しかも帰りには天ぷらとは!!羨まし過ぎ。(笑)

ヒートテック、暖かいですよ。happy01

投稿: ごみつ | 2013年1月 1日 (火) 01時41分

明けましておめでとうございます。東京は三ツ星レストランが世界一多い街だそうですが、私は行ったことありません。もっとも、二つ星と一つ星の店の違いも分からぬ田舎者ですから、三つ星の価値も分からないかもしれません。でも、やっぱり行ってみたい、食べてみたいですねえ。
それが無理なら、この映画でも見てみましょうかね。

投稿: ヌマンタ | 2013年1月 2日 (水) 17時13分

☆ ゆずさま ☆
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおつきあいくださいね。
ゆずさんにとって2013年もよき年となりますよう
お祈りいたします。

この作品、おいしそうなお料理もたくさん登場しますし
軽いタッチでハッピーに楽しめる作品でした。
新年の初笑いにはぴったりかも。
よかったらご覧になってみてください☆

投稿: ☆ ゆずさま ☆ | 2013年1月 3日 (木) 01時27分

☆ イザワさま ☆
あけましておめでとうございます。
昨年はお忙しい合間を縫っておつきあいくださり
ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いします。
イザワさんにとって、新年がますます飛躍の年となりますよう
お祈りします。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2013年1月 3日 (木) 01時29分

☆ ごみつさま ☆
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
ごみつさんにとって、2013年も幸な一年となりますよう
お祈りいたします。

この作品、ユーモアがあって、笑えて、ハッピーになれる
すてきな作品でした。
こういう明るい気分になれるフランスのコメディ、好きだな~。
お料理もとってもおいしそうでした。

揚げたての天ぷらもおいしかったです。^^
私、冬も伊達の薄着…なのでヒートテックとは無縁でしたが
さて、効果のほどはいかに??

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年1月 3日 (木) 01時38分

☆ ヌマンタさま ☆
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします♪

銀座はおいしい高級店がたくさんありますものね。
私は星つきレストランとは無縁ですが、
この映画では星を維持するためのシェフの苦悩を垣間見ました。
そして、それ以上に心をこめて作ること
楽しみながら作ることが大切、ということが伝わってきました。
ジャッキーの作るお料理は、どれも美しくておいしそうでしたよ。

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2013年1月 3日 (木) 01時46分

こんばんは。
とてもとてもフランス料理が食べたくなる映画でした。

「シネマカリテ」でも上映しているのですね。「シネマカリテ」は観たいと思っているポーランド映画を上映しているようです。一度も行ったことのない映画館て興味ありますね。

さて「つな八」ですか...ここの天ぷら美味しいですね。以前はリピータでした。最近行ってないですね。なんか急に天ぷら食べたくなりました。
食べ物の話題ばかりになってしまいましたが...

ジャン・レノのサムライ姿は確かに似合ってました。彼は素晴らしい俳優です。

投稿: margot2005 | 2013年1月29日 (火) 19時01分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
ジャッキーの作るお料理は、どれもおいしそうでしたね。
映画を見ているうちに、おなかがすいてしまいました…。^^

「シネマカリテ」まだオープンしたばかりできれいでした。
ポーランド映画とは、またなかなか渋いですね。
これからのラインナップが気になります♪

「つな八」さんの天ぷら、おいしいですね。
映画が意外と早く終わったので、少し早めに待たずに入ることが
できました。目の前で揚げたてがいただけてラッキーでした。

ジャン・レノ、堂々とした体にサムライ姿がよく似合っていました。
親日家だからでしょうか。着こなしが様になっていましたね☆

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2013年1月30日 (水) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/48533180

この記事へのトラックバック一覧です: 「シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」:

» 「シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Comme un chef」…aka「The Chef」 2012 フランス/スペイン カリスマシェフ、アレキサンドル・ラガルドと、天才的な舌を持つペンキ職人ジャッキー・ボノが織りなすハートウオーミング・コメディ。 アレクサンドル・ラガルドに「エンパイア・オブ・ザ・ウルフ/2005」「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「バレッツ/2010」「黄色い星の子供たち/2010」のジャン・レノ。 ジャッキー・ボノにミカエル・ユーン。 ジャッキーのフィアンセ、ベ アトリスに「黄色い星の子供たち... [続きを読む]

受信: 2013年1月29日 (火) 18時53分

« 「ニューヨークの恋人」 & いちごとチーズのトースト | トップページ | 伊豆土肥(1) 元日の富士山 »