« セント・パトリックス・デイと緑の朝食 | トップページ | 「LIFE!」 »

シルク・ドゥ・ソレイユ 「オーヴォ」

来日公演中のシルク・ドゥ・ソレイユの最新作、「オーヴォ」(OVO)を見に行きました。場所はお台場、ダイバーシティ東京前の広場です。駅を出ると大きな特設テントが見えるので、目指して歩きます。

Ovo_1

シルク・ドゥ・ソレイユはカナダはモントリオール発のアクロバット集団。舞台装置、衣装、音楽、演出...どれをとっても芸術性が高く、クラシックバレエやモダンダンス、パントマイムなどの要素を取り入れたパフォーマンスは、従来のサーカスの枠を超えた魅力にあふれています。

私は初めて「キダム」を見てシルク・ドゥ・ソレイユの虜になり、その後はニューヨークで何度か新作の公演を見ました。ヨーロピアンテイストの洗練された舞台は、ニューヨークでも大人気でした。3年前の「クーザ」を震災の影響で見逃してしまったので、今回久しぶりの公演を楽しみにしていました。

ちなみに「オーヴォ」とはポルトガル語で卵という意味。命の神秘や生命賛歌、そして愛をテーマにした舞台は幻想的で、イースターシーズンにぴったりのすてきな作品でした。登場するキャラクターはみな虫をイメージしていて、ディズニーのバグズ・ライフを思い出しました。

Ovo_5

舞台の進行をつとめるクラウン3人も、今回は虫の姿。ぽっちゃりチャーミングなてんとう虫の女の子に恋する、卵を背負ったトゲトゲ虫の猛アタックがかわいくて、にっこりしました。

Ovo_10_2

私が一番気に入ったのは、1本のロープを使ったパフォーマンス「バタフライ」。さなぎをイメージした布をまとった姿から蝶へと羽化していく様子が、コンテンポラリーバレエで表現されます。写真で見ると筋肉隆々ですが、愛をテーマにしたしなやかなダンスはロマンティックで幻想的。うっとりする美しさでした。

Ovo_15_2

「フライング・アクト」。いわゆる空中ブランコですが、虫たちが左から右へ、右から左へとテンポよく跳躍する姿はリズミカルで躍動感あふれ、わくわくしながら見入りました。

Ovo_2

ポールを使ったパフォーマンス「オーバロ」。体操選手のようなアクロバティックな技も、バレエのような優雅な動きで幻想的。物語を感じさせる舞台に引き込まれました。

Ovo_6

クライマックスの「ザ・ウォール」。ロック・クライミングと、十字に設えたトランポリンを組み合わせた力強いパフォーマンスです。

Ovo_17

ジャングルに住む虫たちと植物、そして音楽はボサノバやサンボが取り入れられ、アマゾンやブラジルをイメージした舞台でした。キャストが勢ぞろいする華やかなフィナーレは圧巻。ディーバが歌うテーマ曲も印象的で、今も気がつくと口ずさんでいます。夢のような時間でした。

シルク・ドゥ・ソレイユの過去記事を、リンクさせていただきますね。
event 「La Nouba」(ラ・ヌーバ) @ウォルト・ディズニー・ワールド
event 「ZED」(ゼッド) @東京ディズニーリゾート

|

« セント・パトリックス・デイと緑の朝食 | トップページ | 「LIFE!」 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

セレンさん☆
いいですね~~
ダイナミックでいて繊細で、優雅で力強い・・・

実は私まだシルクドソレイユ観たことないのでした。
代々木の目と鼻の先で、度々やっているのにね・・・
いつかゼッタイ行ってみたいと思います。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年3月26日 (水) 00時32分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
シルク・ドゥ・ソレイユ、今回もすばらしい舞台でした。
以前は代々木体育館前で公演していましたが
今回はお台場で公演することになったようです。
お台場の方がずっとスペースに余裕がありますものね。
いつか機会がありましたら...

私は、はじめはチケットをいただいて見たのがきっかけでしたが
ひと目で気に入ってファンになりました。
いつか、ラスベガスに「オー」を見に行きたいです。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年3月26日 (水) 09時28分

こんばんは。

記事の写真からだけでも、舞台の迫力と熱気が伝わってくる様ですね!
私は1度も見た事がないのですが、見たらはまっちゃいそうな気がします。(笑)素晴らしいパフォーマンスなんだろうな~。
キャストがみんな虫のコスチュームなのもホントかわいらしいし、面白そうです。happy01

それにラスベガスで見れたらホントに最高でしょうね!shine

投稿: ごみつ | 2014年3月27日 (木) 01時38分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
楽しく、夢のような舞台でした。
百聞は一見に如かずといいますが
私の場合も、たまたまチケットをいただいて見に行ったら
すっかり虜になってしまった...というケースです。^^
今回は虫がテーマになっていましたが
演目ごとにひとつの世界が作られていて、それぞれすばらしいんですよ。

ラスベガスでは、シルク・ドゥ・ソレイユが
いくつかの常設の舞台を持っていますが
特に「オー」は一生のうちに見ておきたい作品です。wave

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2014年3月27日 (木) 09時48分

わ、忘れてた~、観に行こうと思っていたのに、忙し過ぎて完全に忘れていました。そういえば最近、お台場にはとんとご無沙汰だったので、先日久しぶりに行った時も、シルクのことは全く念頭になかったです。今からじゃ、チケット無理でしょうね。あ~あ、またやっちまった。

投稿: ヌマンタ | 2014年3月27日 (木) 13時10分

☆ ヌマンタさま ☆
こんにちは。
シルク・ドゥ・ソレイユの「オーヴォ」
東京はその後、追加公演、最終公演が決まって
6月頃まで延長されることになったので
今からでもチケットが取れそうですよ。
よかったら当たってみてください。幸運を祈ります。

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2014年3月27日 (木) 17時45分

日本人で初めてクラウンの主役を射止めた谷口さん!
公演が始まる前のテレビで見ました。
世界的に大人気のシルク・ドゥ・ソレイユでの凱旋帰国ですね。
体操の内村選手の先輩だったようですが、素晴らしい転身でした。
私も見てみたい~!!

投稿: イザワ | 2014年3月28日 (金) 02時11分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
イザワさんは、クラウンの谷口さんをご存知なのですね!
私は事前に全く知らなくて、舞台を見て
「あのクラウン、日本人の方だよね...?」
と初めて知った次第で...。^^;
クラウンはパフォーマンスの合間に必ず登場しますし
クラウンの独立したコーナーもありますし、舞台で大活躍です。
道化ながらアクロバティックな動きもあると思ったら
内村選手の先輩でいらっしゃったのですね。
ご活躍、うれしいですね☆

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2014年3月28日 (金) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/55479410

この記事へのトラックバック一覧です: シルク・ドゥ・ソレイユ 「オーヴォ」:

« セント・パトリックス・デイと緑の朝食 | トップページ | 「LIFE!」 »