« 東野圭吾 「プラチナデータ」 | トップページ | Café & Meal MUJI »

「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」

ジュディ・デンチはじめ、イギリスのベテラン俳優たち7人が共演する群像ドラマ、「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」(The Best Exotic Marigold Hotel)を見ました。監督は、「恋におちたシェイクスピア」、「ペイド・バック」のジョン・マッデン。

Marigold_hotel

それぞれに事情をかかえたイギリス人のシニア7人が、新天地を求めてインドの長期滞在型リゾートホテルを訪れます。しかしようやく到着すると、そこは高級リゾートとは名ばかりのおんぼろホテルで、若き支配人ソニー(デヴ・パテル)の情熱だけが空回りしていました。

環境の変化、異文化との出会いに、あるものは戸惑い、あるものは果敢に飛び込みながら、7人はそれぞれに自分の生き方を見つけていきます…。

Marigold_hotel_4

新聞の映画評を読んだ時には、たいくつしちゃうかも…と思っていたのですが、そんな心配は杞憂に終わりました。イギリスの名優たちが奏でるみごとなアンサンブル。深刻になりがちなテーマを軽やかな笑いに包み、時にほろりとさせて… 前向きで元気な気持ちになれるすてきな作品でした。

7人がインドにやって来た理由はさまざまです。夫を亡くしたイヴリンと退職金を娘の事業に使ってしまったダグラス&ジーン夫婦は老後をすごすために、ミュリエルは股関節の手術を受けるために、ノーマンとマッジは新しい恋を求めて、グレアムは少年時代の大切な友人を探しに…。

登場人物が多いので、ひとりひとりの背景を深く掘り下げて描いていませんが、会話やちょっとしたふるまいによって、各人の個性やそれまでの人生が、さりげなく浮かび上がってきます。そして知らず知らずのうちに、この愛すべき人々にすっかり魅了されてしまいました。

中でも徹底した人種差別主義者だったミュリエル(マギー・スミス)の変貌ぶりは鮮やかです。手術のためにしかたなくインドにきたものの、街に出ようともせず、イギリスから持ってきたビスケットしか受けつけなかった彼女が、ホテルのお世話係の女性と心を通わせるまでになるのですから…。

また、かつてインドに住んでいたというグレアム(トム・ウィルキンソン)が、少年時代の不幸なできごとによって離れ離れになってしまった大切な友人を探すエピソードも心に残りました。街の少年たちに交じって球技に興じた時にふと見せた、遠いまなざしが印象的でした。

そして、イギリスのベテラン俳優たちと対をなす、インドの俳優さんたちがフレッシュで実にチャーミング。それはそのままインド映画界の勢いや、お国のエネルギーを表しているように感じられました。

仕事を見つけたり、新しい恋に出会ったり… 現実にはそううまくはいかないかもしれないけれど、人生まだまだこれから、という彼らの姿に大きな勇気をもらいました。

|

« 東野圭吾 「プラチナデータ」 | トップページ | Café & Meal MUJI »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
さすがに話題の映画をどんどん観られていますね!
私もこの映画は、ちょっと気になっています。
でもおっしゃるように、ちょっと退屈かな? 
っいう先入観があったので、迷っていました。
こちらを拝見して、観たくなりました~~。
うまく時間が作れるといいな。

投稿: linen | 2013年2月13日 (水) 20時44分

こんばんは。この映画スゴく良かったです。
シアターで何度か予告を観てたので、なんとなくよさそうなんて思ってましたが、何となくではなくとても良かったです。
英国人俳優たちが素敵でした。
インドの街も衣装もエキゾティックでしたし....。

ジュディ・デンチって78歳くらいのお年ですがなんだかキュートなんですよね?彼女のように年を重ねて行けたらと願うばかりです。

投稿: margot2005 | 2013年2月14日 (木) 00時00分

☆ linenさま ☆
おはようございます。
linenさんもこの映画、気になられてましたか。
私も最初はシニア向けかな…なんて思っていたのですが
ハッピーな気持ちになれる、とてもすてきな作品でした。
お時間がありましたら是非!
お勧めです。^^

投稿: ☆ linenさま ☆ | 2013年2月14日 (木) 09時41分

☆ margot2005さま ☆
おはようございます。
この作品、とてもよかったですね。
イギリスの名優たちが奏でる、すてきなハーモニーを堪能しました。
デヴ・パテルくんはじめ、インド俳優陣も魅力的でしたし
インドの異国情緒がまた酔わせてくれましたね。

ジュディ・デンチ、少女のような初々しさがあってかわいかった☆
あんな風にすてきに年を重ねていけたら… 私も憧れです。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2013年2月14日 (木) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/49352768

この記事へのトラックバック一覧です: 「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」:

» マリーゴールド・ホテルで会いましょう [風に吹かれて]
人生はまだ終わっていない郷に入っては郷に従え公式サイト http://www.foxmovies.jp/marigold原作: マリーゴールド・ホテルで会いましょう (デボラ・モガー著/ハヤカワ文庫) [続きを読む]

受信: 2013年2月13日 (水) 23時05分

» 「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Best Exotic Marigold Hotel」2011UK/USA/アラブ首長国連邦 心臓発作で亡くなったイヴリンの夫には借金があり、彼女は家を売るハメになる。 判事でゲイのグレアムは今一度かつて愛した人に会いたかった。 英国で家を買うには金が足りないダグラスとジーン夫婦は新天地を求める。 共に独身のマッジとノーマンは新たな恋人を探している。 そして頑固極まりないミリュエルは成り行き上インドで足の治療をすることに… イヴリンに「ラヴェンダーの咲く庭で/2004」... [続きを読む]

受信: 2013年2月13日 (水) 23時57分

» THE BEST EXOTIC MARIGOLD HOTEL [映画の話でコーヒーブレイク]
65才以上が3000万人を突破した日本。 老後をどんな風に、どこで過ごすのか?・・・大きな課題です。 定年後、東南アジアの国々に移住する日本人ご夫婦の生活ぶりを紹介するTV番組を 時々見ますが、言葉の問題や治安、病気になったときにどうするかなど気になるとこ...... [続きを読む]

受信: 2013年2月19日 (火) 01時43分

» [映画『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆たまに、シネコンでも、都内でしか上映されてなかった作品の上映を行う企画がある。  東京とは言え、23区外に住む私は、この企画に感謝し、いそいそと観にいくのだ^^  基本、私はロリコンなので、若さがピチピチと溢れた作品を好むのだが、果たして、この、それ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月24日 (金) 14時23分

» 映画『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』を観て [kintyres Diary 新館]
13-13.マリーゴールド・ホテルで会いましょう■原題:The Best Exotic Marigold Hotel■製作年・国:2011年、イギリス・アメリカ・アラブ首長国連邦■上映時間:124分■観賞日:2月11日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:0円(ポイント利用) □監督:ジョン...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 9日 (日) 18時33分

« 東野圭吾 「プラチナデータ」 | トップページ | Café & Meal MUJI »