« 六本木 「CUCINA BUONA ITALIANA KNOCK」 | トップページ | 「オブリビオン」 »

「プレイス・ビヨンド・ザ・パインス/宿命」

ライアン・ゴズリング&ブラッドリー・クーパー主演のヒューマンドラマ、「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」(The Place beyond the Pines)を見ました。強盗に手を染める天才ライダー、彼を追いつめる野心家の警官、そして15年後に出会うふたりの息子たちという3つの物語が流れるように展開します。

Pines_1

移動遊園地のバイクショーで働く天才ライダー ルーク(ライアン・ゴズリング)は、巡業先でかつての恋人ロミーナ(エヴァ・メンデス)と再会。彼女がひそかに自分の息子を産んでいたことを知り、2人を経済的に支えようと、銀行強盗に手を染めます。

しかし、何度も犯行を繰り返すうちにミスをして、新米警官のエイヴリー(ブラッドリー・クーパー)に追い詰められ、誤って射殺されてしまいます。ルークに自分と同じく息子がいたと知り、エイヴリーは苦悩しますが、皮肉にもこの捕物によって英雄となり、出世への道を歩いていきます。

そして15年後、何も知らないルークの息子ジェイソン(デイン・デハーン)は、転校してきたエイヴリーの息子AJ(エモリー・コーエン)と親しくなりますが、やがて実の父ルークがエイヴリーによって射殺されたという事実を知ります…。

Pines_4

ライアン・ゴズリングとブラッドリー・クーパーという、今最高にのっている演技派のふたりが主演ということで楽しみにしていた作品。140分という長丁場ながら、3つにわたる物語は見応えがあり、だれることなく最後まで引き込まれました。見た後も静かな余韻に満たされる、心に染み入る作品でした。

全身タトゥーを彫り込み、バイクショーで命がけのアクロバットをするルークは、ライアン・ゴズリングにぴったりの役どころ。思いがけず息子の存在を知ったルークは、移動遊園地の仕事を辞めてこの地に残り、不器用にせいいっぱい彼なりのやり方で父親らしく愛情を注ごうとします。

お金を得るために銀行強盗となる、その思考回路に全く共感はできないものの、そういう形でしか父親の愛情を示せないルークが、(おそらく彼自身の不幸な生い立ちからきているのだと思いますが)悲しくて、切なくて、胸がしめつけられました。

Pines_3

一方のエイヴリーは法曹界にいる父親に反発し、一度は警官の道に進むものの、組織の不祥事に巻き込まれそうになり、内部告発して警察を離れます。そして結局は父の助けを借りて、州の司法長官をめざすことになります。

スーツをぱりっと着こなすブラッドリー・クーパーは、若い頃のレイフ・ファインズを彷彿とさせる雰囲気でなかなかすてきでした。エイヴリーは決して清廉潔白というわけではなく、したたかさを持ち合わせた典型的な政治家タイプ。それでもルークの存在が、常に彼の心の十字架になっていたと知り、救われる思いがしました。

Pines_5

ジェイソンとAJのパートは、どうしても親目線で見てしまって、危なっかしくて心配ではらはらしました。アメリカの青少年を巣食う、ドラッグの闇も垣間見えたりして…。

これは、父から子へと引き継がれる因果をテーマにした作品。最後に自分自身の気持ちに決着をつけて、バイクで走り去るジェイソンの後姿はさわやかでしたが、彼の行く手に幸せが待っていますように、と願わずにはいられませんでした。

|

« 六本木 「CUCINA BUONA ITALIANA KNOCK」 | トップページ | 「オブリビオン」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

今晩は!

へ~、この作品も公開されてるの知りませんでした。
情報に疎くなっちゃててダメですね。sweat01

オフィシャルページ見てみましたが、とっても面白そうです。もしも時間がとれたら見てみたいな。

ライアン・ゴズリングってそうハンサムでもないのに、何でこう魅力的なんでしょうね!?heart

投稿: ごみつ | 2013年6月 7日 (金) 01時00分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
この作品、上映館は少ないのですが
初日に行ったら、ほとんど満席でした。
これもライアン人気かしら??
私はこの作品、とっても気に入りました!

ライアン・ゴズリングとブラッドリー・クーパー
タイプは全く違いますが、それぞれ魅力的でしたよ。
ライアンは、「ドライヴ」みたいな役が多いのが気になりますが…

同じ監督さんでライアンと初めてタッグを組んだ
「ブルー・バレンタイン」も見てみたいです。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年6月 7日 (金) 08時47分

ラストのジェイソンを、しっかり生きろよ~と手を振る気持ちで見送りました。

投稿: 風子 | 2013年6月11日 (火) 12時55分

☆ 風子さま ☆
こんにちは♪
この作品、すごくよかったですね。

お父さんのルークの分も
ジェイソンには幸せになって欲しいです☆

投稿: ☆ 風子さま ☆ | 2013年6月12日 (水) 15時17分

こんばんは。

この作品はとても良かったです。主演の俳優たちは素晴らしかったし、3代にわたる人間ドラマも見応えありました。
ライアン・ゴズリングは破滅的な役柄が似合いますね。「ブルーバレンタイン」の彼も中々でした。
ブラッドリーは反対にリッチな家柄出身という役柄が似合ってました。
レイフ・ファインズ...そうですか。そういや少し似てますかね。確かにぱりっとしたスーツに合いますね彼。
決して清廉潔白でないはないエイヴリーは、おっしゃるようにルークの十字架背負っていたでしょうね。息子ジェイソンとの出会いは予期せぬ出来事でさぞ辛かったに違いありません。

投稿: margot2005 | 2013年6月30日 (日) 18時42分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
私もこの作品、とっても気に入りました♪

> ライアン・ゴズリングは破滅的な役柄が…
ほんとうに似合いますね。ただ、どうもイメージが固定しがちに
なってしまっているのが気になるところです。
「ブルーバレンタイン」あれから見ました。
かなりきつい作品ですが、ライアンとミシェル・ウィリアムスの
熱演もあって、見応えのあるドラマになっていましたね。

ブラッドリー、すてきでしたね!
「世界にひとつのプレイブック」の時は今ひとつノリきれなかったのですが
この作品で好きになりました。
傍からは順風満帆に見えて、内面に葛藤を抱えている
複雑な役どころをみごとに演じていましたね。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2013年7月 1日 (月) 12時12分

セレンさん☆
うわー、何だかセレンさんが紹介されると、ぐっと素敵な映画に感じますね。
内容の説明が実に魅力的です。
息子たちのターンは、実際息子を持つ身としては、ハラハラしちゃいますよねぇ。
ラストのシーンではまさに幸せを願うばかりですが、幾多の困難もきっと乗り越えてくれる信じずにはいられません。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015年3月21日 (土) 00時34分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
わー、そんな風に言っていただいて恐縮です。
2年前に見ましたが、不思議と心に残る作品でした。
まだ~むさんのおかげで懐かしく思い出しました。
ご紹介くださって、ありがとうございます☆

息子たちのターンは、ほんとうにハラハラものでしたね。
ジェイソンには自分の道を見つけて、父ルークの分まで
幸せになって欲しい...と願わずにはいられませんでした。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2015年3月21日 (土) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/51917431

この記事へのトラックバック一覧です: 「プレイス・ビヨンド・ザ・パインス/宿命」:

» プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 (試写会) [風に吹かれて]
息子よ公式サイト http://finefilms.co.jp/pines5月25日公開上映時間141分監督: デレク・シアンフランス  「ブルーバレンタイン」移動遊園地で曲芸バイクショーをしながら各 [続きを読む]

受信: 2013年6月 6日 (木) 11時53分

» 「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Place Beyond the Pines」 2012 USA 天才ライダーのルークは移動遊園地で死をもいとわぬ危険なバイクショーを日々の糧とし、一人孤独に生きている。そんな彼がある日偶然、かつての恋人ロミーナと出会う。ロミーナに自分の子供がいることを知ったルークは、バイクショーの仕事を辞め彼女の住む町へと向かう。しかしロミーナには夫がいた。 一方で新米警察官のエイヴリーは初仕事で銀行強盗ルークを追いつめる... ルークに「ラースと、その彼女/2007」「ブルー・バレンタイ... [続きを読む]

受信: 2013年6月30日 (日) 18時33分

» 映画:プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 The Place Beyond the Pines 不幸のループ増殖に戦慄。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
チェーンスモーキングするかのように、主人公と思っていた人物がするっと入れ替わるという、斬新な構造。 下手打つと、とんでもなくバラバラな映画になってしまいそうだが、今作はスムーズに演出されている。 流石! 「ブルーバレンタイン」の監督デレク・シアンフラン...... [続きを読む]

受信: 2013年7月 1日 (月) 00時51分

» 父の背中を~『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』 [真紅のthinkingdays]
 THE PLACE BEYOND THE PINES  天才的なバイクのドライビング・テクニックを持つルーク(ライアン・ゴズリング) は、サーカスの曲乗りで生計を立てる流れ者。ある日、かつての恋人ロミーナ...... [続きを読む]

受信: 2013年7月 2日 (火) 21時33分

» 「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」 [ここなつ映画レビュー]
ライアン・コズリングを観たくて鑑賞。私の中でライアン・コズリングは「君に読む物語」の人ではなくて、「ドライヴ」で強烈な犯罪者役者としてのデビューを飾り、「L.A.ギャングストーリー」でそのポジションを不動のものとした、とにかくイケてる犯罪者。そして女を守る男。色んな意味で女好き。車やバイクを手足のように操り乗り回し、華麗なガン捌き。とまあ、色んなものが混じってる訳ですが。 でも今回のライアン・コズリングは、相変わらずカッコ良くて、バイクをぶんぶん乗り回し、挙句に銀行強盗にも手を染める役なん... [続きを読む]

受信: 2013年10月 4日 (金) 11時32分

» プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命  THE PLACE BEYOND THE PINES [映画の話でコーヒーブレイク]
何とも長くて映画の内容を想像しづらい題名です。 「松の木々の向こう側の場所」…? 映画の舞台になるニューヨーク州で9番目に大きい街「スケネクタディ」をモホーク語にしたものだそう ですが、アメリカ人はこの題名を見ただけで何かを思い描くのかしら? ライアン・ゴ...... [続きを読む]

受信: 2014年2月26日 (水) 09時39分

» プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命 [ごみつ通信]
The Place Beyond The Pines 2012年/アメリカ (監 [続きを読む]

受信: 2014年4月10日 (木) 19時54分

» プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 (The Place Beyond the Pines) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 デレク・シアンフランス 主演 ライアン・ゴズリング 2012年 アメリカ映画 140分 ドラマ 採点★★★ そんな所が特に目に付いてしまうだけなんでしょうけど、子供ってのはホント似て欲しくない所ばかり似てきますよねぇ。似て欲しい所はさっぱり似ない。自分を…... [続きを読む]

受信: 2016年4月22日 (金) 15時20分

« 六本木 「CUCINA BUONA ITALIANA KNOCK」 | トップページ | 「オブリビオン」 »