« ミュージカル 「オペラ座の怪人 ~ケン・ヒル版~」 | トップページ | 伊豆で迎えるお正月 2014 »

「ゼロ・グラビティ」

ずっと楽しみにしていたSF大作の「ゼロ・グラビティ」(Gravity)をようやく見に行きました。空気も音も重力も存在しない暗黒の宇宙空間から、限りなく美しい生命の星 地球へ。90分間のサバイバルを堪能しました。

Gravity_1

地表から600km上空の宇宙。スペースシャトルのメディカル・エンジニア ライアン(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士のマット(ジョージ・クルーニー)は、船外作業をしている時に予想外の事故が起こり、宇宙空間に放り出されてしまいます。

スペースシャトルは大破し、宇宙服に残された空気はわずか2時間分。地球との交信手段も断たれ、たった1本のロープでつながっているだけの2人は、絶望的な状況の中から生還を目指しますが...。

Gravity_3

とにかく圧倒的な映像美。今まで経験したことのない映像世界を心ゆくまで堪能しました。前置きなしに、物語はいきなり高度600kmの宇宙空間からはじまりますが、ライアンの動きに合わせて、天地がくるりと入れ替わり、自分が無重力空間にいるような錯覚に陥ります。その臨場感は、時に宇宙酔いしてしまうほど。

登場するのはサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーのほぼ二人。(ヒューストンのミッション・コントロールとして、エド・ハリスが声の出演) 物語は実にシンプルで、宇宙に投げ出されてから数々のトラブルを乗り越えて、無事に地球に帰還するまでが描かれます。

その過程は”偶然の幸運”の連続ともいえるものでしたが、”必ず生きて帰る”という強い意志によって、人はわずかな可能性をたぐりよせ、とてつもない力と運命を引き入れることができるのかもしれない...とも思いました。

その一方で、どうしようもないこともまた起こりうるのです。宇宙は絶対空間で、ちょいと力を加わるとそのままどこまでも進んでしまう...。そして、地球の周りにあれほど宇宙ゴミ(デブリ)が飛んでいることにも驚きました。そこは別の意味で大きな危険が潜む空間なのだと知りました。

宇宙から見る地球は崇高な美しさでしたが、その実体はすべてを包み込む、温かく愛おしい命のゆりかご。そして地面に触れた時、重力の存在を私もはっきりと感じることができました。

Gravity_6

今年も私の拙いブログにおつきあいくださり、どうもありがとうございました。
皆様、どうぞよい新年をお迎えください。

|

« ミュージカル 「オペラ座の怪人 ~ケン・ヒル版~」 | トップページ | 伊豆で迎えるお正月 2014 »

映画」カテゴリの記事

コメント

「ゼロ・グラビティ」今シーズンの映画の中で
観たい映画、No1です。

映像がとても美しいと聞いていましたが、やはり!
楽しみになってきました。

宇宙酔いしないように(笑)観てきたいと思います。

今年も貴重な情報を楽しく発信して頂きありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

投稿: イザワ | 2013年12月30日 (月) 22時34分

こんばんは!

拙ブログの記事へのコメント&TB有難うございました。

最初のシーンはけっこう酔ってしまう方が多かったみたいですよ。私も酔いやすいのでちょっと心配でしたが、これは大丈夫でした。
とりあえず地球が見えてれば、上か下かを地球で認識できたからかな。

でもあのグルグルまわっちゃうシーンは怖かったですね。だってあのグルグル運動、永遠に終わらないんですもんね。ジョージが来てくれた時は、私も心底嬉しかった。coldsweats01

セレンさんこの記事がブログ納めですね。1年間、お疲れ様でした。今年もセレンさんの記事にはとても楽しませていただきました。
来年もよろしくで~す!happy02fuji

投稿: ごみつ | 2013年12月30日 (月) 23時06分

☆ イザワさま ☆
こんばんは。
イザワさん、お正月から早速お仕事もあってお忙しいと思いますが...
お時間があったら是非3Dの大スクリーンでご覧になってみてください。
かつてない映像体験ができることと思います。
どうぞお楽しみに☆

こちらこそお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします☆

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2013年12月31日 (火) 00時18分

☆ ごみつさま ☆
こんばんは♪
劇場が混んでいて、前から5列目の席だったので
なおのこと大迫力だったからかもしれません。
でも、アトラクションに乗っている感覚で
揺れもまた楽しかったです。^^

ニュートンの運動法則が、宇宙ではちゃんと実証されるんだな...
とか変なところに感心しちゃいました。
宇宙空間で自分の動きをコントロールするのは
かなりの訓練とコツが必要ですね。

ごみつさんもお疲れ様でした。
来年もよい年となりますように...
どうぞよろしくお願いします☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2013年12月31日 (火) 00時26分

この映画では本当に新しい体験ができましたね。
3Dを観てしみじみ良かったと思ったのは
初めてだったように思います。
あの臨場感、窒息感、恐怖感は
大画面の3Dならではのものですものね。

あのマットがライアンから離れて行くシーン、
一時的にライアンの元に帰って来たシーンでは
泣けました~
あんな男だったら惚れてしまいます。

年末年始、お忙しいでしょうが
どうぞご自愛ください。
よいお年を。

投稿: zooey | 2013年12月31日 (火) 01時11分

こんにちはー。
大晦日、いかがお過ごしでしょうか。
この映画、ジョージ・クルーニーのファンとしては
気になっているのですが…。
まだ観ようか迷っています。
ハラハラドキドキがちょっと苦手で、クルーニーの顔もよく見えなさそうだし(?)。
迷いつつ年を越します~。

今年はお会いすることもできて、
嬉しい年になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えくださいね♡

投稿: linen | 2013年12月31日 (火) 13時16分

明けましておめでとうございます。
映像がスゴイですね。
サンドラは、12本のロープで吊るされての撮影だったそうですが、本当に無重力の宇宙空間で漂っているようでした。
一度は諦めた彼女が何としても地球に帰ると生きる力を引き出した過去の出来事というドラマ部分は良かったのですが、帰還方法にちょっと無理がありましたね。地球にもどって重力を感じ立ち上がれなかったシーン、良かったです。

昨年はお世話になりました。
今年もお付き合いいただきますよう、よろしくお願いいたします。

投稿: ryoko | 2014年1月 1日 (水) 00時52分

☆ zooeyさま ☆
あけましておめでとうございます♪
3D映像は、アバターの頃から日々進化しているのを感じますが
この作品は監督の映像表現を技術がしっかりと支えていましたね。
3Dであることを感じさせないくらいにナチュラルで
物語の世界にすんなり入ることができました。

マットはほんとうに紳士でしたね。
映画を見ている時には、どうしてジタバタしないんだろう
あんな状況で冗談なんて言えるかしら...なんて思ったりしましたが
運命をともにがんばってきた同志だったから
彼はライアンを信頼し、未来を託したのかもしれない...とも思いました。

zooeyさんもどうぞよいお年を。
今年もどうぞよろしくお願いします。

投稿: ☆ zooeyさま ☆ | 2014年1月 1日 (水) 22時59分

☆ linenさま ☆
あけましておめでとうございます♪
年末年始と家族と伊豆でのんびりしてきました。
あ、やっぱりlinenさんはジョージ・クルーニーの
ファンでいらしたのですね☆ なんとなくそんな気がしていました。^^
この作品、たしかに彼のお顔はよく見えませんが...
ご覧になったら、きっときっとますますクルーニーのことが
大好きになると思いますよ。
よかったら是非ご覧になってみてください☆

私の方こそlinenさんにお目にかかれて光栄です。
今年もどうぞよろしくお願いします。
すてきな一年となりますように☆

投稿: ☆ linenさま ☆ | 2014年1月 1日 (水) 23時16分

☆ ryokoさま ☆
あけましておめでとうございます♪
臨場感あふれる宇宙空間の映像が、すばらしかったです。
サンドラ、がんばっていましたね。
体も鍛え上げていて、厳しい訓練を受けてきた
ほんとうの宇宙飛行士のように見えました。

帰還方法...私も細かいところがいちいち気になりましたが
フィクションとして受け止めました。
彼女が力強く生き抜く姿からは勇気をもらいました。

今年もどうぞよろしくお願いします。
よい年となりますように☆

投稿: ☆ ryokoさま ☆ | 2014年1月 1日 (水) 23時36分

こんばんわ☆
ようやく自分の時間ができて、羽を伸ばしているところです。

宇宙体験を堪能できて良かったですね~
私も臨場感ありすぎて、息が苦しかったです。
何しろ思い出すだけでも息がゼイゼイ・・・

大地を踏みしめた時の開放感と感動までもが共感できる映画でしたね。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年1月 5日 (日) 00時41分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
こちらにもコメント、ありがとうございます。
学校はまだ2、3日先ですが、明日からいよいよ日常がもどる
といったところで、ちょっと緊張しています。

すごい臨場感でしたね。
思わずシートベルトを締めたくなるくらい...^^
宇宙は吸い込まれそうな闇でしたが、地球の美しさにうっとりでした。
ずっと緊張の連続だったので
地球に無事たどり着き重力を感じた時には心底ほっとしました☆

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年1月 5日 (日) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/54420861

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゼロ・グラビティ」:

» ゼロ・グラビティ (試写会) [風に吹かれて]
無重力の空でひとりきり公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity12月13日公開監督・脚本: アルフォンソ・キュアロン  「天国の口、終りの楽園」 「ハリー・ [続きを読む]

受信: 2013年12月30日 (月) 19時30分

» ゼロ・グラビティ [ごみつ通信]
Gravity2013年/アメリカ (監)アルフォンソ・キュアロン(演)サンドラ [続きを読む]

受信: 2013年12月30日 (月) 23時00分

» ゼロ・グラビティー  GRAVITY [映画の話でコーヒーブレイク]
非常に評価の高い本作。 早速、3Dで鑑賞しました。映像が非常に美しいです。 自分が望む映像を作りだすために、コンピューターグラフィックなどの技術が開発されるのを 待ったために、製作に4年半かかったという監督こだわりの映像です。 やはり大スクリーンで、3Dで...... [続きを読む]

受信: 2013年12月31日 (火) 23時41分

» 「ゼロ・グラビティ」☆息苦しさで宇宙体験 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
まさに自分までもが宇宙遊泳しているかのような錯覚に陥る、見事な映像とその臨場感。 息が苦しくて、くるしくて、くるしくて・・・ 宇宙服をはやく脱ぎ捨てたいっ!手に汗握る緊迫したシーンの連続に息も絶え絶え、ホッとする瞬間を期待するラストにはまさかの・・・・... [続きを読む]

受信: 2014年1月 5日 (日) 00時30分

» ゼロ・グラビティ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ゼロ・グラビティ』を渋谷TOEIで見ました。 (1)いつもは躊躇する宇宙物ながら、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーとが初共演とのことで、映画館に行ってきました。  映画の冒頭では、地上600?の高さになると、温度は+250〜−100ordm;Cで、音を伝えるも...... [続きを読む]

受信: 2014年1月10日 (金) 22時12分

» 映画「ゼロ・グラビティ(3D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画『ゼロ・グラビティ(3D・字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 【私の評価基準】(映画用) ・★★★★★  傑作!これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ・★★★★☆  秀作!私が太鼓判を押せる作品。 ・★★★☆☆  まぁまぁ。お金払って映画館で観ても悪くない。 ・★★☆☆☆  好き嫌いの分岐...... [続きを読む]

受信: 2014年1月13日 (月) 11時23分

» 無重力な体感映画 [笑う社会人の生活]
16日のことですが、 映画「ゼロ・グラビティ」を鑑賞しました。 I MAX3Dにて見ました 宇宙でミッションを遂行していたエンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー スペースシャトルが大破するという想定外の事故により宇宙空間に放り出...... [続きを読む]

受信: 2014年2月26日 (水) 18時33分

« ミュージカル 「オペラ座の怪人 ~ケン・ヒル版~」 | トップページ | 伊豆で迎えるお正月 2014 »