« 「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」 | トップページ | 三菱一号館美術館 「奇跡のクラーク・コレクション」 »

「リンカーン」

スティーヴン・スピルバーグ監督、ダニエル・デイ=ルイス主演の伝記ドラマ、「リンカーン」(Lincoln)を見ました。国を二分して争う南北戦争の中で、奴隷制度を永久に廃止すべく奮闘する、米国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの姿を描きます。ダニエル・デイ=ルイスの魂の演技がすばらしかったです。

Lincoln_1

1865年1月、長期化していた南北戦争は、北部の勝利がほぼ決定的となっていました。時の大統領リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)は、奴隷制度を永久に廃止すべく「合衆国憲法修正第13条」をまず下院議会で可決するには、戦争終結前の今こそが唯一のチャンスだと考えていました。

修正第13条の可決には議会の3分の2の票が必要であり、リンカーンは国務長官ウィリアム・スワード(デヴィッド・ストラザーン)に議会工作を指示します。同じ共和党の保守派に働きかけて票をまとめ、さらには敵対する民主党議員をも切り崩しにかかりますが…。

Lincoln_4

冒頭、戦場で2人の黒人兵士とリンカーンが、親しい友人同士のように気さくに話をしているシーンに、まずノックアウトされました。奴隷制度の残っていたこの時代に、大統領リンカーンが一兵士にごく自然にねぎらいのことばをかける、このシーンだけで彼の人格が伝わってきました。

兵士のひとりが、「100年後には僕らにも選挙権があるかもしれないな」と言っていましたが、まさか140年後に黒人の血を引く大統領が、それも民主党から登場するとは、想像すらできなかったでしょう。これは未来を知っている私たちへの、監督のちょっとしたユーモアかな?と思いました。

物語は、リンカーンの生い立ちや大統領としての歩みをたどるものではなく、「南北戦争終結までに、奴隷制度を永久に廃止する『合衆国憲法修正13条』を下院議会に可決させる」そのわずか数か月にフォーカスして、展開していきます。

そのための共和党と民主党との駆け引きが物語の中心となりますが、リンカーンが決して清廉潔白というわけではなく、理想の実現のためには、時に手段を選ばず、強引に推し進めていく剛腕の持ち主だったことが、少し意外でもありました。

あまたの意見が渦巻く政界で”民主的に”自分の主張を通すには、少々手荒なことも必要であり、リンカーンはそのことを知り尽くしていたのだろうと思います。手段のために戦争を長引かせるのには少々複雑な思いを抱きますが、大局で見ることのできる政治家だったといえるのかもしれません。

映画の中では、妻メアリー(サリー・フィールド)に今ひとつ共感できなかったのですが、後から彼女は息子たちと次々と亡くし、精神的にかなりまいっていたことを知りました。その代り、リンカーン家に仕える黒人のメイドさん(とてもきれいな女優さん!)と心を通わせる場面が、心に響きました。

史実にかかわるリアリティの部分と、フィクションの部分での心憎い演出の絶妙なバランスは、さすがスピルバーグ監督だなあと思いました。トミー・リー・ジョーンズ演じる議員がいい味を出していて、最後の場面にはほろりとしました。

Lincoln_8

個人的には、昔住んでいたバージニアが物語の主な舞台となっていて、リッチモンド、ピーターズバーグ、アレクサンドリアなど、なじみの地名が次々と登場するのが懐かしく、うれしかったです。映画の撮影も、主にバージニアで行われたようですね。

また、南北戦争に関しては、ニューヨークの学校でプロジェクトのテーマとなったことがあり、南部と北部に分かれてディベートしたのも懐かしい思い出です。その後、ワシントンを旅した時に、国立公文書館に憲法や修正条項を見に行ったことなど、映画を見て、いろいろ記憶が蘇ってきました。

|

« 「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」 | トップページ | 三菱一号館美術館 「奇跡のクラーク・コレクション」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

私も先日、「リンカーン」行ってきました!
この映画は、ダニエル・デイ・ルイスの見事な演技によって成立している映画でしたよね!
もしろん素晴らしい俳優さんだとは思ってたけど、今回の演技は本当に見事でした。shine

映画自体はスピルバーグらしくオーソドックスだし、それでありながら大げさな演出もなく、とても良い作品でした。美術も素晴らしかった。

私も今回はじめて知ったのですが、リンカーンの奥さんは悪妻で有名なんですね。この映画では、彼女の人間性もきちんと正面から見つめて描いてて、彼女の行動を観客も理解できる様にしてあったのが、スピルバーグの優しさだし、リアリズムだと思いました。

またお休みの日にでも私も記事にしてみようと思ってます。
あれこれ、勉強にもなりました。happy01

投稿: ごみつ | 2013年5月11日 (土) 22時52分

主演のダニエル・デイ=ルイスさんがアカデミー賞史上初の
3回主演男優賞を受賞した作品ですよね。
それに、各部門賞に最多ノミネートということは、アカデミー賞は
逃したものの、面白い作品という証明ですね。
まだ、観れていませんが、楽しみにしている映画です。

投稿: イザワ | 2013年5月12日 (日) 02時37分

☆ ごみつさま ☆
こんばんは。
リンカーン、よかったですよね☆
2週間くらい前に見たのですが、バタバタしていて
記事にするのがすっかり遅くなりました。^^;
ダニエル・デイ=ルイスの、姿形というより魂がそのまま宿ったような
演技がすばらしかったですね。リンカーンその人に見えました。
デイ=ルイスほど話題になっていませんでしたが
サリー・フィールドも、かなり研究されていたようです。
どちらもすばらしいキャスティングでした。

リンカーンの生涯を追うのでなく、フォーカスをしぼったことで
かえって深い人間ドラマ、歴史ドラマになっていたように思いました。
スピルバーグ監督の真摯な思いが伝わってくる作品でした。

ごみつさんの記事も、楽しみにしています♪

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年5月12日 (日) 23時17分

☆ イザワさま ☆
こんばんは。
ダニエル・デイ=ルイスの演技のすばらしさもあって
重厚で見応えのある歴史ドラマでした。
エンターテイメントとしてのおもしろさとは
ちょっと違いますが、見てよかったと思いました☆

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2013年5月12日 (日) 23時26分

アメリカにおけるリンカーンが特筆されるのは、それまでゆるやかな州政府の連合組織に過ぎなかったアメリカ政府を強固な権限をもった統一政府に変えたが故です。奴隷解放なんて内戦を有利に戦うための一手段に過ぎません。第一彼は大のインディアン嫌いで人種平等論者ではありません。その証拠に解放された黒人奴隷の生活には無関心で、放置された解放黒人奴隷たちのなかには、少なからず元の奴隷農場に戻っています。
南北戦争は近代史に特筆すべき残酷な戦争で、後のアメリカ軍の冷徹で残酷な世界戦略にも大きく影響を残していると思います。
いい加減、日本の歴史教科書はリンカーンの評価を見直すべきでしょう。

投稿: ヌマンタ | 2013年5月13日 (月) 13時05分

☆ ヌマンタさま ☆
こんにちは。
アメリカの教科書でも、リンカーンは奴隷解放宣言をし
国家分裂の危機を救った英雄として描かれていますし
ワシントンと同じく、神格化されている部分があると思います。
政治家として奴隷解放をひとつの戦略として使ったのは事実でしょうが
それによって、人種平等への一石が投じられたのも
また事実だと思います。
洋の東西を問わず、過去は往々にして都合よく書き換えられて
しまうことがあるので、注意は必要ですね。

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2013年5月13日 (月) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/51546186

この記事へのトラックバック一覧です: 「リンカーン」:

» リンカーン [ごみつ通信]
Lincoln2012年/アメリカ (監)スティーブン・スピルバーグ(演)ダニエ [続きを読む]

受信: 2013年5月13日 (月) 15時18分

» リンカーン [風に吹かれて]
憲法修正案を可決せよ公式サイト http://www.foxmovies.jp/lincoln-movie原作: Team of Rivals:The Political Genius of Abra [続きを読む]

受信: 2013年5月15日 (水) 08時56分

» リンカーン [映画の話でコーヒーブレイク]
楽しみにしていたスピルバーグ監督による「リンカーン」。 早く見たいと思いながら、連休中にも時間が取れず、休み明けにようやく鑑賞。 早くいかないと終わっちゃうんじゃない?と危惧しつつ、 公開から随分経っていたので席は空いているんじゃないかな〜?と映画館に足...... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 00時47分

« 「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」 | トップページ | 三菱一号館美術館 「奇跡のクラーク・コレクション」 »