« オレンジアーモンドブラウニー & ハートのガトーショコラ | トップページ | フェルディナント・フォン・シーラッハ 「コリーニ事件」 »

「ラッシュ/プライドと友情」

1976年のF1グランプリで壮絶なタイトル争いを繰り広げた2人のレーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントのライバル関係を描いたヒューマンドラマ、「ラッシュ/プライドと友情」(Rush)を見ました。監督は「ビューティフル・マインド」「フロスト×ニクソン」のロン・ハワード。

Rush_6

1970年代、F1黄金時代。フェラーリに乗るニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)と、マクラーレンに乗るジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)は、性格もドライビングスタイルも全く違うことから何かと比較され、F3にいた頃から互いに意識し、競い合う間柄でした。

1976年のグランプリシリーズで首位を独走していたラウダは、ドイツ大会で悪天候の中コントロールを失い、炎に包まれる大事故に見舞われます。再起が危ぶまれる大怪我を負いながら、なんと42日後に復帰。入院中にじりじりと順位を上げていたハントを振り切るべく、最終戦に挑みますが...。

Rush_7

予告を何度も見て楽しみにしていた作品。F1をほとんど知らない私も、ニキ・ラウダの名まえは憶えがありましたが、1976年にこんな壮絶なドラマがあったことをこの作品を見て初めて知りました。手に汗にぎる熱い戦いと、伝説の名レーサーの素顔に迫る人間ドラマを堪能しました。

オーストリア出身のラウダは、緻密な思考ととぎすまされた感覚でマシンを整備し、冷静沈着な試合運びをする職人のようなレーサー。走るコンピュータというニックネームも納得です。対するイギリス出身のハントは、天賦の才能と卓越した度胸でぐいぐいと攻める、まさに勝負師といったレーサー。

陽気で華やかで、いつも女性たちに囲まれているハントと、レーサーには珍しい、地味で物静かなラウダ。まるでタイプの違う2人ですが、ともに走ることに魅せられて、反対する家族のもとを飛び出してこの世界に入った熱血漢です。

映像ではどうしても、かっこよくて華のあるハントに目が行ってしまいますが、もの静かに見えて内に情熱を秘めた、ラウダのことばや行動の数々が不思議と心に響きました。

Rush_4_2

ただでさえ20%の命の危険があるというF1レース。悪天候となったドイツ大会で、これ以上の危険は受け入れられないとレースの中止をよびかけるラウダに、この機にポイントを挽回したい勝負師のハントは続行を主張。結果、この大会でラウダは瀕死の重傷を負うことになります。

ラウダが入院している間に、次々と大会に出て首位のラウダを追い上げるハント。TV放映されているそのレースの模様を、ものすごい形相でにらみつけながら、苦しい治療を続けるラウダの姿は、鬼気迫るものがありました。

Rush_1

ハントとラウダの関係は、友情というのとはちょっと違う気がしました。相手を徹底的にやっつけるべく、容赦をしない。時に相手を挑発し、心理的に揺さぶることも厭わない。相手が欠場すれば、それを好機と見てポイントをかせぐ...。ライバル心をむき出しにする2人は、格闘家のようにも見えました。

でも、命がけの真剣勝負をしていた2人は、誰よりもお互いを理解し、認め合っていたのだと思います。よいライバルは、自分を輝かせる鏡のような存在。交わす少ないことばの中に、百の思いを感じました。

Rush_3

↑ ニキ・ラウダとジェームス・ハント (ご本人)

|

« オレンジアーモンドブラウニー & ハートのガトーショコラ | トップページ | フェルディナント・フォン・シーラッハ 「コリーニ事件」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

実は私、往年のF1ファンでして、70年代から90年代くらいまで、かなり詳しく観ていました。70年代は大きな変革期で、ラウダのレース中止勧告は、当時かなり話題になりました。いささか危険過ぎるマシンとコースが多すぎて、当時は事故も派手でした。ラウダの事故とスパやホッケンハイムでの観客を巻き込んだ事故があって、ようやく安全対策に本腰になったのですが、反面レースのスリルが喪われたのも事実です。
白状すると、当時は「安全なレースなんて、レースじゃない!」と投稿していた過激ファンの一人が私でした。いささか稚拙だったと今は考えていますが、当時はけっこう本気でしたよ。
余談ですが、欧州のドライバーって道を譲り合うことないです。田舎の細い道を、そこのけそこのけと猛スピードで走ってくるのに呆れたものです。あの気質だからこそ、F1レースが生まれたのだと友人の車で旅行しながら実感したものです。

投稿: ヌマンタ | 2014年2月14日 (金) 16時47分

☆ ヌマンタさま ☆
こんにちは。
ヌマンタさんは、F1ファンでいらっしゃいましたか。
レースのシーンは臨場感たっぷりで、ゾクゾクするスリルがありましたよ。
王者ラウダの冷静な言動だったからこそ
その後のF1レースにかなり影響を与えたのでしょうね。
命がけのレースだからこそ、興奮と感動を与えるでしょうが
だからといってこんなことに命をかけるなんてナンセンスだとも思います。
ドイツのアウトバーンは制限速度がなかったと思いますが
このスピードにかける情熱は狩猟民族ならではのものかもしれませんね。
ヨーロッパにレーシングカーの名車が生まれ
モータースポーツが盛んになったのも納得です。

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2014年2月15日 (土) 18時39分

こんばんは!

私も今日、見に行ってきました~~。happy01
良かったですよね。
これは、男性ならたまらないだろうと思います。

「ハート・ロッカー」もそうでしたけど、死と隣り合わせじゃないと生命を実感できないタイプの男性が一定の割合でいるのでしょうね。

この映画、ドラマとしてもよく出来てたし、レースのシーンも良かったです。

F1今まで全く興味なかったけど、少し世界がわかって魅力が理解できた気がします。

クリス・ヘムズワース、かっこ良かったよね。lovely

投稿: ごみつ | 2014年2月17日 (月) 00時58分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
ラッシュ、よかったですよね~☆
男性にかぎらず、女性にもたまらない映画でした。
私の時は、カップルで見に来ていた方が多かったですよ。
レースに命をかける男がいる一方で
そういう男性に惚れてしまう女性の気持ちもわかります。
レーサーがもてる理由がわかりました。^^

クリス・ヘムズワース、やっぱり華があってかっこいいですね。
ジェームス・ハントはナイスなキャスティングでした。
ダニエル・ブリュールもすてきでした。
迫真した演技でがんばってましたね。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2014年2月17日 (月) 08時11分

F1は、そんなに熱心な方ではありませんでしたが、
トップ同士の熾烈なライバル関係はその争いの中、
心の底では、お互いを認め、技術をさらに向上させていく
ある意味、深い友情なのかもしれませんね。
私は、平凡なスポーツマンでしたが、それでも
負けたくない相手がいてそれなりに(笑)、努力したものです。
こういう、ストーリー好きです!

投稿: イザワ | 2014年2月18日 (火) 01時28分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
F1にかぎらず、どの世界でもよきライバルがいることで
自分を磨き、向上させていくことができるのでしょうね。
男性同士はお互いに認め合っていても
それを軽々しく口にできなかったりするものですが
心の中では連帯し、理解している...
そんなところが伝わってくるすてきな作品でした。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2014年2月18日 (火) 08時22分

私も観て来ました。
F1にはまったく興味がないのですが
友人に誘われて仕方なく、という感じでした。
が、よかったです!
気持ち良く感動しました。

最後の御本人の写真、お借りしました。
事後報告ですみませんm(--)m

投稿: zooey | 2014年2月20日 (木) 21時45分

☆ zooeyさま ☆
こんにちは♪
ラッシュ、見に行かれたのですね~☆
とってもよかったですね。
F1を題材にしていますが、人間ドラマとして見応えがありました。

最後の画像、私もネットから勝手にお借りしたものなので^^
ノープロブレムです♪

投稿: ☆ zooeyさま ☆ | 2014年2月21日 (金) 10時26分

こちらにもコメントします(o^-^o)
夫がニキ・ラウダの大ファンでして、20年以上前ですが、目の前を運転する私の叔母のベンツがすごいコーナーリングをした時に「今のはニキ・ラウダかと思った…」と冗談を言ったのがニキ・ラウダを知ったきっかけでした(爆)因みに叔母は普通の日本に住む日本人で着物を着た女性ですが、運転すると人が変わるんです。
欧州人のF1熱、ドライビングがスポーツとされるのは、あの道路、風景、そしてドイツやイタリアの運転が楽しくなる車があるからなんだと思います。ドイツは今じゃ時速200km以上出せるところはごく一部の限られた道だけですけどね。ラウダはドイツではずーっとF1解説者でお馴染みの顔でした。ケロイドになった顔が特徴で、いつも帽子かぶっているんですが、髪の毛も生えないくらい頭も凄かったですよ。まぁ、まったくそんな事気にならないほど饒舌でした、オーストリア訛でしたが。
この映画、あっという間にアメリカでは終わっちゃって見逃しました。確か2週間くらいだったと思います。アメリカ人はF1好きな人少ないですからね。

投稿: schatzi | 2014年2月21日 (金) 21時28分

☆ schatziさま ☆
こちらにもコメントありがとうございます♪
なんと、ご主人さまはニキ・ラウダのファンでいらしたのですね~
ベンツで疾走する叔母さま、かっこいいです☆
ヨーロッパは絵になる風景がたくさんありますし
魅力的な車も多いですしね。
スピードはともかく、いつかのんびりドライブ旅行してみたいです。
ラウダ、映画でも特殊メイクですごいケロイドになっていましたが
それが気にならないほどの魅力を感じました。
いい映画でしたが、アメリカではすぐ終わっちゃったんですね...残念。
機会があったら、おうちで是非ご覧になってみてください☆

投稿: ☆ schatziさま ☆ | 2014年2月22日 (土) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/54976045

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラッシュ/プライドと友情」:

» ラッシュ/プライドと友情 (試写会) [風に吹かれて]
宿命のライバルは神の恵 公式サイト http://rush.gaga.ne.jp2月7日公開 実話の映画化 監督: ロン・ハワード 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ [続きを読む]

受信: 2014年2月14日 (金) 23時50分

» ラッシュ/プライドと友情  RUSH [映画の話でコーヒーブレイク]
昨年末から映画館の予告編で、TVで盛んにCMしているロン・ハワード監督作品。 飛行機の中で鑑賞。 旅行の帰路、小さなモニターで見たので、レースの迫力は感じられず、旅の疲れで時々ウトウトしてしまって…何度か巻き戻してみたので、しっかりと内容を理解できたのか?ち...... [続きを読む]

受信: 2014年2月16日 (日) 23時27分

» 『ラッシュ プライドと友情』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情」 □監督 ロン・ハワード□脚本 ピーター・モーガン□キャスト クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリビア・ワイルド、       アレクサンドラ・マリア・ララマルレーヌ、ピエルフランチェスコ...... [続きを読む]

受信: 2014年2月17日 (月) 08時30分

» ラッシュ/プライドと友情 [ごみつ通信]
Rush2013年/アメリカ・イギリス・ドイツ (監)ロン・ハワード(演)クリス [続きを読む]

受信: 2014年2月21日 (金) 00時01分

» ラッシュ プライドと友情 : クリス・ヘムズワース主演作その1 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日はファーストデイ(私の世代的には”映画の日”)ということで、クリス・ヘムズワースの作品を二本観てきました。その中で、本日紹介するのはこちらになります。 【題名 [続きを読む]

受信: 2014年2月26日 (水) 09時25分

» ラッシュ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ラッシュ/プライドと友情』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)随分と評判が良さそうなので、遅ればせながら映画館を覗いてみました。  本作は、「プライドと友情」という副題からもわかるように、専ら1976年の出来事に焦点を当てながら、二人の天才的なF1レーサー(...... [続きを読む]

受信: 2014年3月10日 (月) 21時05分

» 映画:ラッシュ/プライドと友情 Rush あまりにドキュメンタリー的な、ド迫力で一本勝負ムービー! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
F1レーサー史上最高のライバル対決。 マクラーレン(写真:左)=ジェームス・ハントと、フェラーリ(写真:右)=ニキ・ラウダ。 1976年のことだから、フジテレビが常時中継していたわけでもない時代(と予想する) 内容はよくわからないが、凄い闘いだったことは、う...... [続きを読む]

受信: 2014年3月10日 (月) 23時47分

» ラッシュ/プライドと友情 / RUSH [勝手に映画評]
1976年のF1を舞台に描く、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダの友情。 良いですねぇ。単なるレーシング映画ではありません。確かに、ヒューマンドラマです。「事実は、小説より奇なり」と言う言葉がありますが、この映画の場合は「事実は、映画よりドラマティック」と言え...... [続きを読む]

受信: 2014年3月11日 (火) 22時42分

» 「RUSHープライドと友情ー」 [ここなつ映画レビュー]
この作品を観に行ったのは、東京に大雪が降った日の事でした。どうしても済ませなければならない用事があり、こんな天気にわざわざ出掛けるのだからついでに観て来よう、と。暇を持て余している次男が一緒に行きたいと言うので、「観るのはこの作品。それでもいい?」と念押しして同行させる事に。「友情ものとかオレ好きじゃないんだよね。」と前から言っていた事もあり、どうするかと思いきや、大雪の日にお出掛け、の誘惑に負けてついてくる事に。鑑賞後曰く、「ちゃんとした映画だったから面白かった。」…生意気言っちゃって!でも事実だ... [続きを読む]

受信: 2014年5月23日 (金) 18時56分

» スピードを追い求める2人の [笑う社会人の生活]
13日のことですが、映画「ラッシュ/プライドと友情」を鑑賞しました。 壮絶なタイトル争いを繰り広げた F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハント 性格もドライビングスタイルも正反対の2人の死闘とライバル関係を描く F1を描いた作品ながら、ラウダとハント 2人...... [続きを読む]

受信: 2014年6月17日 (火) 22時52分

» 映画「ラッシュ/プライドと友情」レビュー(伝説のFIレーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハント) [翼のインサイト競馬予想]
映画「ラッシュ プライドと友情」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画『ラッシュ/プライドと友 ... [続きを読む]

受信: 2014年12月 7日 (日) 21時04分

» ラッシュ/プライドと友情 (Rush) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ロン・ハワード 主演 クリス・ヘムズワース 2013年 イギリス/ドイツ/アメリカ映画 123分 ドラマ 採点★★★ 特にスポーツをやっていたわけじゃないので、所謂ライバルって存在には縁のなかった私。仕事や趣味の場など人間関係においても、好き嫌いが激しく…... [続きを読む]

受信: 2016年4月26日 (火) 12時20分

» ラッシュ プライドと友情 [象のロケット]
1976年、自動車レースF1黄金時代。 人々を夢中にさせたのは、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダ(オーストリア:1949年〜)と、ドライビングテクも私生活も情熱型のジェームス・ハント(イギリス:1947〜1993年)、二人の天才レーサーだった。 “墓場”と呼ばれる世界一危険なサーキット、ドイツのニュルブルクリンクで、ラウダの車がクラッシュし、400度の炎に包まれるのだが…。 実話カーアクション。 PG-12。... [続きを読む]

受信: 2016年4月27日 (水) 10時10分

« オレンジアーモンドブラウニー & ハートのガトーショコラ | トップページ | フェルディナント・フォン・シーラッハ 「コリーニ事件」 »