« サブブログのお知らせ &冷たいおやつ | トップページ | ビル・グレンジャーのレシピから »

「終戦のエンペラー」

敗戦直後の日本を舞台に、マッカーサー元帥が昭和天皇の戦争責任を回避するまでのいきさつを描いた歴史ドラマ、「終戦のエンペラー」(Emperor)を見ました。監督は、「真珠の耳飾りの少女」のピーター・ウェーバー監督。トミー・リー・ジョーンズはじめ、日米の名優たちが共演しています。

Emperor_9

1945年8月30日。GHQの司令官マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が、降伏を受け入れた日本を統治するために厚木基地に降り立ちました。彼は、親日家である部下のフェラーズ准将(マシュー・フォックス)に、太平洋戦争の真の責任者を調査するよう命じますが…。

Emperor_6

敗戦直後の日本や、天皇の戦争責任というデリケートな問題が、アメリカ映画でどのように描かれるのか興味があったので、見に行きました。日本の俳優さんたちがたくさん出演しているので楽しみにしていましたが、日本人の心に静かに染み入る作品でした。

日本で作れば深刻で重くなりがちなテーマですが、登場人物をしぼり、戦争に引き裂かれるロマンスを交えることで、シンプルでソフトな仕上がりになっています。日本になじみのないアメリカ人や、若い人たちにもわかりやすく描かれているので、多くの方に見てもらえたらなと思いました。

マッカーサーを演じるのは、BOSSのCMでおなじみのトミー・リー・ジョーンズ。存在感と貫禄があり、親日家の彼が演じるのはぴったりのキャスティングだと思いました。冒頭、トレードマークのパイプをくわえて厚木基地に降り立つ場面は、ニュース映像の記憶と重なり、ぞくっと興奮を覚えました。

物語は、マッカーサーの部下フェローズ准将を通じて展開していきます。本国の意思に反して、日本統治のために天皇に戦争責任を問うべきではないと考えていたマッカーサーは、日本を愛し、日本に対して特別な思い入れのあるフェローズに、真相を探る任務を託します。

フェローズは早速、東條英機(日野正平)、近衛文麿(中村雅俊)、木戸幸一(伊武雅刀)、関谷貞三郎(夏八木勲)に会い、調査を進めていきますが、うれしかったのは、これら日本人たちが、戦争に負けても誇り高く、毅然とした存在として描かれていたこと。

特に、近衛文麿の「私たちは、あなた方と同じことをしただけだ。どうして私たちだけが裁かれなければならないのか。」云々ということばには、よくぞ言ってくれた!と胸のすく思いがしました。リップサービスだとしても、アメリカ映画にこういうセリフがあること自体が画期的で、意味のあることだと思いました。

フェローズがかつての恋人アヤ(初音映莉子)の消息を探すのはサイドストーリーではありますが、これによって焦土の東京や、戦争の悲劇が描かれていたのはよかったです。陸軍大将であるアヤの叔父(西田敏行)がフェローズに日本の心を説く場面も、心に響きました。

そしてクライマックス。フェローズの報告書を読んでもすっきりしないマッカーサーは、結局、昭和天皇(片岡孝太郎)本人に会うしかないという結論に達します。戦争を起こしたかもしれない君主。しかし、マッカーサーは天皇と向き合い、おことばを聞くことで、すべてを理解するのです…。

事前に、陛下のお体に触れてはいけない、写真を撮ってはいけない、と忠告されていたのに、それをことごとく無視して、握手と記念撮影で最大級の信愛を示すマッカーサーのホスピタリティに、新しい時代の幕開けを感じました。

Emperor_3

|

« サブブログのお知らせ &冷たいおやつ | トップページ | ビル・グレンジャーのレシピから »

映画」カテゴリの記事

コメント

今晩は。

私もこれ見たいんですよね~。

昭和天皇が主人公の映画だとけっこう前に「太陽」っていうロシア映画(!)がありましたが、それも良かったですよ。イッセー尾形が昭和天皇を演じてました。未見だったら是非いかがですか?

http://green.ap.teacup.com/0471/161.html

この映画は日米合作なので、是非、日本人の手で描いた終戦にまつわるドラマを見てみたいです。
8月は見たい映画がたくさんあるので、何とか時間つくれれば良いな~。
happy01

投稿: ごみつ | 2013年7月30日 (火) 20時42分

はじめまして。セレンディピティさま。
el cielo azul のakiと申します。
(URLが不正とのことリンク出来ずに失礼します。)
お伺いするのが遅くなりましたが、なんとも嬉しい記事です♪
戦争解釈は国によって二分し、焦点のあてかたやセリフひとつがしっくりこなかったりするのでどうかなぁと思い迷っていました。
知りたい辺りが気持ちよく伺えてありがとうございます。
8月は公開映画殺到でどれを見に行こうか嬉しい悩みどころです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: aki | 2013年7月31日 (水) 11時49分

終戦という言葉にひっかかりを感じてしまいます。なぜ敗戦という事実を誤魔化すのか、そのあたりの意識に欺瞞を感じざるを得ません。
ちなみにアメリカって妙に王とか貴族に奇妙な憧れがあるみたいですね。自由と民主主義とは相反する存在が王ですが、ときおりアメリカの知識人たちに王に対する反感と憧れの矛盾した文章を目にすることがあります。実際、王の城とか家財などを模したものが一番売れるのがアメリカですから。

投稿: ヌマンタ | 2013年7月31日 (水) 13時24分

☆ ごみつさま ☆
こんばんは。
終戦のエンペラー、日本人にはなかなか心に沁みるお話でした。
お時間がありましたら是非。

「太陽」はロシア映画なのですね。@@
日本でもアメリカでもない第3者の立場から…というのが
興味深いですね。見てみたいです。
天皇役はイッセイ尾形さんなんですね。^^

「日本のいちばん長い日」という日本映画はご存じですか?
こちらも気になっています。

ごみつさんの「太陽」のレビューを拝読しても思いましたが
こういう作品を見ると、ふだんはほとんど意識していない
愛国心を刺激されて、あ~日本人なんだな~と気づかされます。^^

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年8月 1日 (木) 01時06分

☆ akiさま ☆
akiさん、こんばんは。
コメント、どうもありがとうございます。

akiさんも、この作品、気になっていらしたのですね?
天皇の戦争責任を、アメリカやマッカーサーがどのように見ていたのか
わかりやすく描かれていてよかったです。
奈良橋陽子さんという日本人のプロデューサーの方が
関わっていらっしゃるので、日本や日本人の描写も
あれ??と思うところがなくて、ほっとしました。^^

お忙しくしていらっしゃるので、お返事はどうぞお気になさらず。
またお邪魔させていただきますね。
これからも、どうぞよろしくお願いします☆

投稿: ☆ akiさま ☆ | 2013年8月 1日 (木) 01時26分

☆ ヌマンタさま ☆
こんばんは。
たしかにアメリカは、王族を否定しつつも憧れがあるのかもしれませんね。
先日のイギリスのロイヤルベビー誕生の時も
アメリカのメディアの騒ぎぶりはすごかったですし。
(どちらかというと、ハリウッドスターに対するのと
同じ感覚なのかもしれませんが…)
一方、王政を失ったフランスは、後悔とはいわないまでも
ちょっぴりうらやむ気持ちがあるような気がします。
王族・皇族って国民の心をひとつにする不思議な力がありますね。

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2013年8月 1日 (木) 01時41分

この夏にみたい映画の一つです。
戦後10数年しかたっていない時に生まれ、
子どもの頃は、まだ、テレビでも戦争もののドラマなどが
結構多かったように覚えています。
最近は、殆ど戦争関係のドラマなどはありませんね。
実感として、すでに戦争は今や歴史になっていますが、当時は
まだ、歴史ではなかったのだと思います。
是非、観に行きたいと思っています。

投稿: イザワ | 2013年8月 1日 (木) 02時59分

☆ イザワさま ☆
おはようございます。
今でも夏になると、戦争を題材にした映画やTVドラマが
公開・放映されていますよ。
今年の映画でいえば、この「終戦のエンペラー」のほか
ジブリの「風立ちぬ」、8月には「少年H」が公開予定です。
年中行事のような感覚?ですが、この時期に戦争を
振り返ってみるのもいい機会かもしれませんね。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2013年8月 1日 (木) 08時49分

セレンディピティ さんcherry

こんばんは!
昨夜、こちらにお返事忘れてました。coldsweats01

「日本のいちばん長い日」見ましたよ。かなり前なんでブログ記事はないのですが、見ておいて損はない作品だと思います。ポツダム宣言受諾までの間に起きた軍部のクーデターを描いた作品です。

あとはドキュメンタリーが苦手でなければ小林正樹監督の「東京裁判」もお勧めですよ。ちょと長いんですけどね。flair

投稿: ごみつ | 2013年8月 3日 (土) 00時09分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
お返事、ありがとうございます♪

ごみつさん、やはり「日本のいちばん長い日」をご覧になっていたのですね☆
私もこれは是非見ておきたい、と思いました。
DISCASでも扱っているようので、今度借りてみますね。
文藝春秋の原作も気になりますが、まずは映像から。

東京裁判については、山崎豊子さんの「二つの祖国」で読んだ時に、
結構たいへんでめげそうになりましたが(半分読み流してしまいましたが^^;)
ご紹介くださった映画、いつかがんばって見てみたいです。
覚えておきますね。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年8月 3日 (土) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/52640350

この記事へのトラックバック一覧です: 「終戦のエンペラー」:

» 終戦のエンペラー (試写会) [風に吹かれて]
平和のために 耐え難きを耐え 忍び難きを忍んで公式サイト http://www.emperor-movie.jp7月27日公開原作: 終戦のエンペラー/陛下をお救いなさいまし (岡本 嗣郎著/集英社文 [続きを読む]

受信: 2013年7月31日 (水) 15時36分

» 終戦のエンペラー [映画的・絵画的・音楽的]
 『終戦のエンペラー』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)戦前のことを取り上げたアニメ『風立ちぬ』を見たことでもあり、また出演する俳優の顔ぶれもなかなかなので、映画館に足を運びました。  本作は、マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)らを乗せた米...... [続きを読む]

受信: 2013年8月 6日 (火) 21時04分

» 映画「終戦のエンペラー」これこそ、邦画で見たかった [soramove]
映画「終戦のエンペラー」★★★☆ マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ 西田敏行、初音映莉子、桃井かおり 伊武雅刀、羽田昌義、火野正平 中村雅俊、夏八木勲出演 ピーター・ウェーバー監督、 107分、2013年7月27日より全国公開 2013.アメリカ、松竹 (原題/原作:陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ/岡本嗣郎著 ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映... [続きを読む]

受信: 2013年8月 8日 (木) 07時13分

» 終戦のエンペラー 象徴天皇となった一つの要因がよく理解できた [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=39 うち今年の試写会5】 岡本嗣郎著「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」を原作として、アメリカで作られた作品(邦画ではないのだ、てことは映画館で気付いた)  1945年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し、第二次世界大戦が終結する。その直...... [続きを読む]

受信: 2013年8月13日 (火) 10時57分

» 終戦のエンペラー / Emperor [勝手に映画評]
毎年8月頃になるとこの手の戦争ものが出てきますが、こう言う視点での話は初めてではないでしょうか。実語を下にしたフィクションです。 “アヤ”と言うのは架空の人物ですが、河井道と言う女性と一色ゆりと言う女性をモデルにしているようです。フェラーズが大学で会った...... [続きを読む]

受信: 2013年8月13日 (火) 22時08分

» 『終戦のエンペラー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「終戦のエンペラー」 □監督 ピーター・ウェーバー□脚本 ベラ・ブラシ□原作 岡本嗣郎□キャスト マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、       片岡孝太郎、中村雅俊、夏八木勲、桃井かおり ...... [続きを読む]

受信: 2013年8月15日 (木) 09時27分

« サブブログのお知らせ &冷たいおやつ | トップページ | ビル・グレンジャーのレシピから »