« AS CLASSICS DINER @六本木 | トップページ | ピニャコラーダ・パンケーキ & レモン・ブルーベリー・ブレッド »

国立新美術館 「アメリカン・ポップ・アート展」

国立新美術館で開催されている、「アメリカン・ポップ・アート展」(~10月21日まで)を見に行きました。世界的なコレクターであるジョン&キミコ・パワーズ夫妻が所有する、1960年代を代表するアメリカン・ポップアート約200点を堪能しました。

American_pop_art_1_2

日本美術や現代美術のコレクターとして知られるジョン&キミコ・パワーズ夫妻。特にアメリカン・ポップアートは、評価が確立する以前からアーティストたちを積極的に支援し、その発展に大きく貢献して、世界最大級のコレクションを築かれました。

今回公開される作品はどれもポップアート界を代表する大作ばかりですが、すべてパワーズ夫妻の個人のコレクションで、コロラドのご自邸に飾って楽しんでいらっしゃるのだそうです。映像コーナーでは、キミコさんによるアーティストたちとの貴重な交流のエピソードもうかがえて楽しかったです。

フライヤーに描かれているのは、アンディ・ウォーホルの「200個のキャンベル・スープ缶」。アメリカン・ポップアートは、アメリカの大量消費社会をテーマにしていますが、この絵を見ると、アメリカのスーパーの棚の端から端まで、スープ缶がびっしりと並ぶ情景が思い浮かびます。

American_pop_art_8_2

ジャスパー・ジョーンズの「旗」。星条旗を絵に描くなんて、だれが思いつくでしょう。もともと2次元のものを、あえて2次元に描く発想に意表を突かれます。ジョーンズの作品は、このほか、標的、地図、数字、アルファベットのシリーズなど、代表作が充実していました。

American_pop_art_5

クレス・オルデンバーグの「ジャイアント・ソフト・ドラム・セット」。立体作品です。柔らかくぐにゃりと崩れたドラムセットは、子どものおもちゃみたいで楽しい。

American_pop_art_7

ロイ・リキテンシュタインの「鏡の中の少女」。はじける笑顔がいいですね。キミコさんのお話では、ロイは彼が描くようなブロンドのアメリカンな美女が好きで、ご結婚されたのもこういうお嬢さんだったそうです。^^

American_pop_art_12_2

こちらもロイの作品で、「化学による平和Ⅰ」。ロイといえばコミック画の印象が強いですが、この作品からは工業化社会に対するメッセージが伝わってきました。アールデコのデザインと、ロイらしいビビッドな色使いがみごとに調和しています。

American_pop_art_10_2

そして、ロイの「大聖堂シリーズ」には、あっ!と意表をつかれました。モネの「ルーアン大聖堂」を、ロイお得意のベンディ・ドット(点々模様)で表現しています。なるほど、ロイのベンディ・ドットは、印象派の点描画法を現代によみがえらせたものなのかも…。

American_pop_art_4

アンディ・ウォーホルの「キミコ・パワーズ」。ウォーホルの支援者で友人でもあったキミコさんをモデルにした作品です。ウォーホルにたのまれて、着物を着て、いくつものポーズでポラロイドで撮影して…とキミコさんが語る制作裏話も楽しかったです。この9枚の配列にも、ウォーホルのこだわりが感じられます。

American_pop_art_9_2

ウォーホルの作品はこの他、「マリリン」「毛沢東」「花」など。クリスマスやイースターの時に、ウォーホルからパワーズ夫妻に贈られたという卵やポインセチアの絵も、図案化されたおもしろさがあってとてもすてきでした。

|

« AS CLASSICS DINER @六本木 | トップページ | ピニャコラーダ・パンケーキ & レモン・ブルーベリー・ブレッド »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

今晩は~。

この展覧会の記事つくれてません・・・。coldsweats01
でも、私もポップアート大好きなので、とても楽しめた展覧会でした!

写真もアップされてる、このウォーホールの部屋は、「私、ここに住みたい!」なんて思っちゃいました。tulip

リヒテンシュタインの作品も良かった~。

いや、それにしてもこれが個人のコレクションだなんて、ホント凄いですよね~。

投稿: ごみつ | 2013年8月24日 (土) 00時49分

崩れたドラムセットがものすごく印象的だなって思いました。
星条旗を絵にするなんて、想像しませんでした。
使い込まれたような風合いの表現が素敵ですね。
本物みたいです。

あまり美術館に行く機会がないのですが、今住んでいるところから近い場所に美術館があるので、芸術の秋に向けてチェックしてみようって思いました。

投稿: ruri | 2013年8月24日 (土) 22時43分

☆ ごみつさま ☆
こんばんは。
ポップアート展、楽しかったですね!

これだけでひとつ美術館が作れてしまいそうなくらいの
充実したコレクションですが、これがすべて個人の所有…
というのに驚きました。
ビデオ映像で見ると、ご自宅での飾り方もすてきで
まさにアートをごく自然に生活の中に
取り入れていらっしゃるんだなあ、と感激しました☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年8月25日 (日) 00時38分

☆ ruriさま ☆
こんばんは♪
崩れたドラムセット、アートというよりぬいぐるみみたいで
触ってみたくなりました。
星条旗は、だれもが知っているものをアートにしてしまう
感性が突飛ですごいな…と思います。
先にやったもん勝ちというか、もう他のアーティストには
まねできないですものね。^^

ruriさんのお家の近くにも美術館があるのですね。
沖縄独特のアートとかもきっとあるのでしょうね…
気になります♪

投稿: ☆ ruriさま ☆ | 2013年8月25日 (日) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/52966474

この記事へのトラックバック一覧です: 国立新美術館 「アメリカン・ポップ・アート展」:

» 遅ればせながら8月のあれこれ [ごみつ通信]
今年の夏は本当に暑かったですね~。しかも10月に入ってからも夏日があったり、きつ [続きを読む]

受信: 2013年10月20日 (日) 16時51分

« AS CLASSICS DINER @六本木 | トップページ | ピニャコラーダ・パンケーキ & レモン・ブルーベリー・ブレッド »