« お重箱で作る抹茶ティラミス | トップページ | 三軒茶屋 「濱田家」さんの和風パン »

壽初春大歌舞伎 「寿式三番叟」「車引」「戻橋」「傾城反魂香」

新橋演舞場に、壽初春大歌舞伎 昼の部を見に行きました。演目は、「寿式三番叟」「菅原伝授手習鑑 車引」「戻橋」「傾城反魂香」。新年を寿ぐ舞踏に始まり、古典、舞踏劇、締めは夫婦の情愛を描いた人情劇…と、新春らしい華やかで晴れやかな舞台を堪能しました。

Kabuki

寿式三番叟 (ことぶきしきさんばそう)
能楽の「翁」を題材とし、天下泰平、五穀豊穣、国土安穏を祈る、お正月の代表的なお祝いの舞踏です。

幕が開くと、舞台いっぱい横2段にずらりと長唄とお囃子の衆が並んでいるのが圧巻。威勢のいい音色に合わせて、奈落から三番叟(中村梅玉)、附千歳(片岡進之介)、翁(片岡我當)、千歳(中村魁春)がせり上がってくると、それだけでわくわく興奮してきました。

翁と附千歳による厳かで格調高い舞踏に続き、三番叟と千歳が軽やかに舞います。その様子はまるで動くお雛様のよう。附千歳の大胆な亀甲柄、千歳の春らしい薄桃色の晴れ着と、衣装も華やかでうっとりしました。

菅原伝授手習鑑 車引 (すがわらでんじゅてならいかがみ)
三つ子の兄弟に生まれるも、今はそれぞれ別の要人の舎人として奉公している梅王丸(坂東三津五郎)、桜丸(中村七之助)、松王丸(中村橋之助)の3人。

梅王丸と桜丸が、松王丸が仕える藤原時平(坂東彌十郎)を襲おうとしたことで、3人は兄弟げんかとなりますが、やがて現れる時平の威光に射すくめられ、たじたじとなってしまいます…。

歌舞伎らしい様式美あふれる作品。荒々しい梅王丸と穏やかな桜丸、やがて登場する松王丸、3人の違いが隈取のお化粧や身のこなし、声音によって個性豊かに演じ分けられていて楽しかったです。最後に牛車の上から華々しく登場する、時平の迫力と存在感に圧倒されました。

新古演劇十種の内 戻橋 (もどりばし)
源頼光の家臣 渡辺綱(松本幸四郎)は一条戻橋で出会った美しい女 小百合(中村福助)を五条まで送りますが、彼女の正体は鬼女。本性を顕した小百合は綱に腕を斬り落とされ、雷鳴の中に消えていきます…。

以前、紅葉狩で更科姫から鬼女に変身する福助さんを拝見しましたが、こういう役どころはお手のもの? 今回もコミカルでキュートな悪女と恐ろしい鬼女のギャップが見事でした。雷雲を模した薄幕が開くと、片腕を斬り落とされた鬼女が宙吊りになって飛んでいくのも、アクロバティックで楽しかったです。

傾城反魂香 (けいせいはんごんこう)
絵師で吃音の又平(中村吉右衛門)は、女房おとく(中村芝雀)を伴い、師匠の土佐将監(中村歌六)に「土佐」を名乗ることを願い出ますが、聞き入れられません。しかし絶望し死を決意した又平が手水鉢に自画像を描くと、奇跡が起こり…。

ちょうど三島由紀夫の「金閣寺」を読んでいたので、同じ吃音の主人公として2人を比べて見てしまいました。そして又平には優しく献身的なおとくのような女房がいて、なんて幸せだろうと思いました。又平とおとく、二人の絶望とそこに射す一筋の光明。穏やかな余韻の残る幕引きに温かい気持ちでいっぱいになりました。

001_convert_20130122134048

工事中の新歌舞伎座の前を通って帰りました。外観はほぼ完成していて小さな工事車両を残すのみ、最終的な仕上げの段階に入っているようでした。4月の舞台開きまでもうすぐです。

|

« お重箱で作る抹茶ティラミス | トップページ | 三軒茶屋 「濱田家」さんの和風パン »

舞台」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
私もこの演目を先日観ました。
幸四郎さんも吉衛門さんも流石!と思いました。
七之助さんはとてもきれいな桜王丸でしたが、まだ若いなーと感じました。今後が楽しみですね。

投稿: syoukomama | 2013年1月22日 (火) 19時48分

歌舞伎はあまり見たことがないのですが、
説明をして頂いているので、興味のある内容ですね。
新しい歌舞伎座ももう少し!
この新しい歌舞伎座の感性を待たずして亡くなった
勘三郎さん、さぞ、残念なことと思います・・・

投稿: イザワ | 2013年1月23日 (水) 02時24分

☆ syoukomamaさま ☆
はじめまして♪ コメント、ありがとうございます。
syoukomamaさんも、この舞台をご覧になったのですね。
お正月らしい、おめでたく華やいだ舞台でしたね。
演目もバラエティに富んで、楽しめました。

幸四郎さんはやはり重厚感がありますね。
吉右衛門さんは、離れた席からも表現力の素晴らしさが
伝わってきて、圧倒されました。
七之助さんの桜丸、凛々しくて美しかったですね。
今年もいい舞台に出会えたらなあと思います。

投稿: ☆ syoukomamaさま ☆ | 2013年1月23日 (水) 11時54分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
お正月らしい華やかさのある、すてきな舞台でした。
演目もバラエティに富んでいて楽しめました。

新しい歌舞伎座、いよいよ完成ですね。
勘三郎さんはほんとうに残念でしたが…
新しい世代が遺志を引き継いで、これからも
歌舞伎の世界を盛り上げてくださったらなあ…と思います。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2013年1月23日 (水) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/48880795

この記事へのトラックバック一覧です: 壽初春大歌舞伎 「寿式三番叟」「車引」「戻橋」「傾城反魂香」:

« お重箱で作る抹茶ティラミス | トップページ | 三軒茶屋 「濱田家」さんの和風パン »