« 国立新美術館 「カリフォルニア・デザイン 1930-1965」 | トップページ | 「天使の分け前」 »

六本木 「MERCER BRUNCH」 &カリフォルニアサウンド

国立新美術館を訪れた後、東京ミッドタウンの裏手にあるニューヨークスタイルのブランチカフェ、「MERCER BRUNCH」(マーサーブランチ)でお昼をいただきました。

Mercer_brunch

(写真はHPよりお借りしました)

HPによると”NYにいながら西海岸のエッセンスを取り入れたインテリア”だそうで、ガラス張りの明るく開放的な雰囲気のお店でした。店内には大きな暖炉があり、入り口横にテラス席があります。種類の違う古い木の板を、パッチワークのように組み合わせた壁がすてきでした。

ちなみにMERCERとは、ニューヨークのソーホー地区にあるMercer Streetから来ているそうです。ブランチメニューは10種類くらいあり、迷いに迷いましたが、私はグリルドチキンのサラダをオーダーしました。

2013042501

大きなガラスのどんぶりに入ったガーデンサラダに、ハーブの効いたグリルドチキンとポーチドエッグがのっています。まあまあおいしかったですが、(自分でも作れそうなので)ちょっとつまらなかったかな? オムレツかサーモンにすればよかったと後悔しました。

でも、こちらのお店の名物は、なんといってもブリオッシュ生地のパンを使ったフレンチトーストです。甘みがしっかりついているので、メイプルシロップをかけずにこのままいただきますが、ふわふわしっとりとおいしかったです。

2013042502

ブランチメニューですが、なんとサーロインステーキもあります。ラタトゥイユとスクランブルドエッグ(または目玉焼き)が添えてあり、ボリュームたっぷり。しっかりエナジーチャージできそうです。こちらにもフレンチトーストがつきます。

深煎りのコーヒーもおいしく、楽しいランチになりました。

          music          music          music

カリフォルニアデザインを見たら、カリフォルニアサウンドを聴きたくなりました。

Minute_by_minute

The Doobie Brothers "Minute by Minute"

1979年の大ヒットアルバムです。AOR(Adult Oriented Rock)をよく聴いていた当時の私は、マイケル・マクドナルド(写真のひげの人)がいた頃のドゥービー・ブラザーズのサウンドが好きで、特に What a Fool Believes という曲が大好きでした。

当時はまだLPレコードの時代でしたが^^ その後10年くらいしてCDが再リリースされた時に、懐かしくてこのアルバムを買ったのでした。久しぶりに聴きましたが、今聴いてもやっぱりいいなー。

81年のライブ映像をYou Tubeで見つけたので、リンクさせていただきますね。CDのレコーディングよりも少し早いテンポで歌っています。

notes The Doobie Brothers "What a Fool Believes" '81 Live

マイケル・マクドナルドの風貌が、「アルゴ」のベン・アフレックみたいですが…^^ あの映画も79年が舞台なので、当時流行のヘアスタイルだったのでしょうね。カリフォルニアデザインから時代を越えて、すっかりノスタルジーにひたってしまいました。

|

« 国立新美術館 「カリフォルニア・デザイン 1930-1965」 | トップページ | 「天使の分け前」 »

グルメ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

わ~、またまた美味しそうなお店ですね!
明るい雰囲気で、気軽にランチが楽しめそうなお店ですね。
NYと西海岸の両方の雰囲気とは!店内のインテリアも気になります。happy01

セレンディピティさん、ドゥービー・ブラザースのファンだったんですね!"What a Fool Believes"の動画、懐かしく楽しく、聴かせていただきました~。

私が一番洋楽を聞いてたのは80年代なので、この曲↓がすごく心に残ってます。note

"The Doctor"
http://www.youtube.com/watch?v=d8uCryLHnt4

投稿: ごみつ | 2013年4月26日 (金) 00時31分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは♪
明るくてくつろげる雰囲気が
ゆっくりすごせる休日のブランチにぴったりのお店でした。
ちょうどカリフォルニアの住居は壁がガラスで…と
見たばかりだったので、なるほど~と思いました。
私はメニュー選びにちょっと失敗したかな?と思いましたが
フレンチトーストはおいしかったです。

ごみつさんとは同世代なので、音楽の話はよく通じますよね。
私はドゥービーというよりは、どちらかというと
マイケル・マクドナルドの声や音楽性が好きでした☆

80年代に入ってからは、フュージョンやスムーズジャズを
聴くようになったので、ごみつさんがご紹介くださった
The Doctor、知らなかったです。
ロック色が強いですが、メロディーラインがきれいですてきな歌ですね!

スパムの件、失礼しました~☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年4月26日 (金) 13時06分

Doobee brothers 好きなんですか、セレンディピティさん。私も好きです。Michel McDonald はグループにあとから入ったのに、彼がキーパーソンでしたよね。それにしても、彼らほどメンバーがコロコロ変わるのも珍しいですよね。私は90年代はじめに武道館で彼らを観ましたが、アンコールが確か私の一番好きなlong train running で踊り狂ったのを覚えています(^^;; マイケルのもさっとした髭面は、イーグルスのドン・ヘンリーもそうでした。今じゃ誰も彼もさっぱりしちゃってつまらないですね(^^)
私は車でいつも70' 80' 90'専門のラジオ局に合わせています。Doobee やらearth wind n' the fire 、それにeagles のオンパレードでよく歌います(^^) 永遠に不滅ですね〜

投稿: Schatzi | 2013年4月27日 (土) 12時50分

☆ Schatziさま ☆
こんにちは。
SchatziさんもDoobieお好きでしたか!
Doobie、メンバーが変わるごとに微妙に音楽も
変化していましたが、私はマイケル・マクドナルドの
独特な歌声と、洗練された音楽が好きでした♪
Schatziさんは、武道館にも行かれているのですね〜☆
Long Trail Running、ノリノリですね☆
私もEarth Wind & Fire、大好きでした。
たしか初めて買った洋楽のLPレコードが
輸入盤のEW&Fだったような…
イーグルスはそれほど好きではなかったですが
バージニアにいた頃、Virginia Beachで野外コンサートが
あって、懐かしくて聴きに行きました。
若い頃に聴いた曲は、青春のかけら…ですね。confident

投稿: ☆ Schatziさま ☆ | 2013年4月28日 (日) 23時11分

Doobee brothers、良いですね~。
とても懐かしいサウンドで、学生の頃を思い出しました。
ちょうど、ソニーのウォークマンが発売された頃だったかな~?
カルフォルニアというと、私はもう少し前の発売の
アルバート・ハモンドの「カルフォルニアの青い空」も思い出します。
昨日は、昭和の日・・・昭和にヒットした洋楽、良かったな~(笑

投稿: イザワ | 2013年4月30日 (火) 02時18分

いま、ラジオから『Michel McDonald, Xmas concert one night only!』って聞いたんです(^^) セレンディピティさんが即、思い浮かんだんです。チケット2枚取りますか?(爆)12/1 だそうです(^^) 私、どうしようかな〜、だって間違ってもlong train running 歌わないだろうし…

投稿: Schatzi | 2013年4月30日 (火) 22時45分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
イザワさんも、Doobie Brothers、聴かれましたか。^^
懐かしいですよね。
そうそう、ちょうどウォークマンが出たころでしたね。
「カリフォルニアの青い空」は私が洋楽を聴き始めた頃より
少し前になりますが、聴いたことはあります。
たまにはこういう古い曲を聴いて昔を懐かしむのも
なかなかいいものですね☆

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2013年5月 1日 (水) 07時59分

☆ Schatziさま ☆
こんにちは。
Michael McDonaldのチケット、2枚お願いします。(なんて…^^)
先日、あれからYou Tubeでいろいろ見ていたら
今の?Michael McDonaldらしい映像が出てきました。
白髪がふさふさしたすてきなおじさまになっていましたよ。(笑)
いろいろ懐かしい曲が聴けるかもしれませんね。^^

投稿: ☆ Schatziさま ☆ | 2013年5月 1日 (水) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/51369122

この記事へのトラックバック一覧です: 六本木 「MERCER BRUNCH」 &カリフォルニアサウンド:

« 国立新美術館 「カリフォルニア・デザイン 1930-1965」 | トップページ | 「天使の分け前」 »