« シルク・ドゥ・ソレイユ 「オーヴォ」 | トップページ | コレド室町と「鶏三和」さんのふわとろ親子丼 »

「LIFE!」

3月20日にオープンしたTOHOシネマズ日本橋に、ベン・スティラー監督・主演のアドベンチャードラマ、「LIFE!」(The Secret Life of Walter Mitty)を見に行きました。最初の週末で混んでいるかな?と思いきや、予約の時点であっさりいい席がとれてほっとしました。

マッコウクジラがまるまる収まる(!)ゆるやかに湾曲した大スクリーン、都内初の立体音響ドルビーアトモスなど、体感するのを楽しみにしていました。映画はグリーンランドやアイスランドの大自然や、動きのあるシーンも多く、大迫力の映像と音響を堪能しました。

Mitty_1

原作はジェームス・サーバーの「虹をつかむ男」という小説で、1947年にもダニー・ケイ主演で映画化されています。今回は、数々の名カメラマンを輩出した伝統の写真雑誌「LIFE」の印刷版が廃刊され、会社が事業再編される...という今の時代を反映した設定になっていました。

主人公のウォルター(ベン・スティラー)は、LIFE誌の写真ネガ係。フォトジャーナリストのショーン(ショーン・ペン)から、ウォルターの長年の労への感謝の手紙とともにネガが送られてきて、その中には最終号の表紙を飾る1枚もあるはずでしたが、どこにも見当たりません。

LIFEとともに誇りと責任をもって仕事してきたウォルターは、大事な1枚のネガを探すため、撮影で世界中を飛び回っているショーンを追いかけて、冒険の旅に飛び出します...。

Mitty_4

一時期何度も予告を見ていて気になっていた作品。ベン・スティラーというと、私の中では「ナイト・ミュージアム」の印象が強いですが、ちょっぴり冴えない役どころを飄々と演じるのがうまいなーと思います。

ウォルターは、同僚でシングルマザーのシェリル(クリステン・ウィグ)に密かに想いを寄せていますが、内気ゆえになかなか声もかけられません。でも彼は、空想の世界ではいつだってかっこいいヒーローで、大冒険を繰り広げているのです。

そんな彼が、LIFEでの最後の仕事のために世界に飛び出し、リアルな冒険を通じて少しずつ成長していく姿がまぶしかったです。旅先での出会いや、家族やシェリルたちとのあれこれ、あいかわらず彼の空想も紛れ込みますが、どれもすてきな物語のピースとなっていました。

Mitty_8

メッセージのことばを映像の中に映り込ませたり、いろいろな映画へのオマージュがところどころに散りばめてあったり...コミカルというのとはちょっと違う、さりげないユーモアにセンスを感じました。

使われている音楽もいいなーと思ったら、「プラダを着た悪魔」を手がけた方が担当されていると知って納得しました。主題歌の”Step Out”も印象的ですが、懐かしかったのはRupert Holmesの”Escape”。そしてクリスティン・ウィグがギターを弾きながら歌うDavid Bowieの”Space Oddity”がとてもよかったです。

Mitty_6_2

新しい一歩を踏み出す今の季節にぴったりの、さわやかな余韻の残る作品でした。

|

« シルク・ドゥ・ソレイユ 「オーヴォ」 | トップページ | コレド室町と「鶏三和」さんのふわとろ親子丼 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

あ、これダニー・ケイの「虹をつかむ男」のリメイク作品なんだ!!
「虹~」は未見ですが、この映画有名なのでタイトルは知ってました~。

是非、2本を見くらべてみたいです。happy01

「Life!」はヒットしてますよね。私も予告編みる度に面白そう~~って思ってました。劇場はムリかもしれないけど絶対に見たいな~。happy01

TOHOシネマズ日本橋にも早く行ってみたいな!

投稿: ごみつ | 2014年3月29日 (土) 01時21分

気になっている映画です!
主人公が写真に関係ある仕事なので、余計に(笑
映画のような現代の冒険の旅!
憧れます!
いつかやってみたい~(笑

投稿: イザワ | 2014年3月29日 (土) 01時51分

この映画、CMや予告を観ていてとても気になっていました。
俳優さんがナイトミュージアムの印象が強いので、どんな感じなのかなぁと興味があります。
ぜひ映画館で観たいなと思っていましたが、いつの間にか世間は春休み・・・混んでそうだなぁと尻込みしています。

投稿: ruri | 2014年3月29日 (土) 09時07分

セレンさん☆
これからの季節、旅行に出かけたくなる、1歩歩みだしたくなるような、そんな背中を押してくれる映画ですよね。
さえないイメージのベンがどんどん素敵に見えてくるのは、本当に映画そのもので、監督でもある彼の手腕が見事だったと言うことなのでしょうね。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年3月30日 (日) 00時49分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
そうなんです。「虹をつかむ男」のリメイクなんですよ。
旧作では、主人公は校正係という設定のようです。
DISCASにあったので、私も早速予約しました。
比べて見るのが楽しみです♪

LIFE! 爽快感があって今の季節にぴったりのすてきな作品でした。
いつか是非ご覧になってみてください☆

TOHO日本橋はごみつさんにはお仕事帰りにも便利そうですね。
こちらも是非。今後のラインナップも気になりますね。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2014年3月30日 (日) 09時37分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
写真に関係のある作品なので、イザワさんにぴったりですよ。
美しい大自然の風景をはじめ
映像の見せ方も凝っていて、専門家のお立場からも
きっと楽しめると思います。
お時間がありましたら是非☆

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2014年3月30日 (日) 09時41分

☆ ruriさま ☆
こんにちは。
ruriさんも気になっていらっしゃいましたか。
この作品、予告もよくできていましたよね。
映画も軽やかでさわやかなすてきな作品でした。
お時間がありましたら...。

投稿: ☆ ruriさま ☆ | 2014年3月30日 (日) 09時47分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
息子が終わったとたんに「おもしろかった~」と言ってましたが
さわやかな余韻の残るすてきな作品でしたね。
今の季節にぴったり♪と思いました。

ぼんやり屋のベンが、いつの間にかかっこよく見えてくるのが
不思議でした。ベン・スティラーってポーカーフェイスというか
目に見えて変わっているわけではないのに...
微妙な表情の違いで、演じて分けているのでしょうね。
俳優としても監督としても改めて見直してしまいました。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年3月30日 (日) 10時16分

あらら…
私もこの作品、気になっていて
しかもこの間、日本橋まで行ったんですよ。
でもあちこち用があって時間が合わなくて
残念でした~
日本橋TOHO、そんな素敵な大スクリーンなのですね。
やっぱり新しいということは、それだけのことがありますね!

投稿: zooey | 2014年3月30日 (日) 16時26分

☆ zooeyさま ☆
こんにちは。
zooeyさんも気になっていらしたのですね☆
こちらはすっきり爽快な気分になれるすてきな作品でしたよ。
zooeyさん、ちょうど同じ頃に三越に行ってらしたので
私もあっ!と思っていました。^^
TOHO日本橋、まだできたてほやほやで気持ちよかったです。
席も(プレミアシートでなくても)ゆったりしてた気がしますし
映像、音響もよかったです。機会がありましたら☆

投稿: ☆ zooeyさま ☆ | 2014年3月30日 (日) 16時58分

初めましてqです
ノルウエーまだむのところで何時も御一緒しております
qと申します。
映画関連でトラック・バックに失敗しまして・・・
セレンティピティさんのところに入れてしまいました
失礼qです!!!
えーとですね。映画の方は この「http://blog.goo.ne.jp/qmaytoto」なんですが
http://qwetty.blog64.fc2.com/

こっちは食・プライベートを書いてます


投稿: 初めましてqです!ごめんなさい! | 2014年4月 2日 (水) 14時53分

☆ qさま ☆
初めまして。
qさん、まだ~むさんのところでいつもご一緒していて
よく存じ上げていますよ.
コメント&TB、ありがとうございました。

qさんは映画とプライベートと2つ
ブログを書いていらっしゃるのですね。
今度、改めてお邪魔させていただきますね。

投稿: ☆ qさま ☆ | 2014年4月 3日 (木) 10時08分

こんばんは。

日本橋にTOHOシネマズできたんですよね。一度行ってみたいです。
さて本作は予告も全く観ていなかったので、新鮮でとても素敵に見える映画で満足しました。普段暗い映画を観る事が多いので、たまにこういった映画を観るととても心癒されます。
ベン・スティラーも50歳でしょうか?この方才能豊かな素敵なハリウッド俳優で好きです。

投稿: margot2005 | 2014年4月22日 (火) 20時41分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
TOHO日本橋、最新鋭の設備で快適に鑑賞できました。
和をモチーフにしたインテリアもすてきでしたよ。
これからのラインナップが気になるところですが
LIFE!はオープニングにぴったりのすてきな作品でした。
心が軽やかになりましたね。

ベン・スティラー、派手ではないですが
さりげないセンスが感じられる方ですね~
本作品でその才能を大いに見直してしまいました。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2014年4月23日 (水) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/55535317

この記事へのトラックバック一覧です: 「LIFE!」:

» LIFE! (試写会) [風に吹かれて]
ネガを探して大冒険人生の真髄に迫る 公式サイト http://www.foxmovies.jp/life3月19日公開虹を掴む男(1947年)のリメイク 原作: 虹をつかむ男 (ジェイムズ・サーバー著 [続きを読む]

受信: 2014年3月29日 (土) 20時41分

» 「LIFE !」☆リアルの素晴らしさ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
これは素敵! 胸が熱くなり、わくわくして心弾み、さらに高揚感が増していく。 そして最後にこの映画と自分自身が愛おしくなる。 まさに『その一歩』を踏み出したくなる、生きている間に生まれ変われる映画☆... [続きを読む]

受信: 2014年3月30日 (日) 00時47分

» LIFE!   The Secret Life of Walter Mitty [映画の話でコーヒーブレイク]
3月19日から公開の本作、久々に試写会に当選し六本木の試写室で見てきました。 ネットや携帯電話の普及に伴い、私たちの生活は驚くほど変わってしまいました。 そんな時代の流れの中で、新しく台頭する産業がある一方、衰退していく産業があって、 なんだかちょっと寂し...... [続きを読む]

受信: 2014年3月30日 (日) 11時52分

» 『LIFE!』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「LIFE!」□監督 ベン・スティラー□脚本 スティーブ・コンラッド□原作 ジェームズ・サーバー□キャスト ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、     アダム・スコット、キャスリン・ハーン、ショーン...... [続きを読む]

受信: 2014年3月31日 (月) 08時54分

» LIFE!The Secret Life of Walter Mitty [Said q winning]
監督:ベン・スティラーキャスト:ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペンストーリー:雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、 思いを寄せる女性と...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 2日 (水) 14時44分

» LIFE! [映画的・絵画的・音楽的]
 『LIFE!』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思い、映画館に行ってきました(注1)。  本作の主人公は、世界的に有名な写真雑誌『Life』(注2)の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー)。  冒頭では、婚活サイトのよ...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 4日 (金) 21時57分

» LIFE! / The Secret Life of Walter Mitty [勝手に映画評]
1947年のダニー・ケイ主演の映画『虹を掴む男(The Secret Life of Walter Mitty)』のリメイク(あるいは、はやりのリブート?)作品。 「この映画の主人公は、貴方です」と言うのがこの映画のキャッチコピーですが、洋画の日本国内向けキャッチコピーとしては、珍しく...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 6日 (日) 09時42分

» 「LIFE!」一歩踏み出す勇気、そして映画的な創造世界 [soramove]
「LIFE!」★★★★☆ ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、 ショーン・ペン、シャーリー・マクレーン出演 ベン・スティラー監督、 115分 2014年3月19日公開 2013,アメリカ,20世紀フォックス映画 (原題/原作:THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「雑誌『L... [続きを読む]

受信: 2014年4月10日 (木) 21時33分

» 『LIFE!』 赤か青なら、赤を選ぼう! [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】   いったい、どうしろと云うのだ!?  映画が進行するにつれ、私は居心地の悪さを覚えはじめた。  『LIFE!』は1947年のダニー・ケイ主演作『虹を掴む男』のリメイクだが、2007年に70年の歴史に幕を下ろしたグラフ誌『LIFE』を絡めることで、現代的になっている。  雑誌そのものを手に取ったことはなくても、『LIFE』の名を知る人は多いだろう。マンガ家...... [続きを読む]

受信: 2014年4月21日 (月) 23時38分

» 「LIFE!」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Secret Life of Walter Mitty」2013 USA 監督、製作、出演(ウォルター・ミティ)に「僕たちのアナ・バナナ/2000」「ペントハウス/2011」のベン・スティラー。 シェリル・メルホフに「ローラーガールズ・ダイアリー/2009」「宇宙人ポール/2010」のクリステン・ウィグ。 テッド・ヘンドリックスに「やさしい嘘と贈り物/2008」のアダム・スコット。 オデッサ・ミティに「ホリデイ/2006」のキャスリン・ハーン。 エドナ・ミティに「ココ・シャネ... [続きを読む]

受信: 2014年4月22日 (火) 20時35分

« シルク・ドゥ・ソレイユ 「オーヴォ」 | トップページ | コレド室町と「鶏三和」さんのふわとろ親子丼 »