« 牛鍋で新年会 | トップページ | ゆず茶とおしるこ »

松濤美術館 「シャガールのタピスリー展」

昨日は私用で朝から雨の中を出かけましたが、ふと気がつくと大雪! 都心でも8cmの積雪となりました。

2013011501 2013011503

ノーマルタイヤだったので、なるべく坂道を避けて慎重に帰ったら、ずいぶん時間がかかってしまいました。成人式の晴れ着姿の方もたくさん見かけましたが、お帰りは無事だったでしょうか。これもまたよい思い出となりますように…。

          snow          snow          snow

さて先週、渋谷の松濤美術館で開催されている「シャガールのタピスリー展」(~1月27日まで)を見に行きました。シャガールは大好きなアーティストですし、以前ベルナード・カトランのタピスリー作品を見て、油絵とは違う質感と表現に圧倒されたので、今回の展覧会を楽しみにしていました。

シャガールは日本でも人気の画家ですが、このようにタピスリー(=タペストリー,大きな絵画風の織物)が一堂に会する展覧会は貴重だそうです。学芸員さんによるギャラリートークに参加して、お話をうかがいながら鑑賞しました。

Chagall_2

天井の高い地下展示室に入ると、サーカス、花束、雄鶏、恋人たち…といった幻想的なシャガールの世界をそのまま表現した、巨大なタピスリーがいくつも並んでいて圧倒されました。横には元となるシャガールの油絵やリトグラフが並べて展示されているので、比較しながら興味深く見ることができました。

Chagall_1 イヴェットとシャガール

タピスリーを制作したのは、シャガールが最も信頼したタピスリー作家、イヴェット・コキール=プランスです。彼女が心がけたのは、シャガールの作品をそのままコピーするのではなく、シャガールだったらどうするかを考え、シャガールの魂をタピスリーに表現することでした。

原画の色をそのまま大きなタピスリーに使うと、全体的に暗くなってしまうので、色をやや明るくし、原画の印象が損なわれないよう最大限の配慮がされていることが、原画とタピスリー、2つの作品を比較するとよくわかりました。

2階の展示室には、織物の道具や糸巻、原寸大の下絵が展示されていて、こちらも興味深かったです。下絵は、原画を裏返しに拡大コピーしたもので、細かく区分され色指定してありました。糸は25色あるそうですから、縦糸と横糸の組み合わせで全625色ということでしょうか。

有限の色数によるデジタルな表現のはずなのに、原画の筆さばきや繊細な色使いまでそのままに再現し、さらにタピスリーとして新しい命が吹き込まれているのが魔法のように感じられました。イヴェットの指示によって作品を織り上げる、熟練した職人さんたちの技にも感動しました。

Chagall_3

一番大きい「平和」という作品。4m×6mくらいあります。宇宙を思わせる青の空間に万物が集う、幻想的で壮大な作品です。晩年のシャガールは、ランス聖堂のステンドグラスやパリ・オペラ座の天井など、モニュメンタルな大作を手掛けましたが、この作品からもそれらに匹敵する大きなメッセージが伝わってきました。

|

« 牛鍋で新年会 | トップページ | ゆず茶とおしるこ »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

今晩は。

あら、昨日はお出かけの途中で雪に見舞われちゃったのですね。大変でしたね。
しかし、本当に凄い雪でした。屋根からドサ~っと大きな音で雪が落ちる度に、びっくりしたりして。(笑)
今日はすっかり晴天になりましたね。sun

シャガールのタピスリーがあるんですね!はじめて知りましたが、私もシャガール好きなので、是非見てみたくなりました。
タピスリーって大きいから迫力もあるし、シャガールの絵だととってもきれいだろうな~。shine

ゴヤのタピスリーを見た時にも思いましたが、原画からタピスリーを織りあげる職人技にも驚嘆しますよね。凄いと思います。

投稿: ごみつ | 2013年1月16日 (水) 00時19分

あの日は急に大雪になり、成人式の撮影をしていても驚きでした。
ノーマルタイヤでの運転は大変だったと思います。
お疲れ様でした。

原画をどう利用して、タペストリーにするか。。。まさしく
そこはある意味職人の世界ですね!
一つの芸術から派生するもう一つの芸術。
見ごたえがある展示ですね!

投稿: イザワ | 2013年1月16日 (水) 10時36分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
朝の段階では、まさか雪になるとは思わなかったので…
雨だから、と車で出かけたのがかえってあだになりました。
水分の多い雪なので、落ちるとすごい音ですね!
この寒さで残り雪もなかなか融けそうにないですね。
気をつけておでかけくださいね。

さて、シャガールのタピスリー展、こじんまりながら
なかなか見応えがあっておもしろかったです。
シャガールの幻想的な世界と繊細なタッチが
重量感のあるタピスリーになると、また迫力があって圧倒されました。

ゴヤのタピスリーもあるのですね。見てみたいです。
以前、モンドリアンの作品を見て
これをパッチワークにしたらおもしろそうだな~
と思ったことを思い出しました。^^

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年1月16日 (水) 11時07分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
あの日は晴れ着姿の女性をたくさん見かけましたが…
新成人にとっては忘れられないお式になったことでしょうね。
雪道もたいへんでしたが、渋滞にまいりました。><

原画のイメージをそのままに、大きなタピスリー作品へ…
そこにはもうひとつのクリエイティブな才能が
生かされているのだなあと感じました。
アーティストの作品の黒衣となって表現する
職人さんの技はすばらしいですね。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2013年1月16日 (水) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/48759876

この記事へのトラックバック一覧です: 松濤美術館 「シャガールのタピスリー展」:

« 牛鍋で新年会 | トップページ | ゆず茶とおしるこ »