« クリスマスの食卓 2012 | トップページ | アクアラインを渡って木更津のアウトレットへ »

「レ・ミゼラブル」 (2012)

トム・フーパー監督、ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画、「レ・ミゼラブル」(Les Misérables)を見ました。ヴィクトル・ユゴーの同名の大河小説を原作に、世界43ヶ国で上演されてきた大ヒットミュージカルの完全映画化です。

Les_miserables

舞台版「レ・ミゼラブル」は、ずいぶん前にロンドンの劇場で見た思い出の作品です。ドラマティックな音楽と重厚なストーリー、迫力ある舞台が印象深く残っていたので、今回の映画化をとても楽しみにしていました。

予告で見たアン・ハサウェイの歌声に、既に心をわしづかみにされていましたが、映画が始まるや、銀の燭台のエピソードからもう涙、涙…。舞台特有の緊張感も好きですが、映画ではよく知っている俳優さんたちが演じ、表情まではっきり見えるので、なおのこと感情移入してしまったかもしれません。

セリフのかわりに全編歌でつなぐミュージカル映画といえば、私は「シェルブールの雨傘」を思い出しますが、「レ・ミゼラブル」は、歌が自然とストーリーに溶け込んでいて違和感を感じませんでした。どの歌声からも感情があふれるように伝わってきて、心を揺さぶられました。

Les_miserables_1

優しくて力持ちのジャン・バルジャンはヒュー・ジャックマンのイメージそのもの。バルジャンが歩んできた苦難の道、ジャベール警部への赦しの心、コゼットを包み込む大きな愛情… コゼットの幸せを願い、自ら身を引く最期にはイエスの姿が重なって見えました。

バルジャンを執拗に追い続けるジャベール警部を演じるラッセル・クロウ。憎々しい風貌とともに、苦悩に満ちた内面も伝わってきてすばらしかった。堂々とした体にふさわしいみごとな歌いっぷりもかっこよかったです。

悲劇の女性フォンテーヌを演じるアン・ハサウェイの体当たり演技にも圧倒されました。美しい長い髪をずたずたに切られるのはどんなに辛かったか。周囲の女性たちの悪意には、イタリア映画の「マレーナ」を思い出しました。ラストの場面の天使のような清らかさに息を呑みました。

コゼットを演じるアマンダ・セイフライドは愛らしかったですし、恋人マリウスを演じるエディ・レッドメインはそばかす顔がかわいかった。 そしてエポニーヌを演じるサマンサ・バークスも実に魅力的な女優さん。マリウスを思って歌う切ない恋心に、胸が痛みました。

全体に重苦しいストーリーの中、コゼットの強欲な養父母、テナルディエ夫妻を演じるサシャ・バロン・コーエンとヘレナ・ボナム=カーターが、コミカルなアクセントを添えていました。憎き悪役なのに、この二人を見るとおかしくて、おかしくて… いつの間にか顔がほころんでしまいました。

Les_miserables_5_2

バルジャンは神に召されますが、最後は民衆が力強く歌うThe People's Songによって締めくくられ、晴れ晴れとした余韻が残りました。一年の終わりを飾るのにふさわしい、すてきな作品でした。

|

« クリスマスの食卓 2012 | トップページ | アクアラインを渡って木更津のアウトレットへ »

映画」カテゴリの記事

コメント

今晩は。cherry

わ~、早速「レ・ミゼラブル」行かれたんですね。
凄く評判が良いので私も楽しみです。

ヒュー・ジャックマンは凄く歌がうまいんですよね!
ラッセル・クロウとか他の俳優さん達も、自分で歌ってるのかしら?

劇場に行けるのは来年になりそうですが、是非、見に行こうと思ってます!happy01notes

投稿: ごみつ | 2012年12月27日 (木) 03時02分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
「レ・ミゼラブル」待ち切れなくてひとりで
先週見に行ってしまいました。
とってもよかったので、できたら家族を誘って
もう一度見に行きたいな、と思っています。

ヒュー・ジャックマンがミュージカル出身で歌が上手というのは
聞いていましたが、実際に聴いたのは初めてです。
歌も含めて、演技、表現力がすばらしかったです。

ほかの俳優さんたちもみんなご自身で歌われていたんですよ。
ラッセル・クロウと歌ってちょっと結びつかなかったのですが
堂々としていて上手でしたよ!
みなさん、ほんとうに多才ですよね…。

是非、是非、ご覧になってください☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2012年12月27日 (木) 18時29分

最近、ミュージカルを見れていませんが、
セレンディピティさんのご説明文を拝読させて頂くと
かなり感動できる内容のようですね。
このお正月休み、映画も観たいと思っています。

投稿: イザワ | 2012年12月27日 (木) 23時01分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
お正月は、話題作がたくさん公開されているので
どれを見ようか、迷ってしまいますね。
「レ・ミゼラブル」は特にミュージカル好きの方に
お勧めです!
人間ドラマとしてもすばらしかったですよ。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2012年12月28日 (金) 14時38分

明けましておめでとうございます。
昨年はネット上ではありますが、楽しくコメント交換させていただきありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたしますね。

舞台、ロンドンでご覧になっていたのですね。
本作を見て、やっぱり舞台が見たい!という思いを強くしました。

皆さん歌がお上手なのに驚かされました
バルジャンとジャベールの葛藤、真に迫る演技でした。
久々に豪華な作品を見たな~と大満足です。

アン・ハサウェイはアカデミー賞にノミネートされるでしょうか?
年明けの賞レースが楽しみですね。

良いお年をお迎えください。

投稿: ryoko | 2013年1月 1日 (火) 00時15分

☆ ryokoさま ☆
あけましておめでとうございます。
早速の”あけおめ”コメント、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくおつきあいのほど、お願いします♪

「レ・ミゼラブル」舞台もすばらしかったですが
映画版は、背景の描きこみ方など
映画の利点がよく生かされていると思いました。
私も映画を見たら、もう一度舞台が見てみたくなりました。

みなさん、ほんとうに歌がお上手でしたね。
歌もですが、俳優さんらしく表現力がすばらしかったので
なおのこと心を打たれました。

アン・ハサウェイの熱演にも圧倒されました。
彼女はキャットウーマンもかっこよかったですし
昨年は大活躍でしたね。

アカデミー賞がらみでこれから続々と力の入った作品が
日本で公開されるので、今から楽しみです。

ryokoさんにとって2013年もよき年となりますよう
お祈りいたします☆

投稿: ☆ ryokoさま ☆ | 2013年1月 3日 (木) 01時19分

こんばんは。この映画とても良かったです!感動しました。とにかくキャストが素晴らしかったです。
ヒュー、ラッセル、エディと素晴らしい男優陣に、アン、アマンダと女優たちも素敵でした。

>憎き悪役なのに..同感ですね。
S.B.コーエンの出演はおまけのようなものでしょうか?
H.B.カーターも素敵なコメディエンヌですね。

投稿: margot2005 | 2013年1月17日 (木) 22時00分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
「レ・ミゼラブル」感動的でしたね!
”ベスト”といえるほど、キャストもすばらしかったです。
俳優さんたちの多才ぶりに驚きました。

全体に重苦しいストーリーの中
二人のコミカルな演技が笑いを誘って
すてきなアクセントになっていましたね。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2013年1月18日 (金) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/48473293

この記事へのトラックバック一覧です: 「レ・ミゼラブル」 (2012):

» レ・ミゼラブル [風に吹かれて]
慈悲の心と愛に出会って公式サイト http://www.lesmiserables-movie.jpビクトル・ユゴーの同名小説のミュージカル舞台版の映画化監督: トム・フーパー  「英国王のスピーチ」 [続きを読む]

受信: 2012年12月28日 (金) 16時54分

» レ・ミゼラブル [Akira's VOICE]
感動で満たされた!   [続きを読む]

受信: 2012年12月30日 (日) 20時48分

» レ・ミゼラブル  Les Miseacute;rables [映画の話でコーヒーブレイク]
ここ数日、年末の片付けや掃除、新年を迎える準備などに追われ、なんとなく気忙しく 落ち着かない毎日を送っています。 あぁ〜ごみを出し忘れたーーー 年越しゴミ もう肩は凝るし、腕は筋肉痛ですわ  そんな合間を縫って、見てきました「レ・ミゼラブル」。 子供の頃に...... [続きを読む]

受信: 2013年1月 1日 (火) 00時15分

» 「レ・ミゼラブル」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Les Misérables」 2012 UK ミュージカルなので突然歌い出す。最近突然歌い出すミュージカルって観ないので、久方ぶりにとても新鮮な感動を覚えた。 ジャン・バルジャンに「ファウンテン 永遠に続く愛/2006」「タロット・カード殺人事件/2006」「彼が二度愛したS/2008」「オーストラリア/2008」のヒュー・ジャックマン。 ジャベールに「スリーデイズ/2010」のラッセル・クロウ。 ファンテーヌに「プラダを着た悪魔/2006」「ジェイン・オースティン 秘められた恋... [続きを読む]

受信: 2013年1月17日 (木) 21時55分

» レ・ミゼラブル 2012 [ごみつ通信]
2012年/イギリス (監)トム・フーパー(演)ヒュー・ジャックマン アン・ハサ [続きを読む]

受信: 2013年2月10日 (日) 01時42分

» 映画『レ・ミゼラブル』を観て〜アカデミー賞3部門受賞作品 [kintyres Diary 新館]
13-1.レ・ミゼラブル■原題:Les Miserable■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:158分■観賞日:1月2日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督:トム・フーパー◆ヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン)◆アン・ハサ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 1日 (水) 21時11分

» 映画:レ・ミゼラブル  普段ノー・ミュージカルな私でも、展開される「魂」に震えた = やはり必見か(笑) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
普段ミュージカルしないワタクシ。 にとって、「映画化」は作品に触れる貴重な機会となる。 ので公開中のうちに、なんとか劇場へ。 冒頭 いきなし! ばばっと歌い出すので、「やっぱ苦手!」と思いつつ、我慢して見続けた。 すると、 監督トム・フーパー がこだわ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 4日 (土) 22時12分

» 『レ・ミゼラブル』 [シネクリシェ2.0]
 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした。...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 07時51分

» レ・ミゼラブル [のほほん便り]
なんと、普通の台詞まで歌で、終始一貫した音楽劇なのに驚きました。だけど、俳優さん達の圧倒的・歌唱力と、ベースになってるリズムが一貫してるので、違和感ありません。じつは、普通、ミュジカル映画の場合、「後で音を入れる」けれど、この場合、その場で録音したものを使ったんですってね。なるほど、独特の臨場感です。ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド等の豪華キャストが、実は「オーディションで選ばれた」事実にびっくり。個人的には、ヒュー・ジャックマンと、ラッセル・クロウ、... [続きを読む]

受信: 2014年6月19日 (木) 07時51分

« クリスマスの食卓 2012 | トップページ | アクアラインを渡って木更津のアウトレットへ »