« 「Cafe 椿」 @山種美術館 | トップページ | 豚肉の塩釜焼き & フロのパールネックレス »

「マラヴィータ」

ロバート・デ・ニーロ主演、リュック・ベッソン監督、そしてマーティン・スコセッシが制作総指揮を務めるクライム・コメディ、「マラヴィータ」(Malavita / The Family)を見ました。デ・ニーロ演じる元大物マフィアの家族が潜伏先のフランスの田舎町で大騒動を巻き起こします。

Malavita_5

南仏からフランス・ノルマンディ地方の田舎町に引っ越してきたアメリカ人のブレイク一家。主人のフレッド(ロバート・デ・ニーロ)は元大物マフィアで、FBIの証人保護プログラム下に置かれており、マフィアに居場所が知れぬよう、偽名で各地を転々としています。

地域に溶け込もうと努力するブレイク家の面々ですが、血の気の多い彼らは、ことあるごとに隣人たちとトラブルを起こしてしまいます。獄中からフレッドを血眼で探していたマフィアのドンは、ひょんなことから居場所を突き止め、殺し屋軍団を送り込みます…。

Malavita_4

「ゴッドファーザー」ファンの私としては、デ・ニーロがマフィアを演じるということで気になっていた作品。デ・ニーロ&スコセッシの正統派マフィア映画と思いきや?そこにリュック・ベッソンのテイストが加わって、キレのいいアクション・コメディとなっていました。

この作品、とにかくデ・ニーロ演じるフレッドをはじめ、ブレイク一家がとてもかっこいい。ゴージャスで美しい妻マギー(ミシェル・ファイファー)は、引っ越してきて早々訪れたグロッサリーストアで、これ見よがしにアメリカ人の悪口を言うご近所の人たちにキレて、お店ごと爆破してしまいます。

娘のベル(ディアナ・アグロン)は名前の通りの美少女ですが、ちょっかいを出してくる男子生徒たちをこてんぱん(死語?)にやっつけます。その弟ウォレン(ジョン・ディレオ)はなかなかの切れ者。転校してくるや校内の力関係を見抜き、みごとに裏側で牛耳るようになります…。

忘れてはいけないフレッドの愛犬、マラヴィータ。映画のタイトルにもなっていますが、イタリア語で裏社会という意味があるそうです。ブレイク一家を監視するFBI捜査官スタンスフィールド(トミー・リー・ジョーンズ)は、フレッドとはすっかり旧友のような関係になっています。

Malavita_11_2

表向きは作家ということになっているフレッドは、隣人たちにアメリカ映画の解説を頼まれます。それがなんとデ・ニーロ&スコセッシ監督のマフィア映画「グッドフェローズ」。スタンスフィールドの制止もきかず、観衆を前にフレッドが語りつくして大喝采を浴びるところが最高におかしかったです。

それにしても、パジャマ姿でうろうろしてても、デ・ニーロはやっぱり渋くてかっこいい。アメリカ流バーベキューパーティや、ひょんなところから居場所が発覚するところ、そしてクライマックスでの殺し屋たちとのド派手なバトル…と、リュック・ベッソンワールドが楽しめました。

Malavita_7

|

« 「Cafe 椿」 @山種美術館 | トップページ | 豚肉の塩釜焼き & フロのパールネックレス »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

「マラヴィータ」面白そうですね!
キャスト、スタッフ、ともに豪華ですよね~。

デ・ニーロ、最近は、脇にまわって、のんきなお父さんっぽい役が多かったのですが、久しぶりで魅力的な彼の演技が楽しめそう!

ミッシェル・ファイファーも久しぶりだな~。私、若い頃の彼女が大好きだったのですが、今でもステキですよね~。shine

あ、ちなみに私、「グッドフェローズ」はあんまり好きじゃないです。(笑)

投稿: ごみつ | 2013年11月21日 (木) 02時21分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
マラヴィータ、軽~い感じで楽しめるコメディでした。
ほんと、キャスト、スタッフがものすごく豪華ですよね~
若手の2人もフレッシュで魅力的でしたよ。

デ・ニーロはこの作品でものんきなお父さんでしたが(笑)
それでもすてきでした。
ミシェル・ファイファーは怖くてかっこよかったです♪

「グッドフェローズ」ごみつさんはお好きじゃないんですね。
明日あたりディスクが届く予定なので、楽しみにしています♪

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年11月21日 (木) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/53986152

この記事へのトラックバック一覧です: 「マラヴィータ」:

» 「マラヴィータ」(東京国際映画祭2013) [ここなつ映画レビュー]
東京国際映画祭特別招待作品。何故すぐにロードショー公開されると判っている作品を敢えて観に行こうかと思ったかというと、もちろんロバート・デ・ニーロが大好きだからというのが第一の理由だけど、まあ、お祭りっぽく肩の凝らない作品を観たいな、という気持ちから。作品の意図を考えたり、何かに激しく共感したり嫌悪したりを映画祭の間にずっとしてるのも疲れるし。で、ホントのお祭り気分で気楽にチケット取ったら、なんと!ロバート・デ・ニーロの舞台挨拶があるというではないの!!知らないで取ったのに!超ラッキー!舞台挨拶マニア... [続きを読む]

受信: 2014年1月21日 (火) 10時33分

« 「Cafe 椿」 @山種美術館 | トップページ | 豚肉の塩釜焼き & フロのパールネックレス »