« チョコレートトリュフと焼菓子いろいろ | トップページ | 塩瀬さんの桜餅と、サクラのあれこれ »

「大統領の執事の涙」

オバマ大統領も大絶賛されたという歴史ドラマ、「大統領の執事の涙」(Lee Daniels' The Butler)を見ました。

The_butler_5

ホワイトハウスで、7人の大統領に仕えたアフリカ系アメリカ人の執事、ユージン・アレン(映画ではセシル・ゲインズ)の半生を描いたヒューマンドラマ。リー・ダニエルズ監督、オプラ・ウィンフリー、マライヤ・キャリーなど、「プレシャス」のスタッフ、キャストが関わっています。主人公のセシルを演じるのはフォレスト・ウィテカー。

南部の農園で奴隷の息子として生まれたセシルが、農園を飛び出し、紆余曲折を経て、ホワイトハウスの執事に抜擢されるまでの道のりは決して平坦ではありませんが、シビアな描写は抑えられています。苦難の中を誇り高く生き抜くセシルの姿に、私は何度も涙してしまいました。

映画としては奇を衒わない正攻法の作りで、ごく自然に物語の世界に入ることができました。映画「42 ~世界を変えた男~」「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」に心打たれた方はきっと気に入られると思いますし、ティーンネイジャーをはじめ、多くの方に見ていただきたいすばらしい作品です。

The_butler_7

この作品で描かれているのは公民権運動、キング牧師暗殺、ケネディ大統領暗殺、ベトナム戦争、そしてオバマ大統領の誕生...というアメリカの近現代史であり、アフリカ系アメリカ人の苦難と戦いの歴史。そしてそれは、セシルの家族の歴史でもあります。

セシルの生き方は、たとえてみれば大リーガーのジャッキー・ロビンソンや、俳優のシドニー・ボアチエの生き方。誇りをもって仕事に従事し、責任を全うすることによって、白人社会で認められるよう、努力してきました。

しかし、そうした父親の生き方に反発を覚えていた長男は、キング牧師やマルコムXを支持し、あえて人種差別の激しい南部の大学に進学して、公民権運動へと身を投じていきます。一方、次男は国のために命を捧げるべく、ベトナム戦争に志願する道を選びます。

やがて父子がお互いを理解し、和解する場面は感動的でした。ホワイトハウスを退職した後のセシルが、息子とともに人権運動に参加して、数時間拘留された時のうれしそうな顔が忘れられません。

The_butler_3

セシルが仕えた7人の大統領も登場し、物語に華を添えています。ご本人にどことなく似ている人もあれば、そうでない人もいましたが、それぞれの個性が伝わってきて興味深かったです。誰が演じているか、すぐにわかる人もあれば、エンドクレジットを見て、あれっ?と驚いた人も。

特に印象に残ったのはケネディ大統領と、レーガン大統領夫妻。幼少期のキャロライン・ケネディちゃんもちょこっと登場しています。

|

« チョコレートトリュフと焼菓子いろいろ | トップページ | 塩瀬さんの桜餅と、サクラのあれこれ »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

映画の記事、楽しみにしてました~。shine

これ予告編見て、凄く良さそうな作品だな~・・と思って気になっていた作品です。

こういう作品は、オーソドックスな人間ドラマにするのがベストですよね。
フォレスト・ウィテカーも久しぶりだし、いつも通りの見事な演技を見せてくれそうですね!

7人の大統領達とのそれぞれのエピソードなんかも興味津々です!happy02

投稿: ごみつ | 2014年3月 1日 (土) 02時03分

人間ドラマとしても、近代史の歴史ドラマとしても
充分に楽しめそうな内容に、興味があった作品です。

セレンディピティさんは、ジャッキー・ロビンソンまで
ご存じなんですね。
流石です!

投稿: イザワ | 2014年3月 1日 (土) 02時57分

セレンさん☆
やっぱり良さそうですよねー?この映画。
かなり前から『これは観よう!』と決めていたのですが、こうもアカデミー賞関連の映画の公開が多いと、なかなか手が回らず・・・
わりとお行儀がよすぎて・・・という評価も多いので迷っていましたが、私は「42~」や「ヘルプ~」が何より好きなので、これはツボりそう。
なんとかして観たいです☆

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年3月 1日 (土) 15時00分

✩ ごみつさま ✩
こんにちは。
楽しみにしていました、なんてありがとうございます♫
オーソドックスな人間ドラマですが
素直に心に響くすばらしい作品でした。

歴史的事件が多く、大統領が7人も登場するにもかかわらず
ひとつひとつのエピソードが手際よく、しかしていねいに描かれていて
自然と感情移入しながら見ていました。
編集がみごとだなーと思いました。

当時のニュース映像やTV番組がちょこちょこ登場して
時代の空気を感じることができたのも楽しかったです。^^

投稿: ✩ ごみつさま ✩ | 2014年3月 1日 (土) 17時46分

✩ イザワさま ✩
こんにちは。
シリアスな題材ながら、それを感じさせない軽やかさで
ハートフルなすばらしい人間ドラマになっていました。
多くの方に是非見てほしいなーと思える作品です。

投稿: ✩ イザワさま ✩ | 2014年3月 1日 (土) 18時12分

✩ ノルウェーまだ~むさま ✩
こんにちは。
ここのところ、アカデミー賞関連作品が目白押しで
どれを見ようか、迷ってしまいますね。
...といいつつ、今日は息子に合わせて、アカデミー賞とは
全く関係のないエージェントライアンを見てしまいました。^^;

この作品、アカデミー賞としては正統派すぎるのかもしれませんが
(といったら、英国王のスピーチもですけど...)
私はとっても気に入りました。
42やヘルプがお好きでしたら、きっと気に入られると思います♪
もしお時間がありましたら✩

投稿: ✩ ノルウェーまだ~むさま ✩ | 2014年3月 1日 (土) 18時22分

こんばんは。
フォレスト・ウィテカー良いですね。久方ぶりに彼の素晴らしい映画を見ました。
改めて激動のアメリカの歴史を目の当たりにして少々感動でしたね。

投稿: margot2005 | 2014年3月11日 (火) 20時53分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
フォレスト・ウィテカー、セシルの誠実な生き方が伝わってくる
すばらしい演技でしたね。
アメリカの近現代史、アフリカン・アメリカンの歴史が
セシルの家族の歴史を通じて描かれていて、感情移入してしまいました。
父子のドラマに胸が熱くなりました。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2014年3月12日 (水) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/55171828

この記事へのトラックバック一覧です: 「大統領の執事の涙」:

» 大統領の執事の涙 [風に吹かれて]
豪華キャストでアメリカ現代史 公式サイト http://butler-tears.asmik-ace.co.jp 監督: リー・ダニエルズ  「プレシャス」 「ペーパーボーイ 真夏の引力」 1920年 [続きを読む]

受信: 2014年3月 6日 (木) 14時49分

» 「大統領の執事の涙」タイトルが感傷的すぎる、実際は骨太な作品 [soramove]
「大統領の執事の涙」★★★★ フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、 ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、 キューバ・グッティング・Jr、テレンス・ハワード、 レニー・クラヴィッツ、ロビン・ウィリアムズ出演 リー・ダニエルズ監督、 123分 2014/2/15公開 2013,アメリカ,アスミック・エース (原題/原作:THE BUTLER ) 人気ブログランキングへ">>→... [続きを読む]

受信: 2014年3月 8日 (土) 20時34分

» 『大統領の執事の涙』 人間の範囲はどこまでか? [映画のブログ]
 西洋で発明されたものはたくさんある。  映画にラジオにレコード、蛍光灯に冷蔵庫に洗濯機、さらに自動車、飛行機、潜水艦といった物質的なものはもとより、大航海時代には遠方への航海のために多くの人から出資を募る株式会社の仕組みが考案され、統治システムとして議会政治も発達した。  西洋の発明品の中でも、私がもっとも重視しているのは「人権」だ。  この発明はあまりにも斬新すぎて、まだ世界に充分...... [続きを読む]

受信: 2014年3月10日 (月) 01時55分

» 映画:大統領の執事の涙 The Butler 黒人執事からみた、アメリカ現代史。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
奴隷からのし上がってなんと大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男(フォレスト・ウィテカー)の波乱に満ちた人生。 これを描く監督は、リー・ダニエルズ(「プレシャス」「ペーパーボーイ 真夏の引力」「チョコレート」) この点で、一定以上の水準が確実にある...... [続きを読む]

受信: 2014年3月10日 (月) 20時14分

» 「大統領の執事の涙」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Butler」2013 USA セシル・ゲインズに「ラストキング・オブ・スコットランド/2006」「バンテージ・ポイント/2008」のフォレスト・ウィテカー。 グロリア・ゲインズに「プレシャス/2009」のオプラ・ウィンフリー。 ルイス・ゲインズに「ペーパーボーイ 真夏の引力/2012」のデヴィッド・オイェロウォ。 セシルの同僚カー ター・ウィルソンに「ザ・エージェント/1996」「アメリカン・ギャングスター/2007」のキューバ・グッディング・Jr。 同じくジェームズ・ホロ... [続きを読む]

受信: 2014年3月11日 (火) 20時50分

» [映画][☆☆☆★★]「大統領の執事の涙」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「プレシャス」のリー・ダニエルズ監督、「ラストキング・オブ・スコットランド」のフォレスト・ウィテカー主演。34年間、ホワイトハウスバトラー(執事)として勤めたアフリカ系アメリカ人の視点を通じ、この間に起こった歴史的な事件と、時代に翻弄される人々の姿を描... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 19時22分

« チョコレートトリュフと焼菓子いろいろ | トップページ | 塩瀬さんの桜餅と、サクラのあれこれ »