« 水戸(3) 水戸偕楽園 | トップページ | 東銀座でランチ&新しい歌舞伎座へ »

「ヒッチコック」

アンソニー・ホプキンス&ヘレン・ミレン主演の伝記映画、「ヒッチコック」(Hitchcock)を見ました。サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督の知られざる一面と、彼を公私にわたって支えた妻アルマとの絆を、代表作「サイコ」の制作現場を舞台に描きます。

Hitchcock_2

「北北西に進路を取れ」が成功した後、次なる作品のアイデアに頭を悩ませるヒッチコック(アンソニー・ホプキンズ)。実在の連続殺人鬼エド・ゲインをモデルにしたホラー小説「サイコ」に魅せられるも、配給会社のパラマウントはあまりに凄惨な題材に難色を示します。

ヒッチコックは自宅を抵当に入れ、自己資金で映画を製作することを決意。妻アルマ(ヘレン・ミレン)のアドバイスで、ヒロインのジャネット・リー(スカーレット・ヨハンソン)ほかキャストも決まり、いよいよ撮影がスタートしますが…。

Hitch_2

特殊メイクででっぷり太ったアンソニー・ホプキンズの横顔がヒッチコックそっくりで、スチールを見た時から楽しみにしていた作品。「サイコ」は学生時代に見たきりなので、今回久しぶりに再見しましたが、BDにはサイコのメイキング映像も収められていて、思いがけない予習になりました。

その代わりかえって映画のおもしろさが半減してしまうかも?と心配したのもつかの間、本作品はヒッチコック(以下ヒッチ)と妻アルマの夫婦の物語がメインに展開するので、新鮮な気持ちで楽しめました。陰の功労者?殺人鬼のエド・ゲインも、ヒッチの幻影に登場します。^^

夫婦の機微の描き方は絶妙で、うなずける場面も多々ありました。ブロンド美女に傾倒するヒッチがおもしろくなくて、脚本家のウィットと仲良くしてみせるアルマ、そんなアルマにやきもきして内なる怒りを爆発させるヒッチ、といったかけひきは、はたから見るとほほえましい。

そして、アルマはヒッチコックにとって最大の理解者であり、信頼できる助言者であり、強力な相棒だったのだなーということがよくわかりました。天才ヒッチコックと賢妻アルマ、このふたりのみごとなコンビネーションがあったからこそ、数々の名作が生み出されたのだと納得しました。

当時、映倫の制約は今では考えられないほど厳しく、裸やバイオレンスはもちろん、トイレを映すだけでもひと苦労だったそうですが、それを逆手にとって、目に見えない間接的な方法で、観客を不安にさせたり、恐怖を与えたり… 数々のアイデアを生み出すヒッチコックの独創性にうならされました。

有名なシャワーのシーンでは、ヒッチ自らナイフを振りかざして、ジャネット・リーの迫真の演技を引き出すことに成功していましたが、俳優さんたちの能力を最大限に生かすのも監督の大切な仕事のひとつなのでしょうね。

映画は、最初は配給会社の意向で2館でしか公開されない予定でしたが、そこでもヒッチコックのアイデアが功を奏し、結果的には多くの人たちが押し掛ける大ヒット作となりました。初日に劇場を訪れたヒッチが、廊下まで聞こえる観客の悲鳴に大満足、うれしそうに踊る姿がかわいかったです。

Psycho_4

久しぶりの「サイコ」は、今見てもハラハラドキドキ最高におもしろかったです。BDにはメイキング映像が収められていて、関係者たちが制作秘話を明かしています。ジャネット・リーや、ヒロインの同僚役を演じたパトリシア・ヒッチコック(ヒッチコックの娘)もインタビューに登場します。

|

« 水戸(3) 水戸偕楽園 | トップページ | 東銀座でランチ&新しい歌舞伎座へ »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!cherry

「ヒッチコック」に行かれたんですね!私も見たいな~。

いつもコメントをいただているKinkachoさんもこの映画を記事にされてたので、おじゃましてきたところです。
主演の2人はもちろん、ジャネット・リーを演じるスカーレット・ヨハンソンの演技も是非見てみたいな~。

「サイコ」のもとになったエド・ゲインって、Wikiで調べてみたら信じられないくらいおぞましい犯罪者でした・・・。(・・;)
この事件を、ああいう作品に仕上げたヒッチコックってやっぱり天才ですよね~。

投稿: ごみつ | 2013年4月13日 (土) 00時47分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
「ヒッチコック」おもしろかったです♪
実際のヒッチコックは偏執的なところもあっったようですが…
夫婦の絆をメインにすることで、ほんわかと感動的な
作品になっていました。主演の2人はさすがの演技で、
ほんとうに長年連れ添った夫婦みたいに見えましたよ。
スカーレット・ヨハンソンはチャーミングでした。
クラシックなメイクで、昔の女優さんという雰囲気がよく出ていましたよ。
A.ホプキンズは雰囲気でヒッチコックに似せているという感じでしたが
アンソニー・パーキンスを演じた俳優さん(ジェームス・ダーシー)が
とにかくそっくりでびっくりしました。

エド・ゲイン(をモデルにした主人公)を、映画では2枚目の俳優に
演じさせたのも、ヒッチコックのアイデアなんですよね。
凄惨な事件を上質なエンターテイメントに作り上げる才能はさすがですね。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年4月13日 (土) 18時32分

こんばんは。
TBありがとうございます。

中々面白いドラマでしたね。 英国の演技派俳優二人が頑張ってました。
ジャネット・リー役のスカーレット・ヨハンソンはチャーミングなだけではなく、何かオーラを感じる女優ですね。

シャワーのシーンを観て再び「サイコ」がみたくなりました。今BSでヒッチコック映画を色々と放映しているので、順番に見てみようと思っているところです。

投稿: margot2005 | 2013年5月 7日 (火) 21時23分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
「ヒッチコック」、おもしろかったですね。
ヒッチコックの熱烈なファンには、サイコのメイキングは
当然ご存じのことも多いのでしょうが
ヒッチ&アルマという夫婦の物語にすることで
違った視点でのドラマになっていました。
軽いタッチの作品ですが、主演のおふたりの演技はさすがでしたね。
スカーレット・ヨハンソンも好きな女優さんです♪

映画のシャワーシーンは、実際の場面とヒッチコックの妄想とが
短いカットで切り替わっているのが
オリジナルともリンクして、おもしろい演出でした。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2013年5月 8日 (水) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/51155779

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒッチコック」:

» ヒッチコック [ごみつ通信]
Hitchcock2012年/アメリカ (監)サーシャ・ガヴァシ(演)アンソニー [続きを読む]

受信: 2013年4月14日 (日) 01時17分

» 「ヒッチコック(HITCHCOCK)」 と 「The Girl」 [映画の話でコーヒーブレイク]
帰りの飛行機の中で鑑賞した2作品です。 共に「サスペンス映画の神様」アルフレッド・ヒッチコックの知られざる一面を描いています。 「サスペンス映画の神様」「サスペンスの巨匠」としてそっとして置いちゃダメなの? 亡くなって30数年、今さらダークサイドを暴く必...... [続きを読む]

受信: 2013年4月17日 (水) 01時33分

» ヒッチコック [風に吹かれて]
夫の才能を信じて支え続けた賢妻に感謝を [E:wine]公式サイト http://www.foxmovies.jp/hitchcock1959年、新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回 [続きを読む]

受信: 2013年4月17日 (水) 16時16分

» 『ヒッチコック』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ヒッチコック」□監督 サーシャ・ガバシ□脚本 ジョン・J・マクローリン□キャスト アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン■鑑賞日 4月6日(土)■劇場 TOHOシ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 7日 (火) 14時42分

» 「ヒッチコック」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Hitchcock」 2012 USA 1959年。映画の企画探しを初めたヒッチコックは実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説“サイコ”に惹かれ映画にしようと思い立つ。しかし優秀なる映画編集者であり脚本家でもある妻のアルマはこの企画に難色を示す。おまけに映画会社からは、原作が陰惨だと出資拒否されてしまう。途方に暮れた彼は家を抵当に入れてでもこれを作ろうと奔走するのだった… アルフレッド・ヒッチコックに「プルーフ・オブ・マイ・ライフ/2005」「最終目的地/2009」「恋のロンドン狂... [続きを読む]

受信: 2013年5月 7日 (火) 21時14分

» 映画『ヒッチコック』を観て [kintyres Diary 新館]
13-34.ヒッチコック■原題:Hitchcock■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:99分■観賞日:4月24日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:1,800円 □監督:サーシャ・ガバシ◆アンソニー・ホプキンス(アルフレッド・ヒッチコック)◆ヘレン・ミレン(アルマ・...... [続きを読む]

受信: 2013年9月 3日 (火) 23時04分

« 水戸(3) 水戸偕楽園 | トップページ | 東銀座でランチ&新しい歌舞伎座へ »