« 歌舞伎座新開場 柿葺落四月大歌舞伎 第二部 | トップページ | 六本木 「MERCER BRUNCH」 &カリフォルニアサウンド »

国立新美術館 「カリフォルニア・デザイン 1930-1965」

国立新美術館で開催れている、「カリフォルニア・デザイン 1930-1965 モダン・リヴィングの起源」展(~6月3日まで)を見に行きました。20世紀半ばにカリフォルニアで発展したミッドセンチュリー・モダンデザインをテーマに、インテリアや工業製品など約250点を展示する大規模な企画展です。

California_2

ミッドセンチュリー・モダンデザインというと、私の中ではキューブリック監督の「時計じかけのオレンジ」や「2001年宇宙の旅」に登場する、住宅やインテリアやファッションのイメージ。当時の人たちが思い描いた近未来といった感じの、レトロでシュールなデザインに惹かれます。

実際、カリフォルニアデザインが世界に知られたのは、新聞や雑誌、そしてハリウッド映画が大きな役割をはたしていたそうです。ミッドセンチュリーのデザインが好きで、当時のカリフォルニアの社会やライフスタイルにも興味があったので、楽しみにしていた企画展です。

California_22 California_24

会場を入ってすぐに、これらのデザインが目に入ってノックアウトされました。(左)オプコ社のアイスガン。氷をクラッシュする道具です。SFアニメに出てきそう。^^ (右)エアストリーム社の”バンビ”というトレイラー。中はキッチンやリビングセットが完備しています。こんな車で旅してみたい。

第二次世界大戦中、カリフォルニアで航空機産業が発展したのにともない、それらの技術や素材が製品作りにも利用され、アルミニウムを使った流線型のデザインが生み出されました。

California_31_3California_27_6

(左)今も人気が高いイームズ夫妻がデザインしたチェア。平らな木の板を滑らかに曲げる「成型合板」という技術を使っていますが、脚をけがした兵士のための、添え木の技術を応用して作ったと知って驚きました。(右)添え木は夫妻の最初の大量生産品で、15万本以上製造されたそうです。

California_5 California_25

(左)ケム・ウェーバーの椅子と机。木とプラスティック、クロムメッキ加工のアルミという異素材の組み合わせ、左右対称でないデザインは、当時画期的だったそうです。(中)アーサー・エスペネ・カーペンターのリブ・チェアは、恐竜の背骨みたい。^^ (右)ジョン・カペルの椅子。

カリフォルニアに最新のデザインを持ち込んだのは、ヨーロッパから移住してきた建築家やデザイナーたちです。また、地理的に近いメキシコやアジアのデザインも取り入れられました。カリフォルニアの温暖な気候や自由な雰囲気は、人々のライフスタイルにも影響を与えました。

California_6 California_14

(左)壁一面をガラスにして屋内外につながりをもたせた開放的な空間、庭にはプールというカリフォルニアスタイルの住宅。(右)庭におく彫刻も個性的。ファイバーグラスで作られたサーフボード、最新鋭のスポーツカーAVANTI(イタリア語で前進という意味)、カラフルな水着なども展示されていました。

California_8 California_10

(左)北欧出身のデザイナー、グロスマンのランプ。(右)今も販売されているイームズの組み合わせ自由な本棚。直線構成とカラフルな色使いがモンドリアンの絵みたい。

California_16_2

会場には映像資料も多かったですが、なんとイームズのチェアにすわってゆったり見ることができます。全部すわり比べてみましたが、どれも体にフィットしてくつろげました。美しいフォルムは、体にとっても理想的な形なのだと実感しました。

なお、5月11日から「ふたりのイームズ」というチャールズ&レイ・イームズ夫妻のドキュメンタリー映画が全国各地で公開されます。こちらも楽しみです。(公式HP

|

« 歌舞伎座新開場 柿葺落四月大歌舞伎 第二部 | トップページ | 六本木 「MERCER BRUNCH」 &カリフォルニアサウンド »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!chair

わ~、私もこの展覧会、絶対に行きたいと思ってます。
セレンディピティさんも行かれるかな~って思ってました。

記事で紹介されてる写真を見るだけでも、本当に素敵ですね。
私もこういうデザインは大好き!!

イームズの椅子、全部座るぞ!!(笑)楽しみ、楽しみ!

見に言ったら、私もまた記事にしてみますね。happy01

投稿: ごみつ | 2013年4月24日 (水) 01時44分

☆ ごみつさま ☆
こんばんは。
カリフォルニアデザイン展、楽しかったです♪
私も、ごみつさん行かれるかな〜?と思っていました。^^

記事では一部しかご紹介できなかったですが
ほかにも、クラフトとかグラフィックとか
いろいろいろあっておもしろかっですよ。
これが、第二次世界大戦中から戦後の時代とは
驚きますよね…。

イームズの椅子もどうぞお楽しみに☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年4月24日 (水) 22時19分

もう、60年以上前からあったデザインということですよね~
驚くほどモダンで美しいです。
最近、昭和の時代が日本では人気ですが、こういったデザインを
見せられると、皆が昔を憧れを持って懐かしむ気持ちが良く分かります。
古いのに新しいデザインという感じですね。

投稿: イザワ | 2013年4月25日 (木) 02時40分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
ミッドセンチュリーのモダンデザイン、すてきですよね!
古くて新しい… まさにそのとおりですね。

当時の日本を思うと、アメリカは
ほんとうに豊かな国だったのだなあ…と改めて思いました。
そしてデザインにも、当時の軍需技術が生かされていたこと
社会的な背景が影響していたことがわかって、興味深かったです☆

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2013年4月25日 (木) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/51329616

この記事へのトラックバック一覧です: 国立新美術館 「カリフォルニア・デザイン 1930-1965」:

» 「カリフォルニアデザイン1930-1965」/国立新美術館 [京の昼寝〜♪]
「カリフォルニアデザイン1930-1965」/国立新美術館 国立新美術館で開催されている「カリフォルニアデザイン」展に行って来ました。 ここ、久しぶりのような気がします写真はもちろんでしたので詳細はHPでご覧下さいこの展覧会は、2011年にロサンゼルス・カウ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 8日 (水) 18時42分

» カリフォルニア・デザイン 1930-1965 モダン・リヴィングの起源 [ごみつ通信]
http://www.nact.jp/exhibition_special/20 [続きを読む]

受信: 2013年6月 3日 (月) 19時46分

« 歌舞伎座新開場 柿葺落四月大歌舞伎 第二部 | トップページ | 六本木 「MERCER BRUNCH」 &カリフォルニアサウンド »