« ドロシー・バトラー 「クシュラの奇跡」 | トップページ | 春野菜を楽しむ »

和のアアルト? / 春なのに黒豆

我が家で活躍している、お気に入りの花器です。

2014042503

白山陶器さんのライフシェルズという商品です。S・M・Lと3サイズありますが、これは一番小さいSサイズ。テーブルフラワーを飾るのにちょうどぴったりの大きさです。

波を思わせるラインですが、卵の殻から発想したデザインだそうです。六本木ヒルズのAGITOで見て、美しいフォルムにひと目で惹かれました。和雑貨のコーナーにありましたが、和洋を問わず、どんなお花も似合います。

2014042502

この日は家にあったお花に、ガーベラを足して、春らしく黄色でまとめてみました。

2014042501

剣山のように茎を固定できる花立てがついていますが、使わなくても、花瓶の凹みをうまく生かして適当に投げ入れるだけで、なんとなく格好がつくのがうれしい。

2014042504

1輪だけ飾ると、ちょっと茶花のような風情にもなります。

Aalto_3

どんな風に飾っても絵になるところがアアルトベースのようでもあり、勝手に和のアアルトと名づけて愛用しています。

          clover          clover          clover

お正月ではありませんが、久しぶりに黒豆が食べたくなりました。

2014042505

黒豆はたっぷりの水に一晩つけてから、弱火でことこと煮ます。柔らかくなったら、豆と同量の三温糖を3回に分けて少しずつ加えて煮、最後におしょうゆをぐるぐるっと回し入れて軽く煮ます。火を止めてゆっくり冷まし、煮含めます。

黒豆のこっくりしたお味が大好きです。冷凍庫に分けて凍らせて少しずつ楽しみにいただいていますが、こういう甘い豆は家では私しかいただかないので...全部が自分のおなかに入ると思うと、ちょっと恐ろしいです。^^

|

« ドロシー・バトラー 「クシュラの奇跡」 | トップページ | 春野菜を楽しむ »

お菓子」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー。
個性的な花器ですね。
難しそうな形なのに、かえってキマる感じなのは、
優れたデザインだということなんでしょう。
こんな花器がひとつあると、華やいだ感じでいいですね~。

投稿: linen | 2014年4月25日 (金) 16時11分

☆ linenさま ☆
こんにちは♪
この花器、個性的でそのままでも絵になる形ですが
お花をぐっと引き立ててくれるすぐれものなんです。
扱いやすく、気に入っています。^^

これから夏にかけてはお花が次々と咲いて、うれしい季節ですね☆

投稿: ☆ linenさま ☆ | 2014年4月26日 (土) 21時39分

私もご近所から、お花や、煮豆など良く頂きます(笑)
そんな時に器の大切さを実感します。
頂いたお花は撮影してポストカードでお返ししていますが
毎回、同じ花瓶というのも・・・(笑)
そろそろ、種類を増やさないと^^

食べ物は器によってもお味が変わってくるようで、
視覚でお味の半分は決まってしまうような気がします。
お写真の黒豆と透明の食器、これからの季節に冷やして食べるのに
丁度良いですね^^

投稿: イザワ | 2014年4月27日 (日) 02時22分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
いただいたお花をすてきなお写真に収めてポストカードに...
心のこもった何よりのうれしいお返しですね!
きっとくださったご近所の方も喜ばれることでしょう。
すてきなおつきあいですね☆

お料理はおっしゃるとおりに器によってずいぶん表情が変わりますね。
和の器に洋のお料理を、また洋の器に和のお料理を...
とクロスオーバーにしてもまた楽しい。
これはアメリカの50~60年代のガラスのオーブンウェアですが
不思議と和の黒豆にマッチしました☆

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2014年4月27日 (日) 10時20分

セレンさん☆
うわー。素敵な花器ですね!
お花を上手に活けられる人って尊敬します。
私もアレンジメントも活け花も習ったのに、どうもセンスがないようです。
潤いのある生活になっていいですね~

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年4月28日 (月) 00時24分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
この花器は、一目惚れでした。
形がちょっと個性的ですが、あちこちに凹みがあるので
お花を固定しやすく、意外と形が決まりやすいんですよ。

お花が一輪あると気持ちがうきうきしますね☆

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年4月29日 (火) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/55931549

この記事へのトラックバック一覧です: 和のアアルト? / 春なのに黒豆:

« ドロシー・バトラー 「クシュラの奇跡」 | トップページ | 春野菜を楽しむ »