« 「アメリカのめっちゃスゴい女性たち」 | トップページ | Q.E.D CLUB »

「her/世界でひとつの彼女」

スパイク・ジョーンズ監督、ホアキン・フェニックス主演のSFロマンス、「her/世界でひとつの彼女」(Her)を見ました。近未来のロサンゼルスを舞台に、人工知能とのラブストーリーを描きます。

Her_1

別居した妻(ルーニー・マーラ)と離婚話が進み、満たされない日々を送るセオドア(ホアキン・フェニックス)は、人工知能を搭載したOSを購入。サマンサ(スカーレット・ヨハンソン)と名乗る彼女とのやりとりは楽しく、セオドアはいつしか彼女に夢中になっていきます...。

アメリカで高い評価を得て、アカデミー賞で脚本賞を受賞した本作。人工知能との恋愛というテーマに???と思いながら、期待もあって見に行きました。正直、映画を見ている時には今ひとつ乗り切れなかったのですが、後になってあれこれ考えさせられる作品でした。

Her_4_2

サマンサは優しくてユーモアがあって、時に嫉妬したり、甘えたりもする魅力的な女性。彼女とすごす時間は楽しく、話がはずみます。セオドアはポータブル端末に彼女を入れ、どこへでも連れていきます。今までの空虚な毎日が、サマンサのおかげでばら色に彩られていきます。

でも...サマンサは綿密にプログラミングされたOSであり、セオドアが潜在的に望んでいることに対して、ただ反応しているにすぎません。それを理解して楽しんでいるうちはいいのですが、いつしか現実との境が見えなくなってサマンサにのめり込んでいくセオドアに、違和感を覚えました。

この違和感こそが、監督が伝えたかったことなのでしょうね。サマンサは、今でいうiPhoneのSiriのようなもの。将来、AIのクオリティがますます高くなってリアルな人間の脳に近づき、自分が期待する通りの反応を見せてくれるようになったら...人はその魅力に抗しきれるでしょうか。

Her_6

セオドアの”手紙の代筆人”という職業がまたシニカルです。彼は例えば亡くなった人の代わりに、遺された人のために心のこもった手紙を書くエキスパートです。彼はビジネスライクにそれをこなしますが、実は彼のやっていることは、サマンサと同じなのですよね...そこに、人間とAIという違いはあるものの。

私は、等身大の人形との恋を描いたライアン・ゴズリング主演の「ラースと、その彼女」を思い出しましたが、セオドアが心の傷を乗り越えるために、心のよりどころとなるサマンサは必要な存在だったのだ、と思います。彼が仕事で多くの人たちを、彼のことばで支えたように。

Her_2

昔、解剖学の養老孟司先生が「これだけ科学が発達しても、人間は大腸菌ひとつ作ることができない。」とおっしゃっていたことが印象に残っています。AIがどれだけ進歩したとしても、決して人間の心には及ばない。

物語の結末はセオドアにはほろ苦いものでしたが、それが現実を見つめ直すきっかけを与えてくれた気がして、私はなんだかほっとしました。

|

« 「アメリカのめっちゃスゴい女性たち」 | トップページ | Q.E.D CLUB »

映画」カテゴリの記事

コメント

セレンさん☆
最近の映画のテーマはやはり人工知能なのですねぇ。
気になっている映画ではありましたが、まだ観てない作品です。

主人公が現実を見つめ直すようになるのは、とてもいいことですね。
ただ、最近はお話しするロボットなどどんどん出てきて、それが痴呆の老人の相手をしてくれたりと・・・
いいことなのか、どうなのか、現実を見つめ直すのにも勇気がいりそうです。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年7月10日 (木) 23時53分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
公開中の「トランセンデンス」も人工知能の映画ですよね~
今はAI流行りですね。^^

この作品、気になっていたので見に行きましたが
私自身はそれほどおもしろいとは思わなかったので
あえてお勧めはしないかな...
でも後からあれこれ考えさせられる作品でした。
ちょっと哲学的かも。

老人福祉施設でAI搭載のぬいぐるみが癒しになっているようですが
ちょっと複雑な気持ちになりますね...
主人公のセオドアのように、傷を乗り越えるために
一時的に...というのでしたらわかるのですが。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年7月11日 (金) 08時08分

こんばんは。
近未来、十分起こりうることだと思います。
生身の人間は思うようにはならないもの。
その点、サマンサは期待通り、いやそれ以上先回りして満足させてくれます。
一時的のつもりが・・・セオドアのように抜き差しならないことになりそうです。
果たしてセオドアは立ち直れるでしょうか?

投稿: ryoko | 2014年7月22日 (火) 23時49分

☆ ryokoさま ☆
こんにちは。
近未来に起こり得るのかな~
う~ん、認めたくないなー(笑)

どんなに期待以上に満足させてくれたとしても
それが膨大なデータをもとにはじきだされた行動だとわかったら
それだけで気持ちが覚めてしまいそうです。
でもそれも今が心身ともに健康だから...かもしれないですね。
心のバランスを失った時には、拠り所としてしまうかもしれない。

それでも人間が作るAIが、神が作る人間に勝ることはない
って信じたいです。

投稿: ☆ ryokoさま ☆ | 2014年7月23日 (水) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/56736908

この記事へのトラックバック一覧です: 「her/世界でひとつの彼女」:

» her  世界でひとつの彼女 [映画の話でコーヒーブレイク]
前回、満席で見れなかった本作。 新橋に出たついでに、有楽町のヒューマントラストで見てきました。 神奈川では公開なしと思っていたのですが桜木町の109シネマズMM横浜でも公開中でした アカデミー脚本賞受賞作品です なんとも不思議なストーリーでした。 ごくごく近い...... [続きを読む]

受信: 2014年7月22日 (火) 23時50分

» 『her/世界でひとつの彼女』 FOMO症候群の私たちへ [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  東京ディズニーリゾートを訪れたときのことだ。  例によってアトラクションは長蛇の列で、数十分にわたり見知らぬ人の後ろをのろのろ歩かねばならなかった。  私の前には高校生らしい女の子の二人連れがいた。図らずも私は彼女たちの言動を何十分も観察することになった。  二人にはほとんど会話がなかった。  一人は手持無沙汰で突っ立っているだけだったが、もう一人はス...... [続きを読む]

受信: 2014年7月23日 (水) 00時45分

» her 世界でひとつの彼女/HER [我想一個人映画美的女人blog]
「マルコヴィッチの穴」「かいじゅうたちのいるところ」「Im here」の スパイク・ジョーンズが監督と脚本を手掛けた近未来ラブストーリー 今年いちばんくらいに楽しみにしてた、久々のスパイク・ジョーンズ監督&脚本作。 アカデミー賞作品賞ほか5部...... [続きを読む]

受信: 2014年8月 4日 (月) 00時01分

» her 世界でひとつの彼女 [ごみつ通信]
Her 2013年/アメリカ (監)スパイク・ジョーンズ (演)ホアキン・フェニックス エイミー・アダムス ルーニー・マーラー オリヴィア・ワイルド クリス・プラット (声)スカーレット・ヨハンソン ☆☆☆★★★... [続きを読む]

受信: 2016年9月21日 (水) 15時16分

« 「アメリカのめっちゃスゴい女性たち」 | トップページ | Q.E.D CLUB »