« 「エージェント:ライアン」 | トップページ | 「偽りなき者」「ロイアル・アフェア 愛と欲望の王宮」 »

電子書籍で「風立ちぬ」を読む

電車の中で本が読み終わってしまったので、青空文庫で久しぶりに「風立ちぬ」を再読しようと思い立ちました。

青空文庫は、著者の没後50年以上経て著作権が消えた文学作品を公開している無料の電子図書館。その数なんと、12000作品以上です。夏目漱石の「こころ」や中島敦の「山月記」といった教科書にも載っていた懐かしい小説から、宮沢賢治、太宰治...ディケンズなどの海外の作品も豊富です。

book 青空文庫(PCサイト)
book 青空文庫について(Wikipedia)

以前、本になっていないマイナーな作品など探してPCで読んでいましたが、今はスマートフォン向けのアプリも出ています。iPhoneでは「i読書」というアプリですが、このほかKindleのアプリから探して読むこともできます。

無料で読めますし、専用端末がいらないので、電子書籍をちょっと試してみたい...という時にお勧めです。iPhoneだと、字の大きさは変えられるものの、画面がやや小さく感じられますが、iPadや専用端末(Kindle、Kobo、Sony Readerなど)を使うと、より読みやすくなると思います。

私は前に遡りながら読むクセがあるので、紙の本の方が、だいたいこのあたりだったな...とページが探しやすいですが、これは慣れの問題もあるかもしれません。これからも紙の本が中心になると思いますが、電子書籍は思い立った時にすぐに読めるので上手に利用したいと思います。

          clover          clover          clover

さて...先日、花束の作り方を教えてもらいました。

2014030701

色とりどりのお花をらせん状に束ねていくだけですが、お花があちこち向いてしまって意外と難しい。お花屋さんのようにはいきませんが、お花本来の美しさに助けられました。

2014030702

早速花びんに移し替えて、玄関に飾っています。ここのところ、また寒い日が続いていますが、お花が長持ちするのでそれはそれでうれしい。一足早い春の気分を楽しんでいます。

|

« 「エージェント:ライアン」 | トップページ | 「偽りなき者」「ロイアル・アフェア 愛と欲望の王宮」 »

」カテゴリの記事

コメント

電子書籍も随分、普及してきたように思います。
以前は、専用端末のみだったので、一度ほぼ消えてしまいましたが、
スマートフォンや、タブレットの普及に伴い、復活した感じですね。
印刷代や紙代が掛からないので、電子出版は意外と作りやすく
私も和太鼓の写真集を電子出版させて頂いています。
売れ行きは???ですが(笑)
でもほ~~~んの僅かですが、印税が振り込まれていました(笑)

投稿: イザワ | 2014年3月 9日 (日) 02時27分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
電子書籍、専用端末をわざわざ買うというと敷居が高いですが
スマートフォンで読めたら気軽にトライできますね。
イザワさんの和太鼓の写真集も電子出版だったのですね。
なるほど、読む側・見る側だけでなく
出版する側からいっても、手軽に作れて
しかも在庫をもつ必要がない...というメリットがありますね。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2014年3月 9日 (日) 11時31分

こんばんは。tulip

もうこれから本の電子化の流れはとまらないだろうな~って思います。
とにかく無駄な資源を使わなくてすむし、在庫を持たないで良いのが、出版社にとってはメリットだと思うし、予算の関係で再版できなかったタイトルもアップできるし、良い事いっぱいありますからね。

まだまだ紙の本で慣れ親しんできた人達が圧倒的なので、すぐには紙もなくならないでしょうが、時代はどんどん進んでいきますよね。

お花すごいきれ~い!!一足先に春めいた気分になります!tulip

投稿: ごみつ | 2014年3月10日 (月) 02時01分

こんにちはー。
電子書籍、まだ未体験です…。
気にはなるものの、アナログ人間としては、
紙の本へのこだわりが捨てられず。
でも、LPレコードからCDになったときも(ってふっるーい!)、
私はかなり抵抗したのに、いまやダウンロードして音楽を聴いている…。
いつかは電子書籍に抵抗なくなるのでしょうか。
乗り遅れたくないと思いますけれどねー。

投稿: linen | 2014年3月10日 (月) 10時25分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
そうですね...部数を気にせずに出版できますから
大学などで使う専門書はこれからは電子書籍という方向に
進むことになるでしょうね。

ビジネス書や新書みたいに旬が大事な一過性の本は
電子書籍でもいいかな~と思いますが
お気に入りの本は紙の質感や美しい装丁を楽しみながら読みたいですね。
私もしばらくは紙の本が中心になると思います。

ありがとうございます♪
大好きなピンク~紫の花を中心に束ねてみました。
お花屋さんの店先も一気に春めいてきましたね。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2014年3月10日 (月) 21時33分

☆ linenさま ☆
こんにちは。
iTunesやネットストリーミングなど、音楽や映像をめぐる
環境もどんどん変わってきていますね。
私もしばらくは紙の本が中心になると思いますが
電子書籍にもそれほど抵抗はないので上手に取り入れたいなと思います。
ご興味があれば、お試しされるといいかもしれませんね。

投稿: ☆ linenさま ☆ | 2014年3月10日 (月) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/55269474

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍で「風立ちぬ」を読む:

« 「エージェント:ライアン」 | トップページ | 「偽りなき者」「ロイアル・アフェア 愛と欲望の王宮」 »