« 原美術館 「ミヒャエル・ボレマンス: アドバンテージ」展 | トップページ | お茶の水散策 »

「少女は自転車にのって」

岩波ホールで上映中の映画、「少女は自転車にのって」(Wadjda)を見ました。サウジアラビア初の女性監督、ハイファ・アル=マンスールの長編デビュー作。因習の中で前向きに生きる主人公の少女の姿に、すがすがしい感動を味わいました。

Wadjda_15

サウジアラビアに住む10歳の少女ワジダ(ワード・モハメド)は、幼なじみの男の子アブドゥラと自転車競走がしたいのに、お母さん(リーム・アブダラ)に女の子が自転車に乗るなんて!と反対され、買ってもらえません。

きれいな緑色の自転車が欲しくて、手作りのミサンガを売ったり、上級生の恋の橋渡しをしたりしてこっそりお金をためていたワジダは、賞金目当てにコーランの暗唱大会に挑戦することに...。

Wadjda_1

(ワジダと幼なじみアブドゥラくんとのやりとりが微笑ましい)

映画館のない国サウジアラビアで作られた、初めての女性監督による映画と知って興味津々、楽しみにしていました。キャストは全員サウジアラビアの俳優さんで、すべてのシーンがサウジアラビア国内で撮影されているそうです。

「自転車に乗って遊びたい」というあたりまえのことが女の子に許されない社会。映画では、10歳の少女ワジダの日常を通して、サウジアラビアという国の姿が見えてきます。厳格なイスラム社会...頭では理解していましたが、映像を見て初めて知ることもたくさんありました。

外に出る時は黒いローブとスカーフで全身をすっぽりおおい、学校は男女別学。女子校は先生もみな女性で、男性に姿を見られたり声を聞かれないよう、休み時間に校舎から出ることもままなりません。

おしゃれが見つかるとしかられ、自由に恋することも許されない。そしてワジダの家には跡継ぎとなる男の子がいないため、お父さんに第2夫人との結婚話がもちあがっていました...。

Wadjda_4

(厳格な校長先生。こんなに美しいのに外で姿を見せられないなんてもったいない)

映画のテーマとなっているのは、女性にとって理不尽な社会。しかしそうした不条理をことさら声高に主張することなく、ユーモアを交えて、明るく軽やかに描いているのがすてきでした。

黒いローブの下にジーンズとスニーカーというワジダは、厳しい戒律の目をくぐりぬけ、おしゃれも音楽も楽しむ元気いっぱいの女の子。そんな彼女が、自転車を手に入れるため、自らを縛りつけているコーランを覚えるという設定がシニカルでおもしろい。

コンクールの結果については見てのお楽しみですが、娘の行く末を案じ、幸せを願い、未来への希望を託すお母さんの姿に胸が熱くなりました。

Wadjda_12

ワジダにとって自転車は自由の象徴。それは監督の「映画を撮りたい!」という思い、そして多くの女性たちが自分らしく生きたいと願う希望と重なって見えました。

|

« 原美術館 「ミヒャエル・ボレマンス: アドバンテージ」展 | トップページ | お茶の水散策 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

サウジアラビアの映画って珍しいですね!さすがは岩波ホール。
珍しい良作も公開してくれる、数少ない劇場ですよね。

記事を読ませていただくと、ストーリーもステキだし、作品そのものもとても良さそうです。
こういう作品を見ると、なじみのない国にも親近感を持てるし、国や言葉は違っても、同じ悲しみ、喜び、感動、怒りとか、様々な感情をわかちあえるのが素晴らしいっていつも思います。

前に現代アラブアート展を見に行った時も、大半の作品がサウジアラビアの作家さんでした。お金持ちが多いからでしょうが、それにしても、女性作家が現代アートを発表するのはかなりのパワーが必要だったと思うし、そういう人達が、礎を築きながら、女性にも開放された社会になっていくと良いですよね。virgoshine

投稿: ごみつ | 2014年2月 1日 (土) 01時19分

重い社会の問題を軽快なタッチで描いていく映画は好きです。
どう、世界に訴えていくか・・・
日本人の感覚でみると、驚くようなことなのでしょうね。
解説を読ませて頂いただけでも驚きがあります。
今後、どのような社会になっていくのか、問題意識と
この映画のように表現することが可能になてtきている事実を
考えれば、徐々にではあるかもしれませんが、変わっていく過程の
様な気がします。

投稿: イザワ | 2014年2月 1日 (土) 01時59分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
サウジアラビアの映画、初めて見ましたが
シリアスなテーマを軽やかに描いたすてきな作品でした。
ニュースなどでは、女性の姿を見ることはまずないので
彼女たちの日常がどういうものなのか
窺い知ることができて興味深かったです。

この映画を作るために口コミでオーディションを行ったり
女性がひとりで外に出ることは許されないので
監督は車の中から指示したり...と苦労して撮影されたようです。
監督や演じる女優さんたちの勇気の上に完成した
奇跡の作品なのだな...と思いました。

海外での反響を受けて、この作品を映画館のないサウジでも
上映しようという動きがあるようで...
ひとつの映画から少しずつ社会が変わっていったらすてきですね。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2014年2月 2日 (日) 09時44分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
サウジアラビアの映画...正直もっとクセがあるかと思いましたが
見ていてわかりやすい、受け入れやすい作品でした。
監督さんはサウジアラビア出身ですが、海外を経験され
アメリカ人と結婚されている方なので...
そんなところも影響しているかもしれません。

報道写真などを通して、イスラム国の女性の問題を知ることもありますが
この作品はそうした状況を重苦しくなく、軽やかなユーモアにのせて
描いていて、見たあとにさわやかな感動が残りました。
若い世代の方たちにも、是非見て欲しいな...と思いました。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2014年2月 2日 (日) 10時02分

セレンさん☆
これは観たい映画ですねー
社会的に虐げられているにもかかわらず、爽やかに明るく軽やかに仕上がっているというのも、とっても魅力的だわ。
なんとか時間を作って観に行きたいです。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年2月 2日 (日) 15時29分

怪奇な国ですよ、サウジは。一番不思議なのはアメリカとの関係でしょう。本来なら一番敵対的でもおかしくないはず。オサマ・ビンラディンが登場したのも当然なのだと思います。にもかかわらず中東いや、全イスラムで最もアメリカと親密な関係を持つ国。キリスト教原理主義のアメリカと、これまた熱烈なイスラム原理主義の国。民主主義とは縁遠く、族長を王とする中世の国家体制を維持する不思議の国サウジ。
まァ、キーワードは石油でしょうが、石油が枯渇したら対米関係はどうなるのか、私は興味津々です。ちなみに現在のサウジに自然自生する石油はありません。新規油田の発見もありません。そう遠からず大きな変化があると思いますよ。

投稿: ヌマンタ | 2014年2月 3日 (月) 13時45分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
少女は自転車にのって、とてもかわいらしいすてきな作品でしたよ。
テーマはシリアスですが、軽やかに、さわやかに描かれているので
あまり辛い気持ちにならずに見ることができてよかったです。
特に同じ女性として、いろいろと感じるものがありました。

サウジアラビアという見知らぬ国がほんの少し身近に感じられ
10代の子供たちにも是非見て欲しい作品だと思いました。
2月7日までですが、もしもお時間がありましたら。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年2月 3日 (月) 15時41分

☆ ヌマンタさま ☆
こんにちは。
アメリカとサウジの関係は、さまざまな利害が絡み
お互いパラドクシカルにならざるを得ないのでしょうね。
石油というカードがきれなくなった時が怖いですね...

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2014年2月 3日 (月) 15時55分

こんばんは。
コメントありがとうございました。
gooにTBできなくなったとのこと、どうしちゃったんでしょうね?

今も宗教戒律の厳しいサウジ。現状には驚くばかりですが、サウジ出身の女性監督が登場し、サウジ国内でも公開の是非を巡って議論があったというのは、大きな一歩ですね。
ワジダ世代の女性がのびのび暮らせる社会になることを願ってやみません。

投稿: ryoko | 2015年5月24日 (日) 01時44分

☆ ryokoさま ☆
こんにちは。
cocologはバグが多いので...^^;
何か変な仕様変更をしたのかもしれません。お騒がせしました。

サウジの女性たちの現実を具体的に知ることがなかったので
驚くことばかりでしたが、この作品が
はじめてのサウジの女性の監督による女性の目線で作られた作品
というのは大きな意味のあることですね。

まずは知ることから...そこから少しずつ
女性が生きやすい社会になっていけるといいですね。

投稿: ☆ ryokoさま ☆ | 2015年5月24日 (日) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/54786602

この記事へのトラックバック一覧です: 「少女は自転車にのって」:

» 少女は自転車にのって [映画の話でコーヒーブレイク]
サウジアラビアの映画です。 中東の中には、エジプトやトルコ、モロッコ、首長国連邦のドバイやアブダビなど 日本人も含め多くの外国人が観光で訪れる国もあれば、政情不安で渡航禁止とされる国々、 そして政情に関係なく観光の対象にならない国があります。 サウジアラビ...... [続きを読む]

受信: 2015年5月24日 (日) 01時19分

« 原美術館 「ミヒャエル・ボレマンス: アドバンテージ」展 | トップページ | お茶の水散策 »