« KILO SHOP TOKYO | トップページ | カフェ・カイラ風パンケーキ &最近のあれこれ »

「グランド・ブダペスト・ホテル」

ウェス・アンダーソン監督の最新作、「グランド・ブダペスト・ホテル」(The Grand Budapest Hotel)を見ました。東欧のゴージャスなホテルを舞台に繰り広げられるコミカルなミステリー。ヨーロッパテイストあふれるアートな映像が魅力です。

Budapest12

1968年、東欧の(架空の国)ズブロフカ共和国にある寂れたホテルを訪れた若き作家(ジュード・ロウ)は、オーナーのゼロ・ムスタファ(F・マーレイ・エイブラハム)から驚きの冒険譚を聞きます。

このグランド・ブダペスト・ホテルが栄華を極めた1932年、客から絶大な人気を誇るムッシュ・グスタヴ(レイフ・ファインズ)というコンシェルジュがいました。しかし常連客のマダムD(ティルダ・スウィントン)が殺され、遺言で貴重な絵画を贈られたグスタヴは容疑者となってしまいます。

グスタヴと、彼を師と仰ぐベルボーイのゼロ(トニー・レヴォロリ)は、ゼロのフィアンセ(シアーシャ・ローナン)やコンシェルジュの秘密結社の力を借りて、汚名を晴らすべく真相解明に乗り出します...。

Budapest10

スチールや予告映像で見たビジュアルがなんとも魅力的で、大好きなレイフ・ファインズが主演...ということで気になっていた作品。冒頭、登場人物が観客に向かって話しかけるのはウッディ・アレンの作品によくあるスタイルですが、真正面を向いているのが目を引きました。

気がつけば、どのシーンも正面から撮られていて、舞台作品を見ているような、ドールハウスを横から見ているような、不思議な感覚にとらわれます。あえて視点を固定することで、紙芝居や人形劇で見る昔々の物語といった雰囲気を表現しているのかな?と思いながら見ました。

カメラワークだけでなく、色彩も独特の感性にあふれています。砂糖菓子のようなホテルのピンクの外観、時代がかったゴージャスなインテリア、真っ赤なエレベーターにパープルの制服、おもちゃのようなケーブルカー。

パステルカラーのお菓子屋さんに、雪がしんしんと降り積もる冬山。色彩に乏しい刑務所さえもアンダーソン監督の手にかかるとおしゃれな空間に見えてきます。チロル風あり、ロシア民謡風ありの音楽は、ヨーロッパのどこか、という無国籍な雰囲気を盛り上げます。

Budapest13

お話もかわいらしいですが、時々どきっとするような残酷な描写があるところがヨーロッパの童話のようでもあります。「アメリ」や「マリー・アントワネット」、「タイピスト!」を思い出すガールズ・テイスト。パティシエのアガサの作るお菓子や、グスタヴ愛用のコロンなど、小道具のひとつひとつにわくわくしました。

|

« KILO SHOP TOKYO | トップページ | カフェ・カイラ風パンケーキ &最近のあれこれ »

映画」カテゴリの記事

コメント

セレンさん☆
可愛らしいおもちゃ箱のような映画でしたねー
確かにいつも真正面を向いていて、まるで紙芝居のようでした。

どちらかというと、真相解明というよりも、ひたすら逃げて、貰った(奪った?)絵画をなんとか守ろうとしてただけだったようにも思えましたが、そんな逃避行が御伽噺のようでもあり・・・

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年6月11日 (水) 22時20分

私も今日観てきました。
面白いには面白いのですが
感想は書きにくくて…
確かに「おもしろてやがて哀しき」大人のお伽話でしたね。
セレンさんやまだ~むさんの感想を読むだけで満足してしまいそうです。

投稿: zooey | 2014年6月11日 (水) 23時40分

こんばんは。

「グランド・ブタペスト」行ってらしたんですね!
これ、予告編でも映像がすごくきれいだったので私も気になってる作品です。

私も最近知ったのですが、オーストリアの作家のシュテファン・ツヴァイクにインスパイアされた作品なんですね、これ。

↓映画評論家の町山智浩さんのこの作品の解説が興味深かったですよ。

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20140604

どーしよー、私も劇場に見に行こうかな・・・。

投稿: ごみつ | 2014年6月12日 (木) 01時21分

おはようございます~。
この映画の予告を観て、ちょっと気になっていました。
なんかシュールな絵柄に惹かれます。
劇場で見るべきか…迷っています。

投稿: linen | 2014年6月12日 (木) 09時50分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
独特のビジュアルが魅力的な作品でしたね。
アンダーソン監督はアーティストだな~と思いました。

グスタヴとゼロ、でこぼこコンビの逃避行は
まさにアドベンチャーでしたね☆

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年6月12日 (木) 18時09分

☆ zooeyさま ☆
こんにちは。
zooeyさんも見に行かれたのですね~♪
監督独特の世界観が感じられる作品でしたね。
かわいらしいビジュアルにまず目がいきますが
ちょっと不思議なテイストのお話でした。
甘くて苦い...なるほど大人のおとぎ話なのかも。

投稿: ☆ zooeyさま ☆ | 2014年6月12日 (木) 18時19分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
独特のカメラワークや色彩感覚など、ビジュアルが魅力的でした。
アンダーソン監督はアーティストですね。

映画を見たあと、私も町山さんのサイトを偶然読んだのですが
ツヴァイクを知らなかったので、今ひとつぴんとこなくて...
お話はコメディですが、ナチスや秘密結社など
監督なりのメッセージが込められているのでしょうね。

お時間がありましたら☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2014年6月12日 (木) 18時30分

☆ linenさま ☆
こんにちは。
linenさんも気になっていらしたのですね☆
監督のこだわりが感じられる、アートな映像が魅力的でした。

ちょっと変わった?個性の強い作品で
好き嫌いが分かれると思うので、一押しはしにくいですが...^^;
お時間がありましたら☆

投稿: ☆ linenさま ☆ | 2014年6月12日 (木) 18時45分

映画で常に正面からのカメラワークなんですね。
舞台のテレビ中継のような(笑)
お写真からも色彩表現の豊かさが良く分かります。
最近は、空き時間を利用して自宅でレンタルビデオで
見逃した映画を観ています。

投稿: イザワ | 2014年6月13日 (金) 01時31分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
常に、というわけではないのですが
最初のうちは正面からカチッと撮るカメラワークが
ストイックにさえ感じられました。
映像表現にものすごくこだわりのある監督さんだな~と思いました。

お家でビデオはちょっとした時間に楽しめていいですね☆

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2014年6月13日 (金) 07時54分

こんばんは。
「ダージリン急行」はなんとかOKですが、他作品のウェス・アンダーソンは苦手なのです。しかし本作は素敵な映画でした。絵本のような世界と俳優に魅せられました。
レイフ・ファインズはお気に入りUK俳優の一人ですが。意外にコメディ似合いますね。

投稿: margot2005 | 2014年7月 3日 (木) 23時36分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
ウェス・アンダーソン監督作品、個性が強いので
大好き!という方と苦手という方とに分かれるようですね。
私は、アートのようなこだわりの映像には惹かれましたが
ストーリーには少々物足りなさも感じました。
とはいえ、俳優さんはそれぞれにすばらしかったですね。
レイフ・ファインズ、私も大好きです。
コメディを演じても、エレガントですてきでしたね!

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2014年7月 4日 (金) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/56459799

この記事へのトラックバック一覧です: 「グランド・ブダペスト・ホテル」:

» 「グランド・ブタペストホテル」☆おもちゃ箱みたいな映画 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
まるでおもちゃ箱をひっくり返したような、お皿いっぱい積み上げたマカロンがコロコロと転がっていくような、そんな可愛くて茶目っ気たっぷりな映画。 主役級の俳優たちもてんこ盛りで、遊び心いっぱい、楽しさいっぱい、贅沢な作品だ。... [続きを読む]

受信: 2014年6月11日 (水) 22時20分

» 『グランド・ブダペスト・ホテル』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「グランド・ブダペスト・ホテル」 □監督・脚本 ウェス・アンダーソン□キャスト レイフ・ファインズ、F・マーレイ・エイブラハム、マチュー・アマルリック、       エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー、ジェフ・ゴールドブ...... [続きを読む]

受信: 2014年6月19日 (木) 12時33分

» グランド・ブダペスト・ホテル [風に吹かれて]
エンドロールのコサックダンスがかわいい [E:happy01]  公式サイト http://www.foxmovies.jp/gbh 監督: ウェス・アンダーソン  「ダージリン急行」 「ムーンライズ [続きを読む]

受信: 2014年6月19日 (木) 16時40分

» グランド・ブタペスト・ホテル [映画的・絵画的・音楽的]
 『グランド・ブダペスト・ホテル』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)本作を制作したウェス・アンダーソン監督の『ダージリン急行』などが良かったこともあって(注1)、映画館に行ってきました。  ただ、前宣伝が行き届いていたせいなのでしょうか、ほぼ満席で...... [続きを読む]

受信: 2014年6月20日 (金) 21時26分

» 「グランド・ブタペスト・ホテル」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Grand Budapest Hotel」2013 USA/ドイツ ムッシュ・グスタヴ・Hに「007 スカイフォール/2012」のレイフ・ファインズ。 ミスター・ゼロ・ムスタファに「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌/2013」のF・マーレイ・エイブラハム. 若き日のゼロにトニー・レヴォロリ。 監督/脚本/原案/製作は「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ/2001」「ライフ・アクアティック/2005」「ダージリン急行</2007」「ムーンライズ・キングダム/2012」... [続きを読む]

受信: 2014年7月 3日 (木) 23時31分

» グランド・ブダペスト・ホテル/THE GRAND BUDAPEST HOTEL [我想一個人映画美的女人blog]
6月6日より公開 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」「ダージリン急行」「ムーンライズ・キングダム」などの ウェス・アンダーソン監督最新作 ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)受賞作 楽しみにしてました〜 試写にて鑑賞 いつもながらに、...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 4日 (金) 22時48分

» 映画:グランド・ブダペスト・ホテル The Grand Budapest Hotel オールスターキャストで魅了する謎めく物語 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ウェス・アンダーソンの新作。 当ブログ的には、実はちょっと苦手な監督(笑) 彼独特の美学に基づいて、徹底的に展開される緻密な画面構成。 ストーリーも一筋縄じゃいかない、自虐的な展開が多い。 趣味に走りすぎているキライがあると、いつも感じる(笑) さて今...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 5日 (土) 02時45分

» 「グランド・ブダペスト・ホテル」 [ここなつ映画レビュー]
本当に面白かった!面白くて面白くて終わって欲しくない位。いや、続編が欲しいとかいう意味ではなくて。この世界観にもう少し浸っていたいな、という感じ。美味なるお菓子の小箱を開けて味わっているあの至福の時。そう、正にMENDLSのお菓子のような。今思うと、ゴージャスなキャストであった。ハリウッドスター総集結!のようなノリではなくて、脇をきっちり豪華キャストが固めている。ジュード・ロウ然り、エドワード・ノートン然り、エイドリアン・ブロディ然り。中にはちょっと勿体無い使われ方なようなティルダ・スウィントンとか... [続きを読む]

受信: 2014年7月11日 (金) 12時30分

» 映画『グランド・ブダペスト・ホテル』を観て [kintyres Diary 新館]
14-53.グランド・ブダペスト・ホテル■原題:The Grand Budapest Hotel■製作年、国:2014年、イギリス・ドイツ■上映時間:100分■料金:1,800円■鑑賞日:6月28日、TOHOシネマズ日本橋(日本橋) □監督・脚本・製作:ウェス・アンダーソン◆レイフ・ファイ...... [続きを読む]

受信: 2014年10月13日 (月) 14時51分

» グランド・ブダペスト・ホテル [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
グランド・ブダペスト・ホテル 14:ドイツ、イギリス ◆原題:The Grand Budapest Hotel ◆監督:ウェス・アンダーソン「ムーンライズ・キングダム」 ◆出演:レイフ・ファインズ、F・マーレイ・エイブラハム、マチュー・アマルリック、エイドリアン・ブロディ、ウィレ...... [続きを読む]

受信: 2014年10月26日 (日) 20時16分

» W・アンダーソン的 ホテル [笑う社会人の生活]
12日のことですが、映画「グランド・ブダペスト・ホテル」を鑑賞しました。 1932年 高級ホテル グランド・ブダペスト・ホテルの名コンシェルジュのグスタヴは究極のおもてなしを信条に大勢の顧客たちをもてなしていた。 ある夜 マダムDが殺されたことで遺産争いに巻き込...... [続きを読む]

受信: 2014年11月13日 (木) 17時30分

« KILO SHOP TOKYO | トップページ | カフェ・カイラ風パンケーキ &最近のあれこれ »