« 最近読んだ本から (2013.03) | トップページ | 水戸(1) 水戸芸術館 「坂茂 建築の考え方と作り方」 »

「LUPICIA」のフレーバードティーとフルーツいっぱいの朝食

贈り物にLUPICIAさんのフレーバードティーと六花亭のストロベリーチョコレートをいただきました。

2013040101

どちらも大好きなので、とてもうれしい。LUPICIAさんの紅茶は、Rhubarb & Strawberry(ルバーブ&ストロベリー)と Earl Grey "Grand Classic"(アールグレイ・グランドクラシック)でした。ルバーブといちごは、お菓子やジャム作りにもよく使う大好きな組み合わせ。フルーティな甘さがあって、おいしかったです。

アールグレイも好きな紅茶ですが、このアールグレイはフレッシュな香りがすばらしく、マスカットのようなさわやかさがあって気に入りました。竜眼(ドラゴンアイ)という中国の果物を調合しているそうですが、調べるとこれがぶどうやライチのような香りがするようなのです。なるほど~と納得しました。

最近作った、フルーツいっぱいの朝食から。

2013040102

パンケーキのうえに、いちご、キウイ、バナナをたっぷりのせ、メイプルシロップをかけていただきました。ジューシィなフルーツとふわふわパンケーキの組み合わせが最高♪ 見た目もカラフルで楽しめました。

2013040103_2

ブルーベリーとラズベリーとオレンジのマフィン。生のブルーベリー、冷凍したラズベリー、オレンジの皮をたっぷり入れて作りました。ラズベリーは凍らせると手で簡単に細かく砕けます。

2013040104_2

とろりととけた甘酸っぱいベリーとオレンジのさわやかな香りを楽しみました。いちごのヨーグルトがけとともに。

2013040105

昨日のイースターに、キャロットケーキを焼きました。イースターはイエスの復活をお祝いする日。新しい命を表すたまごやひよこ、多産を意味するうさぎやにんじんなどがモチーフとして使われます。レシピは北欧のお菓子の本から。

すりおろしたにんじん、刻んだくるみ、シナモンとナツメグの入った素朴な焼き菓子です。上にクリームチーズのフロスティングをぬることが多いですが、私は粉砂糖とバナナで簡単に仕上げました。2、3日すると生地が落ち着き、ますますおいしくいただけます。

|

« 最近読んだ本から (2013.03) | トップページ | 水戸(1) 水戸芸術館 「坂茂 建築の考え方と作り方」 »

お菓子」カテゴリの記事

美味しいもの」カテゴリの記事

コメント

いや~私もクルミと人参のケーキ焼いたんですよ~、すごい偶然!私の場合、人参がなかなか減らないし、クルミもそろそろ古くなりそうだったからなんですけどね(^-^;このケーキは次の日の方がしっとりとして美味しいんですよね。私も粉砂糖で食べました。アメリカってHappy Easterとは言い合うものの、休みも特別にないしなんかあっけない週末でした。次男はSpring Breakだから休みですが、夫はふつーに月曜から出張です(苦笑)アメリカはほんとに年中無休ですね…。
六花亭のいちごのチョコ、私も最近職場へ誰かがお土産として持ってきたものを食べました。はじめはパクっと食べちゃって『美味しい~』だったのですが、同僚に『Schatziさん、ちゃんとかじって中を確認して!』って言われて二個目で気づきました。ちゃんと赤いフリーズドライのいちごなんですよね。日本のお菓子は手が込んでる~

投稿: Schatzi | 2013年4月 1日 (月) 11時52分

☆ Schatziさま ☆
Happy Easter♪
Schatziさんもキャロットケーキを焼かれたのですね☆
偶然ですね。うれしいです。^^

ヨーロッパは、イースターは大人も長期休暇なのですね?
そういえば、アメリカは学校関係だけだったかも…
子供のお休みに合わせてお仕事を休まれる方はいらっしゃいますが。
アメリカの場合は他宗教に配慮している、ということも
あるかもしれませんね。

そして、Schatziさんはアメリカで六花亭のチョコレートを
召し上がったのですね@@ それは貴重でしたね。
いちごに気づかずに食べちゃうなんてもったいない。^^
私もこのチョコレート大好きで、少しずつ大事に食べようと
思いつつ、おいしいのでついつい手が伸びてしまいます。

投稿: ☆ Schatziさま ☆ | 2013年4月 2日 (火) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/51043778

この記事へのトラックバック一覧です: 「LUPICIA」のフレーバードティーとフルーツいっぱいの朝食:

« 最近読んだ本から (2013.03) | トップページ | 水戸(1) 水戸芸術館 「坂茂 建築の考え方と作り方」 »