« 歌舞伎座新開場 杮葺落五月大歌舞伎 第一部 | トップページ | 「ビトレイヤー」 »

「Newsweek」歌舞伎特集 & 歌舞伎座のおみやげ

2週間前に発売されたNewsweek(ニューズウィーク日本版) 5/14号は、「歌舞伎新時代」という特集でした。

Newsweek_3

表紙は、今月京都・南座で上演中の「伊達の十役」で、男女10人を演じて分けていらっしゃる市川海老蔵さん。特集記事には海老蔵さんの特別インタビューがあり、新時代を背負うスターらしい気概と真摯な思いが伝わってきました。

ロバート・キャンベルさんによる記事も興味深かったです。時代が変わり、人々の好みが芝居からTVや映画、日本の伝統から欧米へと変わってもなお、世代を超えて多くの人々を魅了し続ける歌舞伎。そこには、伝統を大切にしながら変革を恐れない、役者さんたちの並々ならない努力があると改めて思いました。

さて、4月、5月の杮落し公演に行って、歌舞伎座で買ったおみやげをまとめてご紹介させていただきますね。おつきあいいただけたら幸いです。

2013052401 2013052402

(左)3階の売店で売っている焼き立てのたい焼き。甘~い香りにつられて、ついつい買ってしまいます。皮は薄めで中には紅白の小さなおもちがひとつずつ入っています。家ではトースターで軽く温めていただきます。

(右)くまどり飴。いわゆる金太郎飴ですが、隈取のお顔になっているのが楽しい。よく見たら6種類のお顔がありました。昔ながらの素朴なお味がおいしくて、クセになります。地下の売店で購入しました。

2013052403 2013052404

(左)中村獅童さんがお好きだという愛媛の山田屋まんじゅう。以前愛媛を訪れた時にもおみやげに買いましたが、デパートなどでも取り扱いがあります。皮は透けるほどにごくごく薄く、あんは淡雪のようにとけそうな繊細な味わい。私も大好きです。

(右)資生堂パーラーのGINZA KABUKIZAサブレ。ココナッツ、チョコレート、セサミの3種類あって、バターたっぷりのリッチな味わい。さくさくとした食感がおいしいです。歌舞伎カラーの缶もスタイリッシュですてき。1階劇場内の売店と、銀座本店のみの取り扱いだそうです。

2013052405

かまわぬさんのてぬぐい。歌舞伎座デザインのものは何種類かありましたが、この杮落しバージョンは今しか手に入らないかもしれない、と思ったので迷わず購入。1階劇場内の売店で見つけました。細密な線画がきりっとしてかっこいいです。

|

« 歌舞伎座新開場 杮葺落五月大歌舞伎 第一部 | トップページ | 「ビトレイヤー」 »

」カテゴリの記事

美味しいもの」カテゴリの記事

コメント

今晩は。cherry

「ニューズウィーク」歌舞伎特集だったんですね。きれいな表紙ですね!
そう言えば、「新建築」っていう雑誌も最新号は新しい歌舞伎座の建築特集でしたよ!

お土産、どれも美味しそうですね!くまどり飴、形が不揃いなのも可愛い!happy01
たい焼きも食べた~い!!

杮落しバージョンの手ぬぐいも記念になりますね。良いお買いものが出来ましたね。

投稿: ごみつ | 2013年5月25日 (土) 01時10分

☆ ごみつさま ☆
Newsweek、この号が出たのは2週間前ですが
表紙が目立ったので思わず手に取りました。
海老蔵さん、女形を演じても美しくて絵になりますね。
歌舞伎座の設計は隅研吾さんですね。
そちらの雑誌も気になります!

おみやげはわくわくするものがたくさんありましたよ。
くまどり飴、かわいいですよね。
表情がひとつひとつ微妙に違ってて、思わず見入ってしまいました。
たい焼きは買って帰りましたが、ほんとうは焼き立てを
はふはふしながら食べるのが一番ですね。
てぬぐいはもったいなくて使えませんが大切にしたいと思います。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年5月26日 (日) 00時02分

日本の伝統、海外でも注目されている証のニューズウィーク登場ですね!
歌舞伎座は観るだけでなくお土産も楽しむことができそうですね。
薄皮まんじょう・・・美味しそうです^^
酒飲みの甘党にはたまりません(笑
今、伝統工芸師さんを撮影していますが、その作品は海外サイトで販売
しています。
やはり海外では、伝統工芸、人気があるようです!

投稿: イザワ | 2013年5月27日 (月) 02時48分

☆ イザワさま ☆
この日も外国のお客様を何人もお見かけしましたが
特に隈取のメイクや派手な立ち回りは歌舞伎独特のもので
楽しんでいただけるのでは?と思いました。

薄皮まんじゅうは繊細なお味で甘さも控えめなので
男女を問わずどなたにも喜ばれると思います。
一口サイズで、ちょこっと甘いものが食べたい
という時にはぴったりですね。

日本の伝統工芸は、職人さんのみごとな技が生きていて
世界に誇れるすばらしいものがたくさんありますね!

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2013年5月27日 (月) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/51755191

この記事へのトラックバック一覧です: 「Newsweek」歌舞伎特集 & 歌舞伎座のおみやげ:

« 歌舞伎座新開場 杮葺落五月大歌舞伎 第一部 | トップページ | 「ビトレイヤー」 »