« 新しい新聞 & かぼちゃのチーズケーキ | トップページ | ハンガリー料理を楽しむ & 秋のフレーバーティ »

「42 ~世界を変えた男~」

アフリカ系アメリカ人初のメジャーリーガーとなったジャッキー・ロビンソンを描いた伝記映画、「42 ~世界を変えた男~」(42)を見ました。アメリカのメジャーリーグ・ベースボール(MLB)に歴史的な一歩を刻んだ偉大なる選手と、彼を支えた球団ゼネラルマネージャー(GM)の物語です。

42_1

1945年、白人社会だった野球界において、ブルックリン・ドジャースのGM ブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、ニグロリーグで活躍していた黒人選手ジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)をスカウトし、ドジャース傘下のマイナーリーグ・チームに入団させます。

世間や相手チームはもとより、チームメイトやファンからも誹謗中傷を浴び、理不尽な差別を受ける中、ジャッキーは自制心を貫き、抜群のプレーによってチームに貢献します。そして1947年4月15日、ドジャースに昇格したジャッキーは、初の黒人メジャーリーガーとしてマウンドに立ちます…。

42_8

MLBのワールドシリーズでボストン・レッドソックスが優勝して上原選手が胴上げ投手として宙を舞い、また日本シリーズでは東北楽天ゴールデンイーグルスが歴史的な初優勝を飾った…という絶好のタイミングに、本作品を見に行きました。

ジャッキー・ロビンソンのことは、かつてクーパースタウンにある野球の殿堂を訪れた時に知りました。彼の偉業は、全野球チームで彼の背番号42番が永久欠番になっているという事実とともに心に刻まれていましたが、彼を影で支えたブランチ・リッキーのことを今回初めて知りました。

少々描き方が甘いかな?と思わなくもなく、正直物足りなさもありましたが、ジャッキーのひたむきな努力と、彼を支えるリッキーの励ましがひとつになって、チームメイトや野球界、さらには社会を変えていったことが伝わってきて、心地よい感動を味わいました。

42_4

ジャッキーの偉業もさることながら、私はまだ歴然とした人種差別が残っていたあの時代に、あえて黒人プレイヤーをスカウトした、リッキーの勇気に心打たれました。何が彼を動かしたのか? ジャッキーが尋ねたように、私もその理由が知りたいと思いました。

最初は「優勝したいからだ。お金のためだ。」と言っていたリッキーでしたが、実は彼にはかつて黒人のチームメイトを救えなかったという苦い過去があったのです。リッキーは信心深いクリスチャンでもありました。

ジャッキーを退けようと嘆願書を出そうとしたチームメイトに対して、リッキーは「君が死んで天国で神様に会った時、『私は黒人を差別しました』と胸を張って言えるか?」と問う場面がありましたが、それは他でもない、自分自身への問いかけだったのかもしれません。

ジャッキーは、ファンに野次を飛ばされ、相手チームの監督から侮蔑的なことばを浴びせられますが、おそらく自分が傷つけられるよりも、マスコミに何かと騒がれたり、遠征先のホテルに宿泊拒否されたりして、チームメイトに迷惑がかかることの方が辛かったのではないかな…と思いました。

もっとも、そうした試練を共有することで、チームがひとつになり、結果的にはどこよりも強いチームを作り上げることができたのかもしれません。ジャッキーが理不尽なデッドボールを受けた時、チームメイトは怒って暴動を起こそうとしますが、ジャッキー自身がそれを止めます。

彼がやられても決してやり返さず、紳士であることを貫き通したのは、自分の姿を通じて黒人を世に認めさせたかったからではないかと思います。実際、ジャッキーの尊いふるまいは、その後多くの黒人選手をメジャーリーグへと導き、黒人の野球少年たちに夢を与えることになったのですから…。

42_7

ジャッキーが活躍したブルックリン・ドジャースはのちに西海岸に本拠地を移し、ロサンゼルス・ドジャースとなります。1995年には野茂選手がドジャースに入団。それが今日、日本人選手がメジャーリーグで活躍するきっかけを作ったことに、不思議なめぐり合わせを感ぜずにはいられませんでした。

|

« 新しい新聞 & かぼちゃのチーズケーキ | トップページ | ハンガリー料理を楽しむ & 秋のフレーバーティ »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
私もジャッキーもさることながら、リッキーの勇気に感動しました。
彼がチームメイトを救えなかった時代は更に黒人差別が激しかった時でしょうし、それでも心を痛めてきたのだと思うと、胸が熱くなります。
野球の殿堂というのがあるのですね。
私はスポーツに疎いこともあって、今回ジャッキーのことは初めて知りました。
野球界だけでなく、当時の黒人の誇り高き精神があって、今のオバマさんがあるのかなと思いました。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2013年11月 8日 (金) 19時16分

こんばんは。

昨夜見た「ヘルプ」が1960年代だっていう事を思えば、1940年代に彼がどれほどの辛さを味わったか、どれほどの精神力で成功を掴んだか・っていうのは痛いほどわかりますよね。

アメリカの歴史や、アメリカの文化をを語る時にはさけて通れない大きな問題ですよね。

映画が多少、甘い感じがしたのは、もしかしてわりと若年層(子供)もターゲットにしてるって事はないですか?
昨夜「ヘルプ」見た時にも思ったのですが、残酷な現実の描写は極力なくして、登場人物の心理にウエイトをおいて、ライトタッチで描く、社会派ドラマがあっても良いのかな・・って感じました。

その方がよりたくさんの人が見てくれて、心に残るし、子供にも見せられますしね。confident

投稿: ごみつ | 2013年11月 8日 (金) 23時23分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
ジャッキーは技術面だけでなく人格的にもすばらしい選手でしたが
彼を支えるリッキーの勇気にも感銘を受けました。
まさに命がけの行いで、よほどの覚悟と胆力がなければ
なしえなかったでしょうね…。

2人の努力が周りの人々を変えていったように
先人たちの小さな積み重ねが今につながっているのでしょうね。
ジャッキーがオバマさんのことを知ったらどんなに喜んだでしょうね。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2013年11月10日 (日) 00時59分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
映画でも紹介されていますが、まだ公民権運動が始まる前で
ジム・クロウ法がまかり通っていた時代ですから
遠征先によっては命の危険を感じるようなことがあったようです。

残酷な描写を求めていたわけではないのですが
意外性があまりなかったからかな…?
とはいえ、心に残るエピソードがたくさんありましたし、
何より映画が終わった後は、さわやかな感動に包まれながら
劇場を後にすることができました。

おっしゃるように、ティーンネイジャーの子どもたちにも
是非見てもらえたら…と思える作品でした☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年11月10日 (日) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/53844867

この記事へのトラックバック一覧です: 「42 ~世界を変えた男~」:

» 「42~世界を変えた男」これぞフェアプレイ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
野球は特に興味ないけど、ブラピの野球の映画も半分寝ちゃったけど、この映画は観たかった! 私にしては、ファーストディだったこともあって珍しく初日に鑑賞。 そう!こういう映画が好き~☆... [続きを読む]

受信: 2013年11月 8日 (金) 19時08分

» 『42 〜世界を変えた男〜』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「42 〜世界を変えた男〜」 □監督・脚本 ブライアン・ヘルゲランド□キャスト チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー        クリストファー・メローニ、アンドレ・ホランド、ルーカス・ブラック...... [続きを読む]

受信: 2013年11月 9日 (土) 07時54分

» 「42〜世界を変えた男」と「スティーブ・ジョブズ」 [映画の話でコーヒーブレイク]
一日は映画がお安い日。 今週は仕事が休みなので早速映画館へ。 一日公開スタートの2本をチョイス! たまたまですが、2本とも世界を変えた男の伝記映画となりました。 一人は「人々の意識」を変えた男ジャッキー・ロビンソン。 もう一人は「人々の生活」を変えた男ステ...... [続きを読む]

受信: 2013年11月 9日 (土) 23時42分

» 42 〜世界を変えた男〜 [映画の話でコーヒーブレイク]
公開されたら絶対見たいと思っていた作品、公開初日ティッシュを準備して見てきました。 予想通り、4回ほど涙が頬をつたいました。 泣くのは悲しい時や辛い時ではなく、悲しい時辛い時に優しい言葉をかけられた時。 そういうシーンを見た時は涙が出ちゃうんだよねぇ 有...... [続きを読む]

受信: 2013年11月 9日 (土) 23時43分

» 42 ~世界を変えた男~ (試写会) [風に吹かれて]
耐え難きを耐え抜いた勇気に栄誉を [E:baseball]公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/42movie11月1日公開実話に基づく映画監督・脚本: ブライアン・ヘ [続きを読む]

受信: 2013年11月10日 (日) 14時00分

» 42 世界を変えた男 [ごみつ通信]
422013年/アメリカ (監)ブライアン・ヘルゲランド(演)チャドウィック・ボ [続きを読む]

受信: 2013年11月21日 (木) 17時40分

» 『42 世界を変えた男』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
ジャッキーの「倍返し!」はあくまでもグラウンドで。「やり返さない勇気」とは、ただじっと我慢していることを指すのではない。直接的な仕返しをする必要がなくなるくらい自分が強くなって、レベルの低い相手に間接的に勝利するまで頑張り続けることなのである。わかりや…... [続きを読む]

受信: 2013年11月26日 (火) 17時34分

» 42 世界を変えた男 [映画的・絵画的・音楽的]
 『42 世界を変えた男』を丸の内ピカデリーで見ました。 (1)評判がよさそうなので、公開終了間際でしたが映画館に行ってきました。  本作は、アメリカのメジャーリーグで最初の黒人選手となったジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)を描いたもので...... [続きを読む]

受信: 2013年12月20日 (金) 07時02分

« 新しい新聞 & かぼちゃのチーズケーキ | トップページ | ハンガリー料理を楽しむ & 秋のフレーバーティ »