« 三軒茶屋 「濱田家」さんの和風パン | トップページ | ごぼう入りビーフシチュー & 大根入りポトフ »

「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」

DVDで、ドキュメンタリー映画の「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」(Herb & Dorothy)を見ました。ニューヨークに住む現代アートのコレクター、ハーバート&ドロシー・ヴァンゲル夫妻のアートへの愛あふれる生き方を温かいまなざしで追います。監督はNY在住のジャーナリスト、佐々木芽生(めぐみ)さん。

Herb_dorothy

郵便局員のハーブと図書館司書のドロシーは1962年に結婚。ニューヨークの小さなアパートで新生活をスタートさせた2人は、最初は自らアートを制作していましたが、65年にソル・ルウィットの作品を購入したのをきっかけに、お気に入りの現代アートを見つけては購入するようになりました。

展覧会に出かけてアーティストたちと交流し、作品が気に入れば購入するという日々。2人は、「自分たちのお給料で買える」「1DKのアパートの部屋に入る」という2つの基準を設け、その範囲でお気に入りのアートを片っ端から買い集めました。

2人がアートを購入する理由は、「好きだから」。2人が無名の頃に見出し、その後有名になったアーティストも数多くいますが、投機目的でアートを購入したことは一度もありません。だからアパートの部屋が膨大なアート作品であふれても、それを転売するなんて考えたこともないのです。

Herb_dorothy_5

そうして40年にわたって集めた作品は、なんと約4000点。中には美術史に刻まれる重要な作品もあり、火事になったらたいへん!と数々の美術館から作品を引き取りたいという申し出が来るようになりましたが、大好きなアートを手放すことに2人はなかなか決心がつきません。

しかし1992年、2人は最終的にワシントンのナショナルギャラリーに全コレクションを寄贈することを決意します。ナショナルギャラリーに決めたのは、永久保存を約束してくれたから。また、無料で公開されていて誰でも見ることができる、というのも理想に適っていました。

結局スペースの問題から、ナショナルギャラリーで収容するのは1000点が限界とわかり、残りの作品は全米50州の美術館に50点ずつ寄贈することになりました。 この「50×50」プロジェクトについては、佐々木監督が続編として映画化、日本では3月30日より公開される予定です。(公式HP

Herb_dorothy_2

おもしろかったのは、パリのポン・ヌフの梱包アートなどで知られるクリスト&ジャンヌ=クロード夫妻のエピソード。2人が夫妻のデザイン画を購入しようとしたところ、既に値が上がっていて、あきらめざるを得ませんでした。そこで夫妻は、愛猫の世話をしてもらうかわりに、2人に絵をゆずることにしたのだそうです。

クリスト&ジャンヌ=クロードが、2005年にニューヨークのセントラルパークをオレンジ色のカーテンで埋め尽くしたThe Gateという作品は、私も現地で見る幸運を得ました。公園を歩きながら、自分もアートの一部になったようにわくわくしたことを、映画を見ながら懐かしく思い出しました…。

Herb_dorothy_3

ニューヨークの現代アートの発展に大きく貢献した2人でしたが、ハーブは自分が有名なコレクターだと語ることなく、郵便局でも誰一人知らなかったとか。そして全財産を注いで購入したアートを、あっさりと国に寄贈してしまう懐の大きさ。2人のアートに対する純粋な愛に、心を打たれました。

なお、ハーブは2012年7月静かに息を引き取られたそうです。改めて心よりご冥福をお祈りいたします。

|

« 三軒茶屋 「濱田家」さんの和風パン | トップページ | ごぼう入りビーフシチュー & 大根入りポトフ »

映画」カテゴリの記事

コメント

この映画、あるアートの会合で宣伝を担当している
代理店の方とお会いしてお話をお聞きしました。
やっと、日本で公開まで持ってこれたそうですが、
ヒットすることと思います!

投稿: イザワ | 2013年1月26日 (土) 00時04分

こんばんは。cherry

あ、私、この作品、DVDの予告で見た記憶があります。
こういう作品だったのですね。

それにしても、このお二人のアートへの愛情は純粋で素敵ですね。
夫婦で同じ趣味を追い続けられて、きっと幸せな人生だったでしょうね。うらやましいです。

面白いエピソードもたくさんありそうですね。lovely

投稿: ごみつ | 2013年1月26日 (土) 00時26分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
イザワさん、前にこの映画の続編について
ご紹介されていましたね。
多くの方たちの声に支えられて公開に結びつくとは
すばらしいことだと思います。
前回は小さなシアターで公開されて
ロングランのヒットだったそうですが
続編はシネコンでも公開されるようなので
より多くの方がご覧になるかもしれませんね。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2013年1月26日 (土) 14時48分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
この作品、私は公開されていた時は知らなかったのですが
小さなシアターでロングランのヒットだったようです。
とてもすてきなドキュメンタリーでしたよ。
とにかくお二人がかわいらしくて…。
ニューヨークのアーティストたちに愛される存在だったでしょうし
2人に見出されて、感謝しているアーティストも
たくさんいることと思います。
お二人のこうした純粋な行いが現代アートを支える一翼となっている
と思うとなんだかうれしくなりました。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年1月26日 (土) 15時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/48924356

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」:

« 三軒茶屋 「濱田家」さんの和風パン | トップページ | ごぼう入りビーフシチュー & 大根入りポトフ »