« 銀座 「オイスターテーブル」 | トップページ | 干し野菜とツナのトマトパスタ »

東京ステーションギャラリー 「エミール・クラウスとベルギー印象派」

昨年秋にリニューアル・オープンした東京ステーションギャラリーに、「エミール・クラウスとベルギー印象派」展(7月15日にて終了)を見に行きました。日本の近代西洋絵画に影響を与えたベルギー印象派の画家、エミール・クラウスの日本初の展覧会です。

Emile_claus_12

エミール・クラウスは、フランス印象派の影響を受け、独自のルミニスム(光輝主義)というスタイルを確立して、19~20世紀にかけて活躍した画家です。日本からは太田喜二郎、児島虎次郎という2人の画家がベルギーに留学し、クラウスに師事しました。

以前、倉敷の大原美術館を訪れた時に、児島虎次郎が倉敷紡績の大原孫三郎氏の支援で留学し、その際ヨーロッパ各地で収集したすばらしい美術品の数々が大原美術館のコレクションの礎になった、というエピソードに感銘を受けたので、今回のクラウスの展覧会を楽しみにしていました。

本展では、クラウスの代表作品のほか、フランスからベルギー、そして日本へと印象派が影響を与えていく過程を見ることができて、興味深かったです。いくつか印象に残った作品をご紹介させていただきますね。

Emile_claus_16_2

ベルギーの画家、アンナ・ド・ウェールトの「夏の朝」。モネの「積みわら」を思い出しますが、モネより輪郭くっきりで、細かく描きこまれていて、力強さを感じました。

Emile_claus_14

エミール・クラウスの「そり遊びをする子どもたち」。横2m以上ある大きな作品です。雪の白と氷の白の質感の違いがみごとに描き分けられていて感動しました。冬の弱々しい陽に照らされて、淡くピンク色に輝く氷面が美しかったです。

Emile_claus_5

同じくクラウスの「レイエ川の水飲み場」。なんともいえないグリーンの美しさに心を奪われました。牧歌的な川の風景に気持ちが安らぎます。クラウスには、故郷のレイエ川を描いた作品がいくつもありました。

Emile_claus_6   Emile_claus_17_2

(左) エミール・クラウス 「ウォータールー橋、黄昏」
(右) モネ 「霧の中の太陽(ウォータールー橋)」

同じ主題の作品ですが、どちらもすばらしかったです。

Emile_claus_18  Emile_claus_9

(左) 児島虎次郎 「和服を着たベルギーの少女」
(右) 太田喜二郎 「麦秋」

(左)大原美術館以来、久しぶりの再会です。華やかな色使いに気持ちが浮き立ちました。(右)クラウスは、本展のポスターにもあるように、光の方を向き、人物を逆光で描いた作品が特徴的です。この作品にも師であるクラウスの影響がはっきりと感じられました。

2013071801 2013071802

東京ステーションギャラリーは、東京駅丸の内北口の構内にあります。2階の展示室と階段は、古い煉瓦の壁をそのまま生かした作りで、倉庫のギャラリーのような趣がありました。

|

« 銀座 「オイスターテーブル」 | トップページ | 干し野菜とツナのトマトパスタ »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

東京ステーションギャラリーですか
興味があるタッチの印象派の絵画です。
しかし、お詳しいですね。
いつも幅広い知識で色々な見方で芸術を観られていて
素晴らしいですね!

投稿: イザワ | 2013年7月21日 (日) 01時46分

☆ イザワさま ☆
こんばんは。
エミール・クラウスの作品を見るのは初めてでしたが
光あふれる美しい色使いに魅せられて、いっぺんでファンになりました。
2年前に大原美術館を訪れた時に、児島虎次郎さんのエピソードを知って
感銘を受けたのですが、虎次郎さんのお師匠さんということで、
これは是非見に行かなくちゃ、と楽しみにしていました。
東京ステーションギャラリーも駅舎の雰囲気を生かした
すてきな美術館でしたよ。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2013年7月21日 (日) 22時00分

こんばんは。cherry

ステーションギャラリー、リニューアルオープンしてたのですね。
以前の古い感じも良かったけど、今度是非足を運んでみようと思います。

エミール・クラウスっていう画家の名前、今回はじめて知りましたが、光を感じる明るい色調が美しいですね~。

児島虎次郎も太田喜二郎も、はじめて聞く名前でした。日本にも、これほどの印象派絵画を描ける作家がいたのですね・・。記事にアップされてる2つの絵もとてもきれいです。shine

そう言えば、モネのウォータールー橋、連作の中の1つが先日、絵画泥棒の母親に燃やされちゃいましたよね。(証拠隠滅しようとして)何だか、ものすごくショックでした。

投稿: ごみつ | 2013年7月21日 (日) 22時34分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
東京ステーションギャラリー、昨年秋にリニューアルオープンして
今回2回目の展覧会でした。古い煉瓦の壁を生かした作りで
特に3階から2階への階段のところがすてきでしたよ。

エミール・クラウスの絵画、私も今回初めて見ましたが
明るい色調がほんとうにきれいでしたよ!
私はとっても気に入りました。

児島虎次郎さんと太田喜二郎さんの作品もすばらしかったです。
印象派の技法を取り入れつつも、日本をテーマに描いていらっしゃる
ところが、またすてきだな~と思いました。

名画の焼却事件は、ショックでしたね。
罪を軽くすることにして、こっそり返して欲しかったです。weep

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年7月22日 (月) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/52501077

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ステーションギャラリー 「エミール・クラウスとベルギー印象派」:

« 銀座 「オイスターテーブル」 | トップページ | 干し野菜とツナのトマトパスタ »