« My Favorite Movies & Books in 2012 | トップページ | 「砂漠でサーモン・フィッシング」 »

ガレット・デ・ロワと七草がゆ

パン屋さんのメゾンカイザーをのぞいたら、ガレット・デ・ロワ(galette des rois)が置いてあったので買ってきました。

2013010805_2

フランスで、公現祭(1月6日)に食べるというアーモンドクリーム入りのパイ。我が家では食べる習慣はありませんが、たまにはこういうのも楽しい。私は以前、あずき入りのガレット・デ・ロワを作ったことがあります。^^

2013010806_2

中にフェ―ヴとよばれる陶器を入れ、切り分けた時にそれが当たった人は、王冠をかむり祝福されるそうです。私が買ったのは直径15cmくらいの小さいガレットですが、ちゃんと紙製の王冠と別添えのフェーヴがついていました。

2013010807_2

フェーヴは小さなタイルで、フランスの劇作家ジャン・アヌイ(Jean Anouilh)という人のことばが書いてありました。(私は現実が好きだ。それはパンの味がする。) アーモンドクリームにほんのりラムが効かせてあり、風味よくおいしかったです。

          clover          clover          clover

さて、昨日は七草でした。七草がゆは本来は朝食べるものですが、我が家は都合により、夕食にいただくことになりました。

2013010803_2

炊飯器で炊いたおかゆに、さっとゆでて刻んだ七草を混ぜ、お塩で軽く味付けしました。七草のわずかに野生を感じる味わいが大好きです。これにあわせたのは…

2013010802_2 2013010801_2

(左)ぶり大根。正確には、大根の煮物の残りにぶりの照り焼きをのせた、”ぶりと大根”ですが…。^^ どちらも味がこっくりとしみておいしかったです。

(右)五目豆。以前は具を大豆の大きさに合わせていましたが、前にタニタの方にお話をうかがった時に、よくかむように具を大きくするといいとお聞きしたので、最近は大豆より大きい乱切りにしています。たしかにこうすると食感が楽しめておいしいです。

2013010804

今年も健やかな一年となりますように。

|

« My Favorite Movies & Books in 2012 | トップページ | 「砂漠でサーモン・フィッシング」 »

料理」カテゴリの記事

美味しいもの」カテゴリの記事

コメント

今晩は。

七草粥、毎年、とっても美味しそうです。
夕食のおかずも、どれもお粥にあるメニューで、ほっとする感じですね。

とにかく、ご家族の皆さんが、健康で1年を過ごせる事が、一番の幸せですよね。

ガレット・デ・ロワていうパイ、はじめて知りました。アーモンド入りパイなんですね。この写真のタイルがフェーヴ?大きくない?これがパイの中に入ってるの?興味津々です。happy01

投稿: ごみつ | 2013年1月 9日 (水) 19時08分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは♪
ありがとうございます。

七草がゆ、実は今年はすっかり忘れていて
Googleのバナーを見て思い出したのですが…^^;
胃に優しくほっとする味わいでおいしくいただきました。
和食のおかずによく合いましたよ。
やはりなんといっても健康が一番ですね。

ガレット・デ・ロワは日本ではあまり知られていませんが
フランス系のパン屋さんやケーキ屋さんで取り扱っているようです。
たまたま見かけたので、買ってみました。

フェーヴはもとはそら豆だったそうですが、
陶器でできた人形やミニチュアの小物とかいろいろあって
コレクターまでいるそうです。
本来はパイの中に入れて焼くものですが、
たぶん誤飲の恐れがあるので、お店では別添えにしているのでしょうね。

さてこのタイル、私はコレクターではないので
どうしたものか…と考え中です。^^
パイはおいしかったです☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年1月10日 (木) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/48651538

この記事へのトラックバック一覧です: ガレット・デ・ロワと七草がゆ:

« My Favorite Movies & Books in 2012 | トップページ | 「砂漠でサーモン・フィッシング」 »