« 37 Steakhouse & Bar のウィークエンド・ブランチ | トップページ | お菓子工房 2013 »

「マン・オブ・スティール」

ザック・スナイダー監督がリブートするスーパーマンの新シリーズ、「マン・オブ・スティール」(Man of Steel)を見ました。心の葛藤を乗り越えてヒーローとして生きることを決意するスーパーマン誕生の物語を、迫力のアクションとともに描きます。クリストファー・ノーラン製作総指揮。

Man_of_steel_1

ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びゆく惑星クリプトンで生まれたばかりの息子カル=エル(ヘンリー・カヴィル)を宇宙船に乗せて地球へと送り出しますが、自らはゾッド将軍(マイケル・シャノン)に殺害されてしまいます。

地球にたどり着いたカル=エルは、ジョナサン(ケビン・コスナ―)とマーサ(ダイアン・レイン)のケント夫妻によってクラークと名付けられ、大切に育てられます。しかし、成長した彼のもとに、クリプトン星の生き残りであるゾッド将軍が現われ…。

Man_of_steel_5

タイトルはスーパーマンではなく、マン・オブ・スティール(鋼鉄の男)。バットマン・シリーズをリブートしたクリストファー・ノーラン監督が製作総指揮を務めているということで、人間味あふれる新しいスーパーマンが誕生するのでは、と楽しみにしていました。

はたして「バットマン ビギンズ」のスーパーマン・バージョンといったところで、スーパーマンことクラーク・ケントが自らの生い立ちとアイデンティティ、持てる特殊能力に苦悩し、やがて地球を守るという使命に目覚めるまでが、誕生や少年時代のエピソードにまでさかのぼって、ていねいに描かれます。

脇を固めるのが演技派の名優揃いなので、人間ドラマとして見応えがあり、引き込まれました。赤いマントのおなじみのコスチュームがなければ、アメコミが原作ということを忘れてしまいそう。両親から受け継いだ遺伝子と、義父母の限りない愛情が彼の心を強くしたのだな…と胸が熱くなりました。

前半でクラークの内面的な成長の過程がしっかりと描かれるので、後半に満を持して?のスーパーマンの登場に心躍りました。ゾッド将軍との戦いでは、これでもかの破壊ぶり。パワフルでスピーディなアクションを堪能しました。

Man_of_steel_2

新生スーパーマンを演じるヘンリー・カヴィルは、正義の味方にふさわしい正統派の二枚目で、爽やかな体育会系ヒーローというよりは、愁いをたたえた知的な雰囲気が魅力でした。

ケヴィン・コスナ―は、前作「カンパニーメン」に続いて味わいのある役どころ。温かくて包容力があって、全身でクラークを愛する姿に心打たれました。カル=エルが地球のこの地に降りたのは、この両親にめぐり合うためだったのだな…と思わずにはいられません。

実父を演じるラッセル・クロウは、最初の方で殺されてしまうので、もったいない~と思ったら、その後も時々クラークの意識の中に現れては、彼を見守ります。^^ 堂々とした体つきは、甲冑姿がほんとうによく似合うな~と思わずにんまりしてしまいました。

続編では、ベン・アフレック演じるバットマンとの対決だそうで…?? どちらも好きな俳優さんなので、どんな展開になるのか楽しみです。

|

« 37 Steakhouse & Bar のウィークエンド・ブランチ | トップページ | お菓子工房 2013 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは☆
>この地に降りたのは、この両親にめぐり合うためだったのだな…と思わずにはいられません。
いい表現ですね~
正にその通りだと思いますっ♪
いい遺伝子といい環境が彼の、マッチョにして繊細な人格を作り上げたのでしょうね。
アメコミの域を超えた素晴らしい作品になっていました。
バットマンとコラボと聞いてましたが、まさかの対決なのですか??それは興味深いです~~

投稿: ノルウェーまだ~む | 2013年9月23日 (月) 11時47分

こんばんは!cherry

TB早速有難うございます。
ところでこのスーパーマン、ヒットはしてるのかな~?
何か心配。
アメコミ映画としてはドラマのレベルが高いので大勢の方に見ていただきたいな~。

ケヴィン・コスナーとダイアン・レインの両親、良かったですよね。
育ててくれたのがこの両親だから、カル・エルは本当のスーパーヒーローになれたんだと思う。

映画の中で、「ゾッド将軍一味は信用できないけど、困った事に人間も信用できないんだ。」っていうクラーク・ケントのセリフ覚えてます?
こういうセリフが深いんですよね、このドラマ。

人間だって人間を信用できないんだから当然。

でもあの2人に育てられたから、彼は地球人を信用する事に決めたんだと思うんだよね~。confident

投稿: ごみつ | 2013年9月23日 (月) 23時48分

クリストファー・リーブの時の一作目と同じ設定なので
観て見たい映画です。
今回の方が、より人間ドラマの色合いも濃そうで
そこから一気に後半の活躍へと進んでいくストーリーに
引き込まれそうです。
歴代スーパーマンの関係者に降りかかる
スーパーマンの呪い・・・
今回は、何も起こらないことを祈ります。

投稿: イザワ | 2013年9月24日 (火) 02時47分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
あの両親に愛情たっぷりに育てられたので
強くて優しいヒーローに成長したのでしょうね。
バックグラウンドの部分がていねいに描かれていたので
自然とクラークに共感を覚えることができました。

バットマンと対決=競演ということなのかな~?
いずれにしても楽しみですね☆

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2013年9月24日 (火) 14時36分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
スーパーマン、評判もいいですし、ヒットしているのではないかしら。
ライバルは、ウルヴァリン?(笑)

ケヴィン・コスナ―&ダイアン・レイン、すてきな両親でしたね。
あの両親に愛情いっぱいに育てられたから
彼は孤独に打ち勝って、強い心をはぐくむことができたのでしょうね。
クラークにとってあの両親が帰るべき場所であり
地球が守るに足る故郷となったのがわかる気がしますね。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年9月24日 (火) 14時50分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
実は私は、クリストファー・リーブ版は見ていないのですが
リブート版なので、まっさらな気持ちで
見ることができたのがよかったと思います。
人間ドラマの部分がていねいに描かれていて見応えがありました。
大人も満足できる極上のヒーロー映画に仕上がっていましたよ。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2013年9月24日 (火) 14時55分

こんばんは、いつも書き込みありがとうございます。 

そうスーパーマンのファンなのです。スーパーマン=クラーク・ケント、そしてバットマン=ブルース・ウエインといった組み合わせが好きですね。どちらも紳士だし...。

「マン・オブ・ステーィル」とつけたタイトルがスゴく良いかと思います。

クリストファー・リーブのスーパーマンも素敵でした。何作か観たはずですが30年近い歳月に驚きです。

投稿: margot2005 | 2013年9月30日 (月) 00時31分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
この作品のスーパーマン=クラーク・ケント、すてきでしたね。
バットマン=ブルース・ウエインと同じく、セクシーで渋くて
大人の魅力がありました。

マン・オブ・スティールというタイトルに、今までのスーパーマンとは
違うんだぞ、という意味が込められているように思いましたが
クリストファー・リーブのスーパーマンもすてきなのですね。
こちらも是非見てみたいです☆

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2013年9月30日 (月) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/53324432

この記事へのトラックバック一覧です: 「マン・オブ・スティール」:

» 「マン・オブ・スティール」救済してるの?崩壊してるの? [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
「ハリウッド大作じゃぁねぇ・・・・」とバカにする時代は終わった! 内容無し・迫力の映像だけでゴリ押しするのは既に過去のハリウッド作。 切なさあり、親子愛あり、敵の事情もあり、そして驚きのスピード感は10倍! 一年発起したハリウッドが、シビアで目の肥えた映画ファンを完全にノックアウトしたyo☆... [続きを読む]

受信: 2013年9月23日 (月) 11時43分

» マン・オブ・スティール (試写会) [風に吹かれて]
クリプトン生まれで地球育ち公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/manofsteel8月30日公開 製作: クリストファー・ノーラン監督: ザック・スナイダー  「30 [続きを読む]

受信: 2013年9月23日 (月) 15時14分

» マン・オブ・スティール [ごみつ通信]
Man Of Steel2013年/アメリカ (監)ザック・スナイダー(演)ヘン [続きを読む]

受信: 2013年9月23日 (月) 23時37分

» 『マン・オブ・スティール』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「マン・オブ・スティール」 □監督 ザック・スナイダー □脚本 デビッド・S・ゴイヤー□キャスト ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン■鑑賞日 8月31日(土)■劇場 チネ...... [続きを読む]

受信: 2013年9月28日 (土) 20時58分

» 「マン・オブ・スティール」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Man of Steel」2013 USA/カナダ/UK クリプトン星に生まれたカル=エルは、父親ジョー=エルによって地球へと送られる。やがてカンザスに住むケント夫妻に拾われクラークと名付けられた少年は巨大なパワーを持っていた… クラーク・ケント/カル=エルに「トリスタンとイゾルデ/2006」「人生万歳!/2009」「インモータルズ -神々の闘い-/2011」「シャドー・チェイサー/2012」のヘンリー・カヴィル。 ロイス・レインに「魔法にかけられて/2007」「チャーリー・ウイルソ... [続きを読む]

受信: 2013年9月30日 (月) 00時24分

» 映画「マン・オブ・スティール」闘いのシーンがスーパー眩しくてよく分からない [soramove]
映画「マン・オブ・スティール」★★★★ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス ケビン・コスナー、ダイアン・レイン ラッセル・クロウ、ローレンス・フィッシュバーン出演 ザック・スナイダー監督、 143分、2013年8月30日より全国公開 2013,アメリカ、カナダ,ワーナー・ブラザース (原題/原作:MAN OF STEEL ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが... [続きを読む]

受信: 2013年9月30日 (月) 08時31分

» 『マン・オブ・スティール』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
己の正体と使命を知らぬまま放浪の旅を続けていた青年にようやく時が来た。ひとたび空を飛べば、ああ、スーパーマンだと思う。マントをヒラヒラさせながら、何の迷いもない表情で真っ直ぐ飛ぶ姿に胸が熱くなる。どんなことがあってもひねくれない、素直すぎる性格が泣かせ…... [続きを読む]

受信: 2013年10月14日 (月) 21時53分

» 映画『マン・オブ・スティール3D』を観て [kintyres Diary 新館]
13-74.マン・オブ・スティール3D■原題:Man Of Steel■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:143分■料金:2,100円■観賞日:9月21日、新宿ピカデリー(新宿) □監督:ザック・スナイダー◆ヘンリー・カヴィル◆エイミー・アダムス◆マイケル・シャノン◆...... [続きを読む]

受信: 2014年3月 5日 (水) 18時39分

« 37 Steakhouse & Bar のウィークエンド・ブランチ | トップページ | お菓子工房 2013 »