« 代々木VILLAGE | トップページ | プロヴァンス風チリ & カリフラワーとアンチョビのパスタ »

「ゼロ・ダーク・サーティ」

キャスリン・ビグロー監督、ジェシカ・チャステイン主演のサスペンスドラマ、「ゼロ・ダーク・サーティ」(Zero Dark Thirty)を見ました。アメリカ同時多発テロ事件の首謀者とされるオサマ・ビンラディン暗殺までの道のりを、作戦に貢献したCIA女性分析官の姿を通して描きます。

Zero_dark_thirty_3

アメリカ同時多発テロ事件を首謀したのが、国際テロ組織アルカイダを率いるオサマ・ビンラディンと判断したCIA。巨額を投じて彼を追うも一向に手がかりはつかめず、捕虜の拷問による尋問が新たな国際問題となっていました。さらにそれをあざ笑うかのように起こるテロ事件の数々。

追い詰められたCIAが現地に送り込んだのは、弱冠20代の優秀な女性分析官マヤ(ジェシカ・チャステイン)。捕虜へのインタヴューからある側近の存在を突き止めたマヤは、命の危険も顧みず執念で追い続け、とうとうビンラディンが潜伏していると思しき隠れ家を特定しますが…。

Zero_dark_thirty_2_2

「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督×マーク・ボール脚本という強力タッグ、さらに大好きなジェシカ・チャステイン主演ということで楽しみにしていた作品です。甘さを排除したドキュメンタリーのようなリアリティと手に汗握る緊張感に、最後までぐいぐいと引き込まれました。

着任早々、捕虜の拷問に立ち会うことになり、現場のやり方を目の当たりにするマヤ。しかしそれに動じることなく、捕虜へのインタヴューや膨大な資料の分析から、粘り強くターゲットに係わる情報を絞り込んでいく過程は、地味ながらぞくぞくするおもしろさがありました。

自身も爆破テロに巻き込まれたり、同僚を自爆テロで亡くしたり、常に命の危険にあってもひるまず、すさまじい執念で潜伏していると思しき場所を特定しますが、根拠となるのはマヤの確信のみ。マヤは粘り強く主張しますが、その後何ヶ月もCIA本部は隠れ家急襲に踏み込むことに躊躇します。

そして2011年5月2日深夜0時半(ゼロ・ダーク・サーティ)。米海軍特殊部隊が基地を出発し、隠れ家に突入してからの緊迫した展開は大迫力。隊員たちが部屋から部屋へターゲット求めて、問答無用に弾を撃ち込む姿が暗視カメラで捕えられ、息もつけない臨場感を味わいました。

Zero_dark_thirty_4

マヤの執念には敬服しますが、なんとなく割り切れない思いを抱いてしまったのもまた事実。そもそもいくら相手がテロリストだからといって、他国に乗り込んで襲撃することが許されていいのか。そしてマヤが目視で確認した彼は、ほんとうにビンラディンだったのか…。

アメリカは上げたこぶしを下ろす理由が必要で、そのためにマヤというヒロインが選ばれたのではないのか?とふと邪推してしまいました。見た後もあれこれ考えさせられる作品でした。

|

« 代々木VILLAGE | トップページ | プロヴァンス風チリ & カリフラワーとアンチョビのパスタ »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

お~~、「ゼロ・ダーク・サーティー」早速見に行かれたんですね。
これはきっと、なかなかの問題作だろうと、見る前から予想できます。

私も必ず見に行くつもりです。

ビグロー監督は「ハート・ロッカー」が凄く良かったので、この作品にも期待しています!movie

投稿: ごみつ | 2013年2月21日 (木) 00時31分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
「ゼロ・ダーク・サーティ」よかったですよ!
重くて深刻な作品ですが、見応えがあって
(変な言い方ですが)おもしろかったです。

実際にあった作戦を題材にしているので
緊張感とリアリティが半端なかったです。
CIAの現地での調査がどのように進められているかも
うかがい知ることができましたし、
ネイビーシールズの活動なども興味深く見ました。
国家機密にかかわる部分もあると思いますが
よく映画にできたな~と思います。

是非ご覧になってみてください☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年2月21日 (木) 11時31分

こんばんは。
CIA分析官に会うなんてあり得ないことですが、きっとマヤ(ジェシカ・チャスティン)のようにクールな人なんでしょうねぇ?
さてビグロー映画は迫力あって、人間味があって素晴らしいと思います。

>マヤが目視で確認した彼は、ほんとうにビンラディンだったのか…
上はわたしもふと思いましたが、本作はドキュメンタリーじゃなくてドラマなのだと思いました。ビンラディン襲撃の場面もかなりに迫力ありましたが、全て真実ではないのでしょうね?
でもドラマには満足しました。

投稿: margot2005 | 2013年3月30日 (土) 00時38分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
映画の中のマヤ、ストイックにターゲットを求めていく姿に
凄みさえ感じられ、圧倒されました。
実際にモデルとなった方がいるそうですが、信念の女性ですよね。
真実を追い求めようとする、ビグロー監督の姿とも重なりました。

映画はドキュメンタリーかと思うくらいに真に迫っていましたね。
国家機密に踏み込み、これだけの調査・取材をするのは
相当たいへんだったのでは…と思います。

映画の内容には満足でした。
映画を通じて、現実のCIAはじめアメリカ国家のやり方に疑問を感じましたが、
それを考えさせるのもまた、この映画のテーマなのでしょうね。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2013年3月31日 (日) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/49506666

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゼロ・ダーク・サーティ」:

» ゼロ・ダーク・サーティ [風に吹かれて]
追い続けた10年 公式サイト http://zdt.gaga.ne.jp監督: キャスリン・ピグロー  「K-19」 「ハート・ロッカー」2003年、手詰まり感の漂うパキスタンにあるCIAのビンラディ [続きを読む]

受信: 2013年2月24日 (日) 16時26分

» 『ゼロ・ダーク・サーティ』 スパイアクションを楽しもう [映画のブログ]
 ハリウッド映画と聞いて、芸術性の高い作品や難解で思弁的な作品を期待する人は少ないはずだ。たいていの人はハリウッドに、判り易くて面白く、手に汗握ったりワクワクする作品を求めていよう。  特にアク...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 2日 (土) 20時22分

» 映画「ゼロ・ダーク・サーティ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ゼロ・ダーク・サーティ」観に行ってきました。2001年のアメリカ同時多発テロ事件の首謀者とされるオサマ・ビン・ラディンの所在を10年にわたって探し続け、ついに殺害... [続きを読む]

受信: 2013年3月 4日 (月) 07時48分

» ゼロ・ダーク・サーティ 21世紀の最初の10年間を考える衝撃の問題作! [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=12 試写会2】 この映画は是非観たかった、それをいち早く試写会で鑑賞することが出来た!(2月7日、よみうりホールにて)  2003年、パキスタンにあるCIAに情報分析官マヤが派遣されてくる。捕虜の拷問に最初は目を背けるマヤだが、次第にそんな状況に慣れていく。...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 5日 (火) 13時28分

» 映画「ゼロ・ダーク・サーティ 」出色の出来。それでもまだ、よく分からない [soramove]
映画「ゼロ・ダーク・サーティ 」★★★★ ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク ジョエル・エドガートン、ジェニファー・イーリー マーク・ストロング、カイル・チャンドラー エドガー・ラミレス出演 キャスリン・ビグロー監督、 131分、2013年2月15日より全国公開 2012,アメリカ,ギャガ (原題/原作:ZERO DARK THIRTY ) 人気ブログランキングへ">>→  ... [続きを読む]

受信: 2013年3月 7日 (木) 07時14分

» ゼロ・ダーク・サーティ : 衝撃のニュースの裏側にあるもの [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件。私が生まれてから見てきたニュースの中で、未だにNo.1の衝撃度です。次の日、会社に出社しても何となく落ち着かなかったの [続きを読む]

受信: 2013年3月11日 (月) 19時59分

» 「ゼロ・ダーク・サーティ」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Zero Dark Thirty/2012」 USA CIA分析官(イスラマバード支局ビンラディン追跡チーム)マヤに「ツリー・オブ・ライフ/2011」「英雄の証明/2011」のジェシカ・チャスティン。 マヤの上司ダ ニエル(チームリーダー)に「パブリック・エネミーズ/2009」のジェイソン・クラーク。 マヤの同僚ジェシカに「高慢と偏見/1995」「抱擁/2002」「英国王のスピーチ/2010」のジェニファー・イーリー。 ジョー ジ(テロ対策センター アフガニスタン、パキスタン部チーフ)... [続きを読む]

受信: 2013年3月30日 (土) 00時30分

» ゼロ・ダーク・サーティ [映画の話でコーヒーブレイク]
本作は、アカデミー作品賞、脚本賞、主演女優賞、編集賞、音響編集賞の5部門でノミネート。 音響編集賞のみ受賞です。 でも・・・監督のキャサリン・ビグローさんが監督賞候補になってもよかったんじゃない? 2009年の「ハート・ロッカー」で監督賞、作品賞を受賞してお...... [続きを読む]

受信: 2013年3月31日 (日) 01時21分

» ゼロ・ダーク・サーティー [ごみつ通信]
Zero Dark Thirty2012年/アメリカ (監)キャサリン・ビグロー [続きを読む]

受信: 2013年12月31日 (火) 02時44分

» ゼロ・ダーク・サーティ (Zero Dark Thirty) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 キャスリン・ビグロー 主演 ジェシカ・チャスティン 2012年 アメリカ映画 157分 ドラマ 採点★★★ 結局のところ真実ってのはその当事者しか知らないんですよねぇ。もちろん第三者の裏付けってのも必要ですけど、基本的には当事者の発表を「ハイ、そうなんで…... [続きを読む]

受信: 2015年10月31日 (土) 00時08分

« 代々木VILLAGE | トップページ | プロヴァンス風チリ & カリフラワーとアンチョビのパスタ »