« フェルディナント・フォン・シーラッハ 「コリーニ事件」 | トップページ | チョコレートトリュフと焼菓子いろいろ »

ジャック・ライアン 4作品

昨年お亡くなりになったアメリカの人気作家、トム・クランシー。彼の代表作に、CIA分析官ジャック・ライアンが活躍する「ジャック・ライアン」シリーズがあります。過去に映画化された4作品をDVDで見たので、まとめて感想を残しておきます。

The_hunt_for_red_october

レッド・オクトーバーを追え! (The Hunt for Red October)

冷戦時代。ソ連を出発してから不審な動きをみせる最新鋭の原子力潜水艦レッド・オクトーバーをめぐり、アメリカ、ソ連双方が駆け引きを繰り広げます。はたして艦長ラミウス(ショーン・コネリー)の目的は? ジャック・ライアンを演じるのはアレック・ボールドウィン。1990年公開。 

ラミウスの目的は、レッド・オクトーバーを手土産に、彼を支持する幹部士官ごとアメリカに亡命しよう、という大胆不敵な計画でした。ラミウスと面識があるライアンは、いくつかの手がかりからそのことを直観しますが、直接接触する術はなく真意のほどはわかりません。

ソ連がラミウスの裏切りを知り、レッド・オクトーバーを撃沈しようと追う中、ライアンは勘を頼りに大きな駆引きに出ます。暗中模索の攻防戦と、国家を超えた男と男の絆。壮大なドラマを堪能しました。

Patriot_games

パトリオット・ゲーム (Patriot Games)

家族とともにロンドンに出張していたライアンは、バッキンガム宮殿前でIRAのテロ事件に巻き込まれます。ホームズ卿を助けるために咄嗟にテロリストの若者を射殺したライアンは、復讐に燃えるその兄から執拗に追われることに...。ライアンを演じるのはハリソン・フォード。1992年公開。

4作中一番アクション色が強く、ストーリーはシンプル。衛星写真からテロリストの演習場を割り出す展開にわくわくしました。個人的には紳士でかっこいいハリソン・フォードのライアンが一番好きです。妻キャシー(アン・アーチャー)とのやりとりもすてきです。

Clear_and_present_danger

今そこにある危機 (Clear and Present Danger)

大統領の友人が惨殺され、彼がコロンビアの麻薬組織の一味であることが明らかになります。麻薬組織を撲滅すべく、CIAはコロンビアに特殊部隊を送りますが、大統領補佐官はひそかに麻薬組織と通じ、特殊部隊を見殺しにしようと画策します。ライアンを演じるのは前作に続きハリソン・フォード。1994年公開。

アクションが存分に楽しめ、駆け引きの部分も見応えがあって、私は4作中一番気に入りました。政府の陰謀に毅然と立ち向かうライアンがかっこいい。特殊部隊を率いるCIA諜報員のウイレム・デフォーがいい味出してます。

The_sum_of_all_fears

トータル・フィアーズ (The Sum of All Fears)

ロシアに新大統領ネメロフが就任した後、テロリストがチェチェンを攻撃、さらにアメリカのボルチモアに核爆発を起こします。これにネメロフは関与していませんでしたが、アメリカはロシアからの宣戦布告と判断。両国は全面戦争の危機に直面します。2002年公開。

ライアンは、ハリソン・フォードからぐぐっと若返ってベン・アフレック。かなりチャラいライアンですが、CIA長官キャボット(モーガン・フリーマン)とのやりとりは楽しい。核で死の町と化したボルチモアを駆け回っても無傷...と相変わらず核の扱いの軽さは気になりますが、娯楽大作としておもしろかったです。

          clover          clover          clover

さて、ちょうど今クリス・パイン主演で、シリーズ第5作「エージェント:ライアン」(Jack Ryan: Shadow Recruit)が公開されています。これはリブート版で特定の原作はなく、ジャック・ライアンをコンセプトとするオリジナル作品のようです。劇場は無理かもしれませんが、いつか機会があれば見てみたいです。

movie 「エージェント:ライアン」 公式サイト

|

« フェルディナント・フォン・シーラッハ 「コリーニ事件」 | トップページ | チョコレートトリュフと焼菓子いろいろ »

映画」カテゴリの記事

コメント

レッドオクトーバーは、当時、見たいと思っていたのですが
そう思っていたことも忘れていました(笑
久々に思い出させて頂いたので、今度DVDで見てみます。

先日、私のブログの「江戸川とボートとスカイツリー/夕景」で
コメントを頂いた、
「まるで現代の浮世絵のような構図です」
とても嬉しいコメントでした。
大変恐縮な話ですが、安藤広重作「富士三十六景 東都佃沖」を
意識して撮影した構図でした^^
手前に船、遠方に富士の代わりにスカイツリー、写真は、太陽の
写り込みをボートにかぶせてみました。
コメント、本当に驚きました^^v

投稿: イザワ | 2014年2月22日 (土) 18時32分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
レッドオクトーバー、私もタイトルだけは知っていましたが
本も映画も見ていなかったので...ちょうどいい機会と思い
ジャック・ライアン・シリーズをまとめて見てみました。

浮世絵の構図、そうでしたか!
感じたままにコメントしましたが
イザワさんのねらいを受け止めることができて光栄です。
ほんとうにすてきなお写真でした☆

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2014年2月23日 (日) 14時08分

セレンさん☆
へーっ
「エージェント・ライアン」にも続くライアンシリーズなのですね?
上2作しか見たことないですが(すっかり忘れてますが)まさかライアン繋がりとは知りませんでした。
ハリソンフォード好きなので、これは是非見たいです~☆

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年2月23日 (日) 15時26分

こんばんは。

ジャック・ライアンシリーズ映画、制覇されましたね!
こんな感じで自分でテーマを設けて、、作品を見ていくのも楽しいですよね。

私は、今は「危険な関係」とマルコヴィッチです。(笑)

「レッド・オクトーバー」と「トータル・フィアーズ」は見たけど、なぜかハリソン・フォード2作が未見。
今度、私も是非見てみま~す。

「エージェント・ライアン」は私も劇場は無理かもな~。クリス・パインのジャック・ライアン、楽しみですけどね!lovely

投稿: ごみつ | 2014年2月23日 (日) 23時46分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
そうなんです。実はこの5作、シリーズなのですが
(って私もトム・クランシーが亡くなった時に初めて知ったのですが)
ライアンを演じる俳優さんがどんどん変わっているので
あまりシリーズという感じがしませんね。
「パトリオット・ゲーム」が気に入られたら
「今そこにある危機」もお勧めです。
ハリソン・フォードがすてきですよ。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年2月24日 (月) 10時25分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
のんびりペースでしたが、ジャック・ライアン・シリーズ制覇しました☆
シリーズや俳優さん、監督...とテーマを見つけて
追いかけるのは楽しいですね。^^

ハリソン・フォードの2作品、おもしろかったですよ。
やはりスターshineがいると作品が締まりますね。
よかったら是非。お勧めです。

クリス・パインのも気になりますね。
ベン・アフレック、クリス・パイン...と原作のライアンは
意外とチャラ男なのかも??

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2014年2月24日 (月) 10時39分

出来たら原作を読んで欲しいです。ライアンは元々は主役ではなかったのですが、次第に人気が出てきて遂には大統領役でしたね。個人的には主役でない時のほうが、光っていたキャラだと思っていたのですが、ファンの熱意と出版社の意向がクランシーを動かしたと聞いています。
映画ですと、やはりハリソン・フォードが一番似合っているように思いますが、若い頃のライアンならば学究タイプであるべきなのでベン・アフレックはちょっと・・・ですかね。

投稿: ヌマンタ | 2014年2月25日 (火) 14時27分

☆ ヌマンタさま ☆
こんにちは。
ライアン・シリーズ、映画を見たら原作も読んでみたくなりました。
ライアンが大統領になるところまで見届けたいですが
映画はリブート版なので、また新米に逆もどりですね。
そうですか!やはり原作のイメージに一番近いのは
ハリソン・フォードなのですね。
よかった~、ほっとしました。(笑)
ハリソン・フォードのライアンが一番すてきだったので。

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2014年2月25日 (火) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/55067813

この記事へのトラックバック一覧です: ジャック・ライアン 4作品:

« フェルディナント・フォン・シーラッハ 「コリーニ事件」 | トップページ | チョコレートトリュフと焼菓子いろいろ »